*

手荒れの原因と対策

公開日: : 最終更新日:2020/09/06 手荒れ

寒い時期、食器洗いなどで冷たい水を使うと震え上がります。
寒くなると、水仕事で手荒れがよく起こります。

手荒れの原因

冷たい水を無理して使うと寒さのストレスで肌のバリア機能低下。
かと言って温かい水を長く使うと皮脂を取られてしまい、乾燥しやすくなります。
なるべくなら34℃前後のぬるま湯で洗いましょう。

また、栄養不足も手荒れの原因になります。
日頃からバランスのよい食事を心がけましょう。
乾燥対策には油分とタンパク質そしてビタミン、鉄分が必要です。
コラーゲンを生成し、肌をしっとり保つのに必要だからです。

手荒れの対策

手荒れになるとハンドクリームを使う方が多いかと思います。

しかしハンドクリームなどの合成界面活性剤も肌のバリア機能を壊し肌にダメージとなります。
塗れば塗るほど肌に刺激となり、肌がいたんでしまいます。
その結果、より荒れやすい皮膚に。

すでに手荒れが発生している場合のケアは、ワセリンで角質をつなげ保護しておくとよいでしょう。
ワセリンは皮膚に影響のない安全な鉱物油です。
米のとぎ汁もグルコシルセラミドが含まれているので保湿に適しています。
ワセリンとの併用でより効果的な保湿が可能です。

手荒れを防ぐ掃除方法

手荒れの原因となる洗剤にも要注意。
これは冬に限らず、どの季節にも言えます。

洗剤が必要でないものはアクリルたわしだけで洗いましょう。
洗剤が必要なものは洗剤を水で薄めて使うと手へのダメージが軽減できます。

ゴム手袋を使うのもいいですね。

ガスコンロを掃除するときは強い洗剤ではなく、油汚れの部分に小麦粉をまぶして洗浄することができます。
浴室掃除も小麦粉で皮脂汚れを取ることができます。
トイレの掃除は棒ずりとトイレットペーパーで行っていますが、汚れは十分落ちます。

このように合成洗剤を使う量と頻度を減らすことにより、手荒れのリスクを減らすことができます。

20年以上水仕事をやっても

上記の手荒れ対策のおかげで、私の手は、乾燥もひび割れもなく快適です。
現在40歳を過ぎており、水仕事を20年以上やってきましたが、手荒れが発生していません。

お友達に会うと、手が柔らかいと言ってくれます。
でも、時々、用事をしない手だと言われると複雑な気持ちになります。

20141120_hand
用事をしない手と言われる私の手。
これでも食器洗いは20年間毎日してきました。
手荒れを防ぐ工夫をしているだけなのです。

家だけでなく職場でも水仕事をしています。
お風呂の床掃除は私が担当ですが、合成洗剤を使わずに掃除しています。




関連記事

天然成分の化粧品は安全?

100%天然成分だから安心などと謳っている化粧品が流行っています。 しかし実際には天然成分であって

記事を読む

肌のカサつき原因と対策

手荒れや肌のカサカサは、ワセリンをつけて角質をつなげて凌ぐのが鉄則。 なぜなら、ワセリンは、肌に影

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

非接触生活を取り入れた肌断食の成功例

肌断食の中でも非接触生活は、改善率の高い肌断食。 しかしそれを実践す

肌断食でアトピーは改善する?

結論から言えば、肌断食だけではアトピーは改善しません。 もっと言えば

40代の角質培養半年経過写真

朝の水洗顔と夜の米のとぎ汁洗顔で角質培養すること半年経過しました。

湯シャンはくせ毛に効果ある?

湯シャンは、肌断食と相性がよく、肌荒れの原因を1つ減らすことができます

肌断食でアンチエイジングはできる?

結論から申し上げますが、肌断食だけではアンチエイジングはできません。

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑