*

肌断食実践者の紫外線対策

公開日: : 紫外線対策

肌荒れを改善したり、美肌を保とうと思えば、基本的に日焼け止めはNG。
日傘と陰を歩くことで対策するのが基本です。
日傘がさせない環境であれば帽子をかぶりましょう。

しかし・・・肌断食実践者の中には、日中炎天下で仕事をされている方もいらっしゃいます。
また、海や山のバカンスも予定されている方もいらっしゃると思います。

こんな場合、日焼け止めが必要になります。
長時間炎天下にいる場合は、紫外線のダメージが日焼け止めのダメージを上回ります。

また、日焼け止めはSPFなどの数値云々よりも、こまめに(できれば2時間おきくらいに)塗り直すこととぶ厚く塗ることが重要です。

日中炎天下で仕事をされている場合

ワセリンで肌を保護した上から日焼け止めを厚めに塗るとよいでしょう。
日焼け止めだけで不安な場合はその上にファンデーションをつけるのもアリです。
(サウンドスタイルのファンデなど)

海やプールではないのでウォータープルーフタイプでなく、お湯で洗い流せるタイプの日焼け止めがよいでしょう。

基本的にノーダメージの日焼け止めはありませんが、以下の日焼け止めが比較的肌へのダメージが少ないものかと思われます。

・宇津木先生推奨のVUVプロテクト(エメローゼン)
※info.cu@aimeerozen.jp(エメローゼン)までお問い合わせ下さい。
ノブUVミルク(常磐薬品)
・池田先生推奨のジェルニックゲマインUVパウダー

海水浴など水に入る場合

ウォータープルーフの日焼け止めが必要です。
できるだけ厚く塗り、1~2時間おきに塗り直しましょう。
それでも少しは日焼けしてしまいますが、肌へのダメージを抑えることができます。

ウォータープルーフの日焼け止めも現在ノーダメージのものはありません。
比較的ダメージが低いものがルビパール サンスクリーンクリームAですが、こまめな塗り直しが必要です。
この日焼け止めは肌の弱い方に推奨する皮膚科の先生も結構いらっしゃるようです。
石けんで落とせるようです。
ユーザーの声を見てみると、敏感肌で普段使いの方も多い様子。

日焼け止めによっては専用のクレンジングが用意されているものもありますので、使用後はそのクレンジングで落としましょう。

なお、最近、飲む日焼け止めが出ていますが、気休め程度に考えましょう。

事務職など屋内で仕事をされる方は、通勤などでは日傘と陰歩きで十分です。
筆者も日焼け止めは使わず、長袖パーカーと日傘、陰歩きで凌いでいます。

色々と日々開発されていますが、日焼け止めも肌へのダメージがゼロではないことを頭の片隅にでも置いておいてもらえるとありがたいです。



関連記事

no image

どうしても日焼け止め、UVケアが必要な方に

私は日頃から日焼け止めを使っておりません。 日焼け止めはおろか、ファンデーションも使っておりません

記事を読む

飲む日焼け止めは効果ある?

最近、飲む日焼け止めが流行っているようです。 巷では、飲む日焼け止めは即効性はないけど、使い続

記事を読む

no image

紫外線対策やりすぎ注意!

昨日から当ブログやエコ肌生活記にて紫外線対策について書いております。 日傘や帽子、アームカバー

記事を読む

no image

ウォータープルーフの日焼け止めメイク

連休中に、友人から写メが届きました。 どうもプールサイドで撮った様子。 水着姿のようでした。

記事を読む

no image

日焼け止め処分

今朝、テレビを見ていると、「夏のもの、ほんとうに効果ある?」のようなことをやっていました。 そ

記事を読む

日焼け?のぼせ?夏に顔が赤黒くなる原因と対策

毎日、暑い日が続きますね。 太陽がカンカン。紫外線もガンガン。 こんな暑い時期になりがちなの

記事を読む

no image

屋外で働く人の紫外線対策を考える

最近、外での仕事が多い方から、日焼け止めについてお便りを頂きました。 屋内生活がメインの人は日

記事を読む

紫外線対策のしすぎに注意!

日常での紫外線対策は日傘くらいでよいのですが、アームカバーやマスク、サングラスなど異常に気に過ぎな方

記事を読む

紫外線アレルギーに注意!

紫外線が強くなってきた5月。 この頃から紫外線アレルギーの方がチラホラと出てきます。 紫外線

記事を読む

no image

肌荒れしない紫外線対策

あ~暑い、暑い。 外出するともう夏のような暑さですね。 たったこないだまで春だな~暖かいな~

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日焼け?のぼせ?夏に顔が赤黒くなる原因と対策

毎日、暑い日が続きますね。 太陽がカンカン。紫外線もガンガン。

肌断食実践者の紫外線対策

肌荒れを改善したり、美肌を保とうと思えば、基本的に日焼け止めはNG。

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑