*

無洗顔、水洗顔のメリット、デメリット

公開日: : 水洗顔(ぬるま湯だけで洗顔)

最近、ちょっと驚いたことがあります。

それは水洗顔も何もしない「無洗顔」を行っている人がいるということ。
どうも洗顔自体しないものの様子。

ちょっと!ちょっと!待って!
1日に2回は水洗顔必要ですってば!
ゆるま湯で洗顔することで、常在菌や皮脂を入れ替えるという意味があるんだってば。
と思わず心の中でツッコミました。

でも、驚くことに、無洗顔で水洗顔よりも肌の調子がよくなった人がいらっしゃいます。

考えられる理由として、手を使わない分、刺激が減ることが考えられます。
その刺激とは、手についた諸々のもの。
手はいろんなところに触っているから、知らず知らずのうちに抗菌剤、柔軟剤が付着しています。
それを洗い流さずに水洗顔していた人が無洗顔にすると調子がよくなる可能性もあるのです。

無洗顔はニオイに注意!

ただ、無洗顔は常在菌や皮脂を入れ替えることができず、古くなりがちなので水洗顔を推奨。
常在菌や皮脂が古いままだとニオイますし、不快感を伴います。
顔や頭皮が臭い!というのも無洗顔、無洗髪の人にありがちです。

無洗顔の特徴:
・刺激にさらされることがまったくと言っていいほどない(メリット)。
・常在菌や皮脂の入れ替えができないため、ニオイや不快感の元に(デメリット)。
・常在菌や皮脂の入れ替えができないので、肌の機能が低下しがち(デメリット)。

水洗顔で肌を快適に保つ

水洗顔でもシャワーを使えば、直接手で顔を触る必要がありません。
ただ、水圧や温度は調整してくださいね。

手で水洗顔をされる場合は、洗顔前にしっかり手を洗って下さい。
手ぬぐいやアクリルたわしで手をこするようにして洗って下さい。
(炎症ができるくらい強くこすらなければ大丈夫です)
その手で水洗顔して下さい。

水洗顔の特徴:
・汚れや刺激物を落とす(メリット)。
・常在菌や皮脂を入れ替える(メリット)。
・サッパリとさせ、不快感(ストレス)をなくす(メリット)。
・シャワーはそのまま、手を使う場合は手を洗ってから水洗顔する必要がある(手間というデメリット)。

なお、水洗顔は冷たい水でなければいけないと思い込んでいる人がたまにいらっしゃいます。
しかし、水洗顔は、快適だと思う温度であればOKです。
大体の目安としては人肌くらいの温度のぬるま湯
私は夏は30~32℃くらい、冬は34℃くらいで洗っています。
皮脂が多く、気になる人はもう少し高くてもいいのですが、赤くならないように気をつけて下さい。

また、水洗顔は1日に何度でもOK。
ベタつきが気になったら、日中でも水洗顔しましょう。

あ、水洗顔前に、手を洗うのもお忘れなく。



関連記事

泡洗顔と水洗顔、どっちがテカりやすい?

泡洗顔は、スッキリ皮脂を流してくれます。 洗い上がりは、突っ張ったり、かさついたりする方もいらっし

記事を読む

肌のザラザラ、角栓対策どうする?

水洗顔や角質培養を始めると、肌がザラザラしてくることがあります。 鏡でよく見てみると、白い小さなブ

記事を読む

角質培養、水洗顔のモサ(角栓)対策

昨日の記事でとれるNo.1を紹介しました。 肌荒れしやすい人のお風呂掃除にとても便利なのですが、

記事を読む

水洗顔とスプレー洗顔使い分け

水洗顔とは、水、もしくはぬるま湯だけで洗顔する方法。 石けんや洗顔フォームによるダメージがない

記事を読む

肌断食初期のニキビ

肌断食をイキナリ始めて、ニキビが悪化した、乾燥した、肌荒れが悪化したという人もいらっしゃいます。

記事を読む

鼻の毛穴のケアどうする?

化粧品売り場には、様々な種類の鼻の毛穴用ケア製品が並んでいます。 鼻に貼ってパリッと剥がす鼻パック

記事を読む

no image

水洗顔するときの温度

最近、水洗顔をするときの水の温度について質問をいただきました。 私も湯シャン・水洗顔を始めたころは

記事を読む

夏の肌荒れ注意報

突然ですが、夏は肌荒れの季節です。 それを言ってしまえば、寒い冬も肌荒れの季節じゃないか!

記事を読む

水洗顔は老化の元?

ある化粧品の広告に「水洗顔は老化の元」などと書かれていました。 水洗顔で残った皮脂が酸化するという

記事を読む

マイクロスコープでキメ撮影

今日は久々にマイクロスコープで肌を撮ってみました。 と言ってもそれほど変化はありませんでした。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

40歳:湯シャンと肌断食6年以上

40歳になりました。この時点で湯シャンと肌断食6年以上。 6年

シミを消す近道は?

湯シャンと肌断食を始めると、ニキビや赤みなどの肌荒れは短期間で改善され

肌が乾燥しやすい季節どう乗り越える?

11月ももう下旬。 街を歩くともうコートの人もいらっしゃいます。

白髪染め後のシャンプーどうする?

35歳を過ぎると白髪がチラホラ出てくる人が増えてきます。 なので、白

ストレスや不眠の肌荒れ対策

肌荒れの対策には、休養、栄養、運動が必要。 しかし、現代のストレ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑