*

肌断食・水洗顔に年齢は関係ない

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 ニキビ対策

最近、肌断食や水洗顔は10代でもできるの?
という質問を頂きました。

肌断食や水洗顔は10代でもできます。
もっと言えば、60代、80代だってOK。

つまり、肌断食・水洗顔に年齢は関係ないってこと。

10代のうちはニキビができやすいからと言って、洗顔フォームやダブル洗顔、さっぱり化粧水を使いがちですが、それは逆効果。

洗顔フォームで洗えば洗うほど、皮脂が余計に出て肌はテカテカ。
テカテカになれば、さらに洗顔フォームで洗うと言った悪循環に陥りがちです。

こんな時、水洗顔を始めると、徐々に皮脂が落ち着いていきます。
角質や肌のザラザラ(角栓)は綿ハンカチなどでぬぐうとよいでしょう。

それでも気になる場合は、米や麦のヌカ、微生物でできたとれるNo.1の粉を使うと角栓が一掃できます。
ただし、使いすぎ注意!
これも使いすぎると皮脂を取りすぎてベタつく可能性があります。
角質も取りすぎてしまうと肌の防御力が落ち、肌荒れしやすくなるので、必要に応じて少量使うくらいがよいでしょう。

はじめはこれまでのケアで皮脂サイクルが崩れているので、すぐにテカってくるかと思います。
そんな時は、日中でも水洗顔。サッパリします。
水だけの洗顔は、泡洗顔と違って日に何度やっても大丈夫。

それからさっぱり化粧水。
化粧水もニキビ肌にとって刺激となりますので、使用を控えた方がよいでしょう。
クリームやゲルなどは尚更です。

そして重要なのが、顔を触らない
顔を手で触ると、手についた刺激物が顔にもついてしまいますので注意が必要です。

また、湯シャンを一緒に実践するとなお効果的です。
シャンプーの泡水が顔に落ちてこない分、刺激が回避できます。

このように思春期ニキビであっても、肌に刺激となるものを避けることで大分回避できます。



関連記事

低用量ピルでニキビや肌荒れは改善する?

理由あって2週間前からピルを服用しております。 そうです。あの低用量ピルです。 避妊効果のあ

記事を読む

no image

馬油、ホホバ油、肌荒れの心配は?

よく髪に馬油やホホバ油をお使いの方がいらっしゃいます。 湯シャンや水洗顔愛好家の方の中にもお使いの

記事を読む

顔のピーリング:効果と注意点

グリコール酸などのケミカルピーリングがニキビによいと言われています。 筆者もグリコール酸のピー

記事を読む

no image

肌荒れは肌断食だけでは改善しない

時々、肌断食をしてみたものの効果が見られない、水洗顔をしたけれど肌荒れが改善しないという人がおられま

記事を読む

no image

手作り踏み台で踏み台昇降

これまで分厚い本を積み重ねてから踏み台昇降をしていたのですが、本がずれてきて再々直しながら踏み台昇降

記事を読む

no image

酒さ?!

私は「非接触皮膚科学」のメルマガを読むのが大好きです。 最近の号である第382号 原因不明?『

記事を読む

ニキビ殺菌が合う人と合わない人

ニキビ殺菌で有名なプロアクティブ。 しかしプロアクティブで改善する人と改善しない人がいらっしゃ

記事を読む

ホルモンバランス?生理前のニキビ

生理前にニキビが増える。 生理が来たらニキビがひいた。 逆に生理中にニキビができた。 こん

記事を読む

ニキビの位置から分かる対処法

同じ所に繰り返しニキビができる。 そんな経験ありませんか? 実は同じ所にニキビができるのは、

記事を読む

ニキビケアは洗顔以外にも重要なことが

すでにできてしまったニキビは、まず悪化させないことが大切です。 ニキビが大きくなるとその付近の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日焼け?のぼせ?夏に顔が赤黒くなる原因と対策

毎日、暑い日が続きますね。 太陽がカンカン。紫外線もガンガン。

肌断食実践者の紫外線対策

肌荒れを改善したり、美肌を保とうと思えば、基本的に日焼け止めはNG。

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑