*

水洗顔を始めたら肌がザラザラに?!

公開日: : 最終更新日:2018/03/31 水洗顔(ぬるま湯だけで洗顔)

角質クリアゲルなどの角質ケアをしていたり、クレンジング、洗顔料による洗顔をしっかりしていた人は、水洗顔を始めると肌がザラザラになることがあります。

この肌のザラザラは角栓といいます。
皮脂と角質の塊です。

筆者も10~20代頃、ニキビに悩まされ、角質クリアゲルでガッツリケアをしていたので、肌のザラザラ、つまり角栓に見舞われたことがあります。

と言ってもあまり気になりませんでした。
角質をムリに取ろうとは思いませんでした。

肌が弱いうちは角栓に守ってもらう

角栓は水洗顔で簡単に落ちるものだけ落としていました。
角栓を落としすぎてしまうと、肌の防御力が落ち、赤みなどが出てしまうからです。

特に肌がまだ回復していないうちは、肌の角質層が整っていないので、適度に角栓を残して守ってもらう方がよいでしょう。


↑3年前の筆者の角栓写真。
この程度なら放置でOK。

とはいえ、角栓が多すぎて肌の心地がよくないというのであれば話は別です。
自分が心地いいと思える段階まで落としてしまってもよいでしょう。

よく角質培養だと言って角栓を溜めすぎる方がいらっしゃいます。
あれは角栓の溜めすぎですし、角栓が溜まりすぎるには理由があります。

肌のザラザラ・角栓がたまる原因

・肌の皮脂分泌の環境が整っていない
私たちの肌は、常在菌のバランスや皮脂腺によって皮脂量が調整されています。
これが洗顔のしすぎ、クレンジングのしすぎにより、皮脂腺が肥大化したり、肌に必要な常在菌のバランスが狂ったりして肌の皮脂調整機能が狂ってしまいます。

対策としては、肌の皮脂調整機能を元に戻すことです。
水洗顔のみが望ましいのですが、水洗顔だけでは難しい場合は、純石けんか米ぬか粉末を少量泡立てて洗顔するとよいでしょう。
使いすぎると乾燥するので量は加減して下さい。

・手で顔を触るなど肌にダメージを与えている
顔で手を触ったり、柔軟剤を使用したタオルを使うなど肌にダメージを与えていると、肌はもっと防御力を上げなくては!と肌表面の角質層を厚くして守りに入ります。
※もちろんスキンケアもダメージの一部です。
このように、肌のザラザラは肌を守ろうとするときにも発生するようです。

・睡眠不足など新陳代謝の不調
睡眠不足や栄養不足などで、新陳代謝が正常に行われないと、古い角質が残ってしまいます。
新しい角質もできないので古い角質が居座って肌を守るしかありません。
これが肌のザラザラとなって現れるのです。
しっかりと睡眠を取り、栄養をバランスよく取りましょう。

肌の環境を整える

湯シャンと肌断食を3年以上実践していると角栓もできにくくなっていきます。
肌の環境(皮脂の機能、正常な角質層)が整ってくるからです。

肌のザラザラを改善しようと思うのであれば、肌の環境を整えましょう。
スキンケアのしすぎ、手で顔を触る、柔軟剤、トリートメントなど肌にダメージとなる習慣を改めていきましょう。
柔軟剤やトリートメントは肌へのダメージがかなり大きいので要注意!

肌の環境・肌の機能が整えば、赤みやニキビなどできにくくなります。



関連記事

水洗顔はメイクをされる場合でも可能

水洗顔は、ゆるま湯だけで洗顔する洗顔法。 ぬるま湯だけでの洗顔なので、強くこすらない限り肌に負担が

記事を読む

湯シャン・水洗顔・肌断食1年継続後

今日で湯シャンと水洗顔、湯洗体を続けて1年がたちました。 湯だけの洗髪、水だけの洗顔、基礎化粧品を

記事を読む

洗顔のタオル、大丈夫?

肌が荒れやすい人、ちょっとの刺激で反応しやすい人にとって水洗顔は最適な洗顔法。 正確には、ぬる

記事を読む

no image

あぶらとり紙は逆効果?!

昨日、部屋を整理していたら、あぶらとり紙が出てきました。 ああ、そういえばこういうのあったなあ

記事を読む

塩洗顔は肌にいい?その効果は?

思春期に塩がいいと聞いて行った塩洗顔。 しかし肌がいたんでいる自分にはピリピリ。 後で赤みもぐれ

記事を読む

水洗顔初期:石けんを適度に使う

石けんを適度に使いながら湯シャンや水洗顔を実践している方がいらっしゃいます。 その方は、化粧品

記事を読む

no image

エステで毛穴吸引の思い出

私が社会人になって3年くらいたった頃、エステで吸引してもらったことがあります。 はっきり言って

記事を読む

肌断食と水洗顔を続けて顔の乾燥が改善

肌断食と水洗顔を始めて約1年。 このところ入浴中に顔をタオルで拭いています。 私はお風呂に入

記事を読む

肌断食初期のニキビ

肌断食をイキナリ始めて、ニキビが悪化した、乾燥した、肌荒れが悪化したという人もいらっしゃいます。

記事を読む

no image

鼻の黒ずみ、毛穴はこすらない水洗顔

宇津木式洗顔などで、こすらない水洗顔を心がけていると、角栓もぐれになりますが、毛穴の黒ずみがひいてい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

乾燥の季節でも40代でも肌がスベスベな理由

真冬・・・乾燥の季節なのに、肌はしっとりうるおっています。 かといっ

40歳:湯シャンと肌断食6年以上

40歳になりました。この時点で湯シャンと肌断食6年以上。 6年

シミを消す近道は?

湯シャンと肌断食を始めると、ニキビや赤みなどの肌荒れは短期間で改善され

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑