*

肌断食に合う、合わないはあるのか

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 湯シャン・水洗顔・肌断食全般

基本的に、肌断食には合う・合わないはありません。

ただ、やり方によっても違いますし、日頃のメイク、行動パターンによっても結果が違ってきます。
そんなところで向き・不向きが出てくる場合もあります。

1.肌断食だけをやってみる方法
基礎化粧品だけをやめたとします。
乾燥が気になる方が石けん洗顔を続けていると、カサつきが進行してしまいます。
また、脂性肌、ニキビ肌の方も、洗顔フォームで皮脂を取りすぎる生活を続けていると、肌断食が逆効果になることもあります。

2.肌断食に加え、湯シャン、水洗顔もやってみる方法
肌断食だけよりも成功率が上がります。
ただ、「顔を手で触らない」「マスクやマフラー」など気を付ける項目もあります。
また、挫折しないためにも、少しずつ入る必要があります。
初期段階はシンプルケアでもよいでしょう。
→シンプルなスキンケアから入る

3.バランスのよい食事、運動、休息
2に加えてこの基本事項が必要です。
インスタントものやファーストフード、外食が多い生活だと肌にひびきます。
また、運動が少ないと、肌にたるみが出てきます。
睡眠が少ないと、目の下にクマができるだけでなく、肌のターンオーバーが乱れたり、角栓だらけになってしまいます。
また、ストレスが多い環境下だと、ビタミンCの消費量が早くなってしまいます。
少しずつこまめにビタミンCを補うとよいでしょう(3時間くらいが目安)。
たばこを吸われる場合は、肌荒れなど改善が難しいのでご注意ください。

4.すぐに皮膚科に頼ってしまう
ちょっとした肌トラブルで皮膚科に行ってしまう方には肌断食は向きません。
この場合、皮膚科の処方で統一してしまうのもよいでしょう。
ただ、ずっと病院にかかりきり、薬漬け、やめたら再発などのデメリットもあります。
逆に少々、肌トラブルが出ても、大らかに構えている人の方が肌断食に向きます。
ただ、顔を手で触っていないかなど気を付ける点は振り返りましょう。

.アイライナー、マスカラ、アイメイクが手放せない方
このようなぬるま湯だけでは落ちない濃いメイクをされる方には、肌断食は向きません。
アイライナーなどを使うくらいなら、化粧品でごまかす美容法の方が合っているといえます。



関連記事

no image

あごニキビ対策に湯シャンと水洗顔

私が20代から30歳くらいまでのこと。 ひどい顎ニキビに悩まされていました。 ※どれだけひど

記事を読む

私が化粧品を使わない理由

湯シャン、水洗顔、肌断食を実践すること2年半以上経過しました。 化粧品や洗浄剤を使わない生活の

記事を読む

水洗顔・湯シャンにとれるNo.1を取り入れた経過

最近、水洗顔に「とれるNo.1」を加えています(夜のみ)。 しばらく使用していると肌が滑らかになっ

記事を読む

キャリアオイルなら大丈夫?

自然派志向の方に人気なキャリアオイル。 天然100%だから安心と思い込んで使っている方もいらっ

記事を読む

肌断食でシミは改善する?

肌断食でシミは改善しますか? という質問を頂くことがあります。 肌断食だけでは、シミの改善は

記事を読む

湯シャン・肌断食5年以上39歳の状態

湯シャン、水洗顔を含む肌断食を実践して5年以上。 とうとう先日、39歳になりました。 後1年

記事を読む

肌断食3年半経過:現在の肌の状態

久しぶりにゆっくりの朝。 余裕があったので顔の肌の写真を撮ってみました。 肌断食も3年半。

記事を読む

顔汗による肌荒れ悪化に注意!

前回のブログの更新から早1ヶ月。 皆さま、いかがお過ごしでしょうか? こちら、あまり変わりな

記事を読む

水洗顔実践者のための顔剃り・シェービング法

水洗顔を実践していて気になるものの1つはシェービングの方法。 男性の方など、毎日にようにひげ剃

記事を読む

no image

非接触:フェローでサウンドスタイルに入場

先日、晴れて非接触フェローに合格しました。 非接触生活を2年以上やっているのになぜこんな時期?って

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

白髪染め後のシャンプーどうする?

35歳を過ぎると白髪がチラホラ出てくる人が増えてきます。 なので、白

ストレスや不眠の肌荒れ対策

肌荒れの対策には、休養、栄養、運動が必要。 しかし、現代のストレ

湯シャンと肌断食6年経過時点

湯シャンと肌断食6年が経過しました。 ここまで長く続けられた美容法は

湯シャン実践者の白髪染め

湯シャンを実践されている方の中には白髪が気になるという方もいらっしゃる

湯シャンの温度と頻度

湯シャンの温度と頻度は、季節や髪・頭皮の状態によって異なります。

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑