*

水洗顔と石けん洗顔どちら

公開日: : 水洗顔(ぬるま湯だけで洗顔)

非接触や宇津木式では水洗顔が推奨されています。
宇津木式では純石けん洗顔もOKですが、非接触ではNGです。

純石鹸NGの理由はPhと残留の問題

非接触では純石けんはアルカリが強いので肌をいためる可能性があると指摘しています。
石鹸洗顔後すぐに弱酸性に戻ればよいのですが、そうでない場合もあるので完全水洗顔を推奨されているようです。

純石けんは弱アルカリ性です。
そして私たちの肌は弱酸性です。

では、私たちの肌はなぜ弱酸性なのでしょうか。
それは皮脂があるからです。
皮脂が防御膜をつくり、保湿し、外部の刺激から肌を守ってくれます。

また、石けんは遊離脂肪酸が肌に残留するということで非接触ではNGとなっています。
とはいえ、皮脂が多い人は石けんなしでイキナリ完全水洗顔に入ると挫折しやすい傾向です。

石鹸洗顔が向いている人

皮脂が多い場合は酸化しやすく、間接的に赤みや炎症の原因になります。
仕組みとしては、皮脂を分解するときに遊離脂肪酸が発生します。
その遊離脂肪酸を常在菌が分解しきってくれれば問題ないのですが、分解しきれないほどの場合、その遊離脂肪酸がたまり、時間がたって酸化し、炎症や赤みの原因となります(純石けんの遊離脂肪酸どころの騒ぎでない)。

さらに、たまった皮脂で角栓ができやすい傾向にあります。
このまま放置するとニキビができやすくなります。
むしろ弱アルカリ性のもので適度に洗浄しないと、肌荒れを起こしやすい。

とはいえ、水洗顔には肌の常在菌環境や皮脂分泌機能の整備という目的もあります。
なので、以下のような特徴を持つ肌は、無理のない範囲内で水洗顔を取り入れるとよいでしょう。

・皮脂が多い、テカり
・角栓やニキビができやすい
・石鹸で洗顔した後、すぐに皮脂が回復する

朝は水洗顔、夜は石鹸もしくはコメヌカ粉末を泡立てて洗顔するなど、工夫してみましょう。
※肌への負担をおさえるために必ず泡立てて泡のクッションで洗いましょう


このように少量の石けん(もしくは米ぬか粉末)と水を手のひらで泡立てます。

石けん、米ぬか粉末のどちらも弱アルカリ性ですが、純石鹸の方が洗浄力高めです。
コメヌカ粉末ph8~9、純石鹸ph9~11

また、残留・肌への負担が他の洗顔料より抑えられているといえどゼロではありません。
できるだけ少量使い、使用後はしっかりすすぎましょう。

石鹸洗顔が向いていると診断されることも

過去に、肌断食をいくら続けてもニキビや赤みが改善しない人がいらっしゃいました。
水洗顔もきちんと実践されていました。

その人は、池田大志先生に肌を診てもらったのですが、あなたの場合は純石鹸を使った方がいいと言われたそうです。
早速そのようにしてみたところ、肌が安定してきたと喜んでおられました。

池田大志先生は宇津木先生ほど有名ではありませんが、「何もつけない美肌ケア」という本を出された皮膚科の先生です。

私も本を持っていますが、肌断食本ベスト3冊のうちの1冊です。
復習を兼ねて読み返してみると、石けんを使った方がいいケースもきちんと書かれていて、その中に「皮脂が過剰な場合」も書かれていました。
脂漏性皮膚炎の方なども無理をして完全水洗顔にしない方がよいかと思います(無理のない範囲ならOK)。

完全水洗顔が向いている人

最初から完全水洗顔が向いているのは皮脂が少ない人です。
皮脂が少ない人の肌は乾燥気味で肌を守るのに十分な皮脂がありません

なので弱アルカリ性の石鹸で洗顔すると、ただでさえ少ない皮脂を根こそぎ奪い、肌にダメージを与えてしまいます。
また、皮脂が回復して弱酸性に戻るスピードも遅いです。

それ故に、皮脂が少ない人、回復しにくい人は肌断食はじめから完全水洗顔が適しているのです。

完全水洗顔が向いているのは以下の通りです
・皮脂が少ない
・洗顔後皮脂の回復がおそい
・乾燥気味

このような人は乾燥肌気味なので、完全水洗顔、必要に応じてワセリンを薄くつけることが適しています。
ワセリンが皮脂の保護膜の役割をしてくれます。

混合肌はどうなのか?

混合肌とは乾燥しているのに皮脂が多いタイプです。
いままで多くのスキンケアを試してきたため、肌表面の角質層はボロボロです。

しかし弱酸性を保つくらいの皮脂は持ち合わせています。

なので、角栓やニキビ対策に石鹸洗顔もしくはコメヌカ洗顔をしながら、無理のない範囲で水洗顔を取り入れ、徐々に肌の機能を回復していくとよいでしょう。

純石鹸かコメヌカ粉末で迷ったら?

・純石鹸:
近くのドラッグストア等で手に入りやすい。
中学生や高校生でも買いやすい。
用途は洗顔と体洗い。
洗髪には不向き。

・コメヌカ粉末:
アマゾンなどで入手できる。
洗顔、洗髪、体洗い、浴室掃除等用途が広い。
コンロまわりや食器洗剤、ペットのシャンプー等にも使え、手荒れ対策にも向く。

私は、浴槽掃除にも使える米ぬか粉末のとれるNo.1を使っています。
湯シャン初期にも使っていましたが、髪がごわついたり、きしんだりしにくく重宝しました。

水洗顔は無理のない範囲内で

結論として、水洗顔は無理のない範囲内で行い、必要に応じて純石けんor米ぬか粉末でよいでしょう。
肌断食・水洗顔に挑戦される人の多くは、肌荒れの改善を目的とされているかと思います。
完全水洗顔にこだわらず、自分に合った肌断食ペースを見つけてくださいね!



関連記事

マイクロスコープでキメ撮影

今日は久々にマイクロスコープで肌を撮ってみました。 と言ってもそれほど変化はありませんでした。

記事を読む

no image

水洗顔でくすみ改善

湯シャン・水洗顔による母親の変化は加齢臭だけではありませんでした。 以前は醤油で煮染めたように

記事を読む

水洗顔角栓対策にオーガニックオイルならいい?

水洗顔で角栓できた、オーガニックオイルで溶かしていいですか? ピーリングはいいですか? 純石けん

記事を読む

鼻の毛穴のケアどうする?

化粧品売り場には、様々な種類の鼻の毛穴用ケア製品が並んでいます。 鼻に貼ってパリッと剥がす鼻パック

記事を読む

水洗顔とスプレー洗顔使い分け

水洗顔とは、水、もしくはぬるま湯だけで洗顔する方法。 石けんや洗顔フォームによるダメージがない

記事を読む

肌断食と水洗顔を続けて顔の乾燥が改善

肌断食と水洗顔を始めて約1年。 このところ入浴中に顔をタオルで拭いています。 私はお風呂に入

記事を読む

no image

ぬるま湯洗顔ブツブツ、エコ肌ブツブツ

この最近の検索ワードを見てみると、「ぬるま湯洗顔 ブツブツ」で検索してこられた方と「エコ肌ブツブツ」

記事を読む

肌を拡大してみると角栓(モサ)発見!

最近、知り合いのカメラ、いや、スマホに病みつきです。 だって写真の画質がいいんだもん。 はっ

記事を読む

no image

帯状毛穴はたるみによる小じわ

皆さまは帯状毛穴という言葉を聞いたことがありますか? 帯状毛穴とは、線と線でつながった毛穴。

記事を読む

現在の肌の状態(ASVC使用の非接触生活)

皆さん、こんにちは! また更新が久しぶりになっちゃいました。 非接触フェロー合格から、ほぼ毎

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

湯シャンを成功させる方法

湯シャンは肌断食に次ぐ肌荒れ対策の1つです。 シャンプーやリンス

化粧水で保湿はできない

昔は化粧水をつけてパッティングするのが常識でした。 しかし現代の皮膚

自律神経失調症から始まるニキビ

ニキビと言えばホルモンバランスが大きく変化する思春期に起きるものと考え

乾燥肌の原因と対策

乾燥肌の原因は、空気の乾燥と思われていますが、実は空気の乾燥と肌の乾燥

宇津木式肌断食を成功させる方法

宇津木式は、こすらない水洗顔が特徴の肌断食。 洗面器にぬるま湯を入れ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑