*

60代の肌断食約1年経過例

公開日: : 最終更新日:2014/05/27 肌の記録, 湯シャン・水洗顔・肌断食全般

私の母は現在67歳。
昨年の6月初めから、湯シャン・水洗顔・肌断食を始めました。
そして後20日で肌断食1周年を迎えます。
本人も肌断食を続けられたことが嬉しくて、後20日で1年とワクワクしているようです。

夕食時など、母と対面するときに見て思うのですが、シミが格段に薄くなりました。
そして肌が滑らかになったように思います。
というか、ほとんど見えないくらいにぼやけています(下記写真参照)。
シャンプーやトリートメント、洗顔フォーム、基礎化粧品を使っている頃はシミが濃くはっきり見えるくらいだったのに。

20130923_shimi
こちらは湯シャン・水洗顔・肌断食を始めて約3ヶ月半の時。
大きな濃いシミがはっきりあります。

20140515_shimi
そしてこちらが湯シャン・水洗顔・肌断食を始めて約1年の時。
つまり現在の状態です。
大きなはっきりとしたシミや周りのシミが大分ぼやけて薄くなりました。
肌のくすみも大分改善されました。

ちなみにASVCなど全く使わず、ただ界面活性剤をことごとく避けただけです。

元々母は面倒くさがりで、スキンケアも3日坊主な人でした。
それを私が基礎化粧品を使っている頃に影響され、母も少しは使ったほうがいいのかな?と思い、100円均一の化粧水を使っていたくらいです。(それも気付いた時だけ)

ただ、非接触生活を続ける前は、シャンプーやトリートメント、石けんはゴッテリ使っていました。
この時は加齢臭がひどかったり、顔もテカっていました。
今は加齢臭もなく、顔もサラッとしています。
今で思えば、洗いすぎだったと本人も自覚しているようです。

このように60代の母は顔のシミやくすみは大分改善されました。
ただ、シワやたるみは非接触生活だけでは難しいようです。
美容整形でもしない限り完全に予防・改善することはできないにしても、意識的な運動を心がけると違うのではないかと思った次第です。




関連記事

汚肌改善ビフォーアフター

私はこれまで汚肌遺伝子に再々絶望してきました。 小さい頃に母親の顔を見て、ああ、汚いなあと思ったこ

記事を読む

40代の角質培養2週間経過

米のとぎ汁洗顔ができるようになって角質培養を始めました。 肌断食歴7年以上の40代は現在2週間ほど

記事を読む

宇津木式で顔の赤みを改善

このところ日常、水洗顔時ともに「触らない」「こすらない」を徹底中。 その甲斐あってか、汗が出て

記事を読む

米のとぎ汁を活用した肌荒れ対策

皆さまは米をといだ後の汁を使っていますか? 実は米のとぎ汁にはいろんな活用法があるのです。 洗顔

記事を読む

肌断食の3年以上経過報告

先日、37歳になりました。 振り返って見ると、湯シャンや水洗顔も3年と2ヶ月。 基礎化粧品も

記事を読む

湯シャンや水洗顔にクレイやガスールはどう?!

湯シャンや水洗顔でクレイやガスールを使われる方もいらっしゃいます。 特に湯シャン初期では、クレ

記事を読む

2日間のプチ断食後の肌

最近、2日間だけ断食してみました。 方法は、2日間何も食べず水だけ。 準備期間を設けているせ

記事を読む

ピーリングの効果とデメリット

ニキビ治療でよく使われるグリコール酸のピーリング。 角質培養とはまったくの逆で、角栓は毛穴を塞ぐか

記事を読む

一重まぶたが二重まぶたになった経過と原因

42歳を過ぎてから、両目とも二重まぶたになりました。 41歳までは、片方が二重まぶたで、もう片

記事を読む

肌に優しいお風呂の洗剤

お風呂の床などにお風呂の洗剤(特に除菌剤)が残っていると、残留した洗剤が肌に付着し、肌荒れの原因にな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

糖分の取りすぎが肌荒れの原因となる理由

糖分の取りすぎが肌荒れやニキビの原因となることは、多くの人に知られてい

肌の痒みの原因と対策

肌が傷んでいる時は、肌に痒みやピリピリ感が発生することがあります。

糖分の取りすぎは肌と免疫力に影響する

12月半ばを過ぎた頃、急に口元が荒れ始めました。 おかしい。これ

肌荒れ対策で免疫力を高める

12月に入って周囲でコロナ感染が流行りました。 周囲のほとんどがコロ

毛穴の黒ずみ・肌の赤みはティッシュに注意!

肌がひどく弱っているとちょっとした刺激でも反応してしまいます。

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑