*

冬の手荒れ対策

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 手荒れ

寒い時期、食器洗いなどで冷たい水を使うと震え上がります。

寒くなると、食器洗いで手荒れがよく起こります。

冷たい水を無理して使うと寒さのストレスで肌のバリア機能低下。
かと言って温かい水を長く使うと皮脂を取られてしまったり。
なるべくなら34℃前後のぬるま湯で洗いましょう。

手荒れになると、やれ、ハンドクリームだ、なんだと慌ててつける方がいらっしゃいます。

しかしハンドクリームなどの合成界面活性剤も肌のバリア機能を壊し刺激となります。
塗れば塗るほど皮膚に刺激となり、肌がいたんでしまいます。
その結果、より荒れやすい皮膚に。

手が乾燥してバリバリに荒れている場合は、ワセリンで角質をつなげ保護しておきましょう。
ワセリンは皮膚に影響のない安全な鉱物油です。

そうそう、手荒れの原因となる洗剤にも要注意。
これは冬場に限らず、どの季節にも言えます。

洗剤が必要でないものはアクリルたわしだけで洗いましょう。

洗剤を使う場合は薄めて使う、ゴム手袋を使う、ワセリンで保護をしてから使うという方法もあります。

ちなみに我が家では、台所洗剤、入浴洗剤はとれるNo.1を使っています。

液体も好きなのですが、現在はもっぱら粉末の方。
濃度が調整できて便利ですし、臭くならないのが嬉しい。

おかげさまで私の手、乾燥もひび割れもなく快適です。

お友達に会うと、「ぴあちゃんの手、柔らか~い!触らして~!」って言ってくれます。
でも、時々「用事をしない手だね」などと言われることがあります^^;

20141120_hand
用事をしない手と言われる私の手。
これでも食器洗いは再々。
家のだけでなくクマさん先生のとこの食器も洗っています。
お風呂の床掃除は私が担当です。




お風呂掃除、食器洗いと大活躍中のとれるNo.1。
私は普通のとれるの粉末が好み。米ぬかなどでできています。
最近は、湯船に入れて温まったりしています。



関連記事

no image

除菌スプレー、天然のものなら大丈夫?

市場に出回っている除菌・殺菌スプレー、除菌洗剤の大半は合成界面活性剤がベースとなっているもの。

記事を読む

no image

肌に好転反応はない?!

非接触生活では「肌に好転反応はない」とされています。 湯シャン、水洗顔、肌断食を始めて、ニキビ

記事を読む

手がきれいな人のハンドケア

世の中には手タレ、いわゆる手のモデルをされている方もいらっしゃいます。 そのような方々は言うまでも

記事を読む

no image

肌のカサつき対策はワセリンだけではない

手荒れや肌のカサカサは、ワセリンをつけて角質をつなげて凌ぐのが鉄則。 なぜなら、ワセリンは、肌

記事を読む

no image

洗濯洗剤はトップクリアリキッド派?純石けん派

宇津木先生の「化粧品を使わず美肌になる!」を読んでいると洗濯石鹸のところも出てきます。 宇津木

記事を読む

手の乾燥、ささくれなどの手荒れ対策

手が乾燥したり、ささくれたりする手荒れの原因は様々です。 寒い季節は湯を使う機会が増えて皮脂が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

40歳:湯シャンと肌断食6年以上

40歳になりました。この時点で湯シャンと肌断食6年以上。 6年

シミを消す近道は?

湯シャンと肌断食を始めると、ニキビや赤みなどの肌荒れは短期間で改善され

肌が乾燥しやすい季節どう乗り越える?

11月ももう下旬。 街を歩くともうコートの人もいらっしゃいます。

白髪染め後のシャンプーどうする?

35歳を過ぎると白髪がチラホラ出てくる人が増えてきます。 なので、白

ストレスや不眠の肌荒れ対策

肌荒れの対策には、休養、栄養、運動が必要。 しかし、現代のストレ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑