*

顔の痒み・ピリピリ感の対策

公開日: : 肌荒れ, 肌の赤み, 赤ら顔・くすみ

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです。
肌がいたんでいるということはバリア機能が不十分なので、赤みやニキビ、乾燥などの肌荒れが生じやすい傾向にあります。

健康な肌の角質層はこのとおり。

細胞がきれいにつなぎ合わさっていて隙間がないので、刺激から肌を守ってくれます。
そう。これが肌のバリア機能が正常化している状態です。

一方、いたんだ肌の角質層はこのとおり。

表面の角質層がボロボロなので、その間から刺激がガンガン入っていきます。
紫外線や界面活性剤のダメージにより、赤みやくすみ、しみ、小じわなどが生じやすくなります。

肌がいたむ原因

多くの人は、念入りにスキンケアをしていて、いたんだ角質層になっています。
角質と角質をつなぎ合わせる成分も念入りなスキンケアによりそぎ落とされているのでボロボロです。
この状態で湯シャンと肌断食を始めると苦戦します。

何が一番大変かというと、それは「顔をどうしても触ってしまう」ということです。
肌が健康で痒みやピリピリ感もなければ顔を触るということはありません。
気にならないからです。

一方、肌がいたんでいると、痒みやピリピリ感が出ていたり、そうでなくても気になって触ってしまうということが再々あります。

約7割がたの人はここで挫折します。
湯シャンの方が難易度が高いと思われましたが、意外や意外、顔を手で触らないことの方が難しいのです。

私が肌断食を始めた頃も1年くらいは苦戦しましたから。

とはいえ、顔を手で触ることを克服しないと前には進めません
顔を手で触っているうちは、絶えず肌にダメージが及んでいる状態です。
ただでさえ、うまく機能していない肌の角質層では肌を守ることができず、悪化していく一方です。

そうはいっても、痒みやピリピリ感があっては顔を触らずにいられませんね。

肌をダメージから守るための対策

顔に痒みやピリピリ感が生じたら、まず水洗顔で刺激を落としましょう(寒い時期はぬるま湯で)。
少しおさまるかと思います。

次にワセリンをうすくつけましょう。
いたんでボロボロになった角質層の角質をつなぎ合わせ、正常な肌の角質層に近づけることができます

メイクをされる方は、上記のようにワセリンで肌を保護した上から柔らかいブラシでミネラルファンデをのせるとよいでしょう。
むしろ肌がいたんでいる時期は、顔を手で触らないようにワセリンとミネラルファンデを施しておく方が挫折しにくいかもしれませんね。
日中はメイクをしていても、夜はすっぴんでワセリンをつけずに眠れば皮膚生理を妨げないかと思います。
※でも帰宅したらなるべく早く落としてくださいね。

ただ、アイライナーやマスカラは肌へのダメージが大きいので、なるべく使わないか、落とす際には肌の他の部位につかないように気を付けるとよいでしょう。
まあ、使わないに越したことはありません。

ミネラルファンデはぬるま湯だけで落ちやすいものを選ぶとよいでしょう。
私はサウンドスタイルのミネラルファンデを使っています。
通常はすっぴんなので使用頻度は少ないのですが、お湯だけで落ちます。
少々残留感があっても肌には問題ありません。
※サウンドスタイルのミネラルファンデはすでにワセリンとトコフェロールが配合されているのでそのままつけても大丈夫です。



関連記事

シミを消す近道は?

湯シャンと肌断食を始めると、ニキビや赤みなどの肌荒れは短期間で改善されやすい傾向にあります。

記事を読む

no image

肌のカサつき対策はワセリンだけではない

手荒れや肌のカサカサは、ワセリンをつけて角質をつなげて凌ぐのが鉄則。 なぜなら、ワセリンは、肌

記事を読む

no image

ワセリンについての誤解

非接触生活では乾燥によって皮むけや粉吹きが起こっている場合、ワセリンで角質をつなげておくという方法が

記事を読む

肌荒れしないお風呂の洗剤

非接触皮膚科学や当サイトをお読みの方はご存知だと思いますが、お風呂の床などにお風呂の洗剤(特に除菌)

記事を読む

接触性皮膚炎:手で触ると肌荒れ

接触性皮膚炎や酒さは、手で触っただけで荒れてしまう場合があります。 手に刺激物がついているのも

記事を読む

顔を触ると肌に赤みが出る

肌断食に限らず、どんな美容法であっても、顔を手で触るクセがあると肌が荒れやすい。 なので、どんな美

記事を読む

寒さ・冷えで多発する顎ニキビ

また、一段と寒くなった今日この頃。 顎ニキビについての相談も増えてきました。 そうです。

記事を読む

こんなにある!納豆の美肌効果

2ヶ月くらい前から晩ご飯に納豆を食べています。 週に4~5日は食べています。 食べる時は大体

記事を読む

no image

冷えのぼせ体質は足元を温めよう

う~寒い!寒い! 自宅で作業をしていても、足元が冷えます。 は!寒いと思った時点でストレ

記事を読む

花粉症による肌荒れに注意!

4月に入り、少しずつ暖かくなってきましたね。 桜もチラホラ咲き始めて心地よい季節♪ のはずが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日焼け?のぼせ?夏に顔が赤黒くなる原因と対策

毎日、暑い日が続きますね。 太陽がカンカン。紫外線もガンガン。

肌断食実践者の紫外線対策

肌荒れを改善したり、美肌を保とうと思えば、基本的に日焼け止めはNG。

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑