*

水洗顔はメイクをされる場合でも可能

公開日: : 最終更新日:2017/02/02 水洗顔(ぬるま湯だけで洗顔)

水洗顔は、ゆるま湯だけで洗顔する洗顔法。
ぬるま湯だけでの洗顔なので、強くこすらない限り肌に負担がかかりません。

水洗顔が適しているケース

・肌が荒れているとき
・炎症を起こしているとき
・肌荒れしやすい方
・ニキビができやすい方
・テカり肌

※ニキビやてかり肌など、皮脂腺が肥大化していたり、常在菌環境が乱れているので、改善までに時間がかかります。

でも水洗顔でメイクはとれるのでしょうか。
メイクをしていても水洗顔をしてもいいのでしょうか。

薄化粧であれば手ぬぐいとぬるま湯で落とせます

メイクをしていても、薄化粧であれば、水洗顔で落とせます。

おしろいやパウダー状のファンデーション、頬紅などはぬるま湯だけでも落ちます。
その時、ハンカチか手ぬぐいで拭うとよいでしょう。
(極力こすらないように)
残っていたとしても自然に落ちるので神経質にならなくても大丈夫。

※マスカラやアイラインをお使いの方は、クレンジングが必要です。
なるべく顔の他の部位につかないように手ぬぐいで落としましょう。

※リキッドファンデーションもモノによれば、手ぬぐいとぬるま湯で落ちますが、パウダー状のファンデーションのみお使いいただく方が肌に負担がかかりません。

※筆者のオススメファンデーションはサウンドスタイルのファンデーションです。

クレンジングのマッサージはたるみに注意!

オイルクレンジングやクリームなどで、肌をマッサージ洗いすると肌に負担がかかってしまいます。

さらに、肌を下にこするようにマッサージすると、帯状毛穴や小じわ、たるみの原因にもなりますので、お気を付けくださいませ。

なお、脂性肌の方が、オイルクレンジングで皮脂を取りすぎてしまうと、逆に、皮脂を多く分泌するようになり、余計にてかりやすくなりますのでご注意ください。



関連記事

泡洗顔と水洗顔、どっちがテカりやすい?

泡洗顔は、スッキリ皮脂を流してくれます。 洗い上がりは、突っ張ったり、かさついたりする方もいらっし

記事を読む

湯シャン、水洗顔、肌断食を続けて1年と1ヶ月・・・

湯シャン(湯だけの洗髪)、肌断食(基礎化粧品を使わない)、水洗顔(水だけで洗顔)を始めてから1年と1

記事を読む

水洗顔角栓対策にオーガニックオイルならいい?

水洗顔で角栓できた、オーガニックオイルで溶かしていいですか? ピーリングはいいですか? 純石けん

記事を読む

角栓(肌のザラザラ)どこまで放置する?

水洗顔、肌断食の悩みで多いのがやはり角栓。 そう肌のザラザラです。 肌が整っていないうちはど

記事を読む

角質培養、水洗顔のモサ(角栓)対策

昨日の記事でとれるNo.1を紹介しました。 肌荒れしやすい人のお風呂掃除にとても便利なのですが、

記事を読む

no image

エステで毛穴吸引の思い出

私が社会人になって3年くらいたった頃、エステで吸引してもらったことがあります。 はっきり言って

記事を読む

水洗顔を始めたら肌がザラザラに?!

角質クリアゲルなどの角質ケアをしていたり、クレンジング、洗顔料による洗顔をしっかりしていた人は、水洗

記事を読む

宇津木式で顔の赤みを改善

このところ日常、水洗顔時ともに「触らない」「こすらない」を徹底中。 その甲斐あってか、汗が出て

記事を読む

肌を拡大してみると角栓(モサ)発見!

最近、知り合いのカメラ、いや、スマホに病みつきです。 だって写真の画質がいいんだもん。 はっ

記事を読む

no image

水洗顔は手ぬぐいを使ってもOK?

水洗顔と肌断食は、普段からたくさん化粧品をお使いの方は最初が大変だと思います。 しかし慣れると本当

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑