*

水洗顔はメイクをされる場合でも可能

公開日: : 最終更新日:2017/02/02 水洗顔(ぬるま湯だけで洗顔)

水洗顔は、ゆるま湯だけで洗顔する洗顔法。
ぬるま湯だけでの洗顔なので、強くこすらない限り肌に負担がかかりません。

水洗顔が適しているケース

・肌が荒れているとき
・炎症を起こしているとき
・肌荒れしやすい方
・ニキビができやすい方
・テカり肌

※ニキビやてかり肌など、皮脂腺が肥大化していたり、常在菌環境が乱れているので、改善までに時間がかかります。

でも水洗顔でメイクはとれるのでしょうか。
メイクをしていても水洗顔をしてもいいのでしょうか。

薄化粧であれば手ぬぐいとぬるま湯で落とせます

メイクをしていても、薄化粧であれば、水洗顔で落とせます。

おしろいやパウダー状のファンデーション、頬紅などはぬるま湯だけでも落ちます。
その時、ハンカチか手ぬぐいで拭うとよいでしょう。
(極力こすらないように)
残っていたとしても自然に落ちるので神経質にならなくても大丈夫。

※マスカラやアイラインをお使いの方は、クレンジングが必要です。
なるべく顔の他の部位につかないように手ぬぐいで落としましょう。

※リキッドファンデーションもモノによれば、手ぬぐいとぬるま湯で落ちますが、パウダー状のファンデーションのみお使いいただく方が肌に負担がかかりません。

※筆者のオススメファンデーションはサウンドスタイルのファンデーションです。

クレンジングのマッサージはたるみに注意!

オイルクレンジングやクリームなどで、肌をマッサージ洗いすると肌に負担がかかってしまいます。

さらに、肌を下にこするようにマッサージすると、帯状毛穴や小じわ、たるみの原因にもなりますので、お気を付けくださいませ。

なお、脂性肌の方が、オイルクレンジングで皮脂を取りすぎてしまうと、逆に、皮脂を多く分泌するようになり、余計にてかりやすくなりますのでご注意ください。



関連記事

湯シャン、水洗顔、肌断食を続けて1年と1ヶ月・・・

湯シャン(湯だけの洗髪)、肌断食(基礎化粧品を使わない)、水洗顔(水だけで洗顔)を始めてから1年と1

記事を読む

湯シャン・水洗顔・肌断食1年継続後

今日で湯シャンと水洗顔、湯洗体を続けて1年がたちました。 湯だけの洗髪、水だけの洗顔、基礎化粧品を

記事を読む

肌のザラザラ、角栓対策どうする?

水洗顔や角質培養を始めると、肌がザラザラしてくることがあります。 鏡でよく見てみると、白い小さなブ

記事を読む

水洗顔は老化の元?

ある化粧品の広告に「水洗顔は老化の元」などと書かれていました。 水洗顔で残った皮脂が酸化するという

記事を読む

no image

鼻の黒ずみ、毛穴はこすらない水洗顔

宇津木式洗顔などで、こすらない水洗顔を心がけていると、角栓もぐれになりますが、毛穴の黒ずみがひいてい

記事を読む

no image

あぶらとり紙は逆効果?!

昨日、部屋を整理していたら、あぶらとり紙が出てきました。 ああ、そういえばこういうのあったなあ

記事を読む

no image

帯状毛穴はたるみによる小じわ

皆さまは帯状毛穴という言葉を聞いたことがありますか? 帯状毛穴とは、線と線でつながった毛穴。

記事を読む

角栓(肌のザラザラ)どこまで放置する?

水洗顔、肌断食の悩みで多いのがやはり角栓。 そう肌のザラザラです。 肌が整っていないうちはど

記事を読む

水洗顔の方法

当ブログや肌断食のエコ肌生活記で、水洗顔について書いてきました。 しかし、水洗顔の具体的方法につい

記事を読む

no image

エステで毛穴吸引の思い出

私が社会人になって3年くらいたった頃、エステで吸引してもらったことがあります。 はっきり言って

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ヘアケア剤が肌荒れの原因に

肌荒れの原因として意外と知られていないのが、シャンプー、リンス、トリー

肌断食実践者の紫外線対策

日焼け止めが肌に負担となり、ダメージを与えることはよく知られています。

肌断食で肌が改善しないのはメイクが原因?

BBクリームやコンシーラなどカバー力のあるメイクが人気を博しています。

肌の自然治癒力を活かす肌断食

私は以前、肌の自然治癒力を信じることもせず、いろんな化粧品に頼ってきま

湯シャンで髪の毛を増やすことはできる?

湯シャンで髪の毛を増やすことができたという体験談もあれば、いや、湯シャ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑