*

お尻もデリケートゾーンも湯だけで洗う

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 湯洗体(湯だけで体を洗う)

湯洗体ももう1年以上・・・14ヶ月くらいになります。

始めてからずっと、お尻もデリケートゾーンも石けんやボディソープ、使っておりません。
それでも何ら問題はありません。毎日を快適に過ごしております。
デリケートゾーンに関しては石けんで体を洗っていた頃も使っておりませんでした。

1年も続けると、お尻の乾燥が大分改善してきました。
以前はお尻の付け根(つまり割れ目の上の方)が乾燥して粉をふいてひどい時は切れたりしておりました。
今年はお尻が乾燥して切れるということはありません。
触ってみると、サラッとした感触で手触りがいいです。

デリケートゾーンは石鹸でゴシゴシ洗いすぎると、皮膚や粘膜を傷めたり、善玉菌まで殺菌されてしまうので、返って悪玉菌が繁殖してニオイの元になったり、カンジダ症などになったりすることがあるようです。
※すでに発症されている方・自覚症状がある方はすぐに病院で診てもらってください。

またトイレに行く度に毎回毎回石鹸で手を洗っていると手荒れ・乾燥の元となりますので、ご注意ください。
油汚れがなかったら、洗浄剤はなくても大丈夫かと思います。

油汚れやベタつきが気になる場合は、とれるNo.1を少量使うとサッパリします。


胸の間などべたつきやすい部分にも重宝するとれるNo.1。
米ぬか、麦ぬか、微生物でできています。

関連サイト:【エコ肌生活記】湯だけで体を洗う



関連記事

no image

湯シャン、湯洗体で見落とされがちな入浴

湯シャンや湯洗体をしていて、シャワーで済ます人もたくさんいらっしゃいます。 シャワーでも差し支

記事を読む

入浴でアンチエイジング

夏だからといってお風呂をシャワーで済ませていませんか? 実は、湯船に10分浸かると、よいことが

記事を読む

no image

湯だけで体を洗い、ニキビ改善

手間いらずで便利な湯洗体。 湯洗体とは、石けんもボディソープも使わずに体を洗うことです。 私

記事を読む

no image

背中や胸のベタつき・湿疹

今年の夏は汗をかくと背中や胸がベタつき、湿疹が出ることがありました。 完全湯洗体を守ってきたけ

記事を読む

湯洗体で垢・汚れが気になったら

湯洗体とは、お湯だけで体を洗うことです。 巷ではタモリ式入浴法などと言われています。 お湯だ

記事を読む

手荒れしない手洗い方法

非接触生活や肌断食など、石けんなどの界面活性剤を肌に使わない生活をされている方が増えてきました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

湯シャンと肌断食6年経過時点

湯シャンと肌断食6年が経過しました。 ここまで長く続けられた美容法は

湯シャン実践者の白髪染め

湯シャンを実践されている方の中には白髪が気になるという方もいらっしゃる

湯シャンの温度と頻度

湯シャンの温度と頻度は、季節や髪・頭皮の状態によって異なります。

レモンやキュウリのパックは肌にいい?

レモンのパックやきゅうりのパックが一昔前に流行ったことがあります。

思春期ニキビと大人ニキビのちがい

思春期ニキビと大人ニキビの違いなんて表題をつけましたが、基本的な原因は

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑