*

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

公開日: : 肌荒れ, 肌の赤み, 赤ら顔・くすみ

現在1年の中でもっとも寒い時期。
空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われがちですが、実は冬に肌がカサつくのは、空気の乾燥ではありません。
他に原因があります。

まず、寒さというストレスで肌のバリア機能が低下します。
なので、他の季節よりも肌がカサついたり、赤みが出たりしやすくなります。

次に冷え。
血行が悪くなると、肌もカサつきがちになります。
特に手足は冷えやすく、かかとがカサつき、他の季節は平気でも冬だけひび割れする方もいらっしゃいます。
このような方は、まず手足を温めてあげてください。

さらに、風邪やインフルエンザなどの予防にそのままマスクを使うと肌に負担がかかります。
マスクをするときは、内側にハンカチを忍ばせるとよいでしょう。
ガーゼのものを洗って使うのもよいのですが、目が詰まってない分、不織布マスクよりも菌を通しやすくなります。

寒い季節の赤み・カサつきの対策

・まずは防寒
寒さのストレスを軽減するため、防寒はしっかりしましょう。
ただし、マフラーやコートのボアなどが肌に負担となることがありますので、マフラーは洗ってから使い、なるべく頬に触れないようにしましょう。
また、足が冷えるとひび割れるので、足も温めておきましょう。

・適度な運動
冬は特に体が冷えやすい。
全身運動をして血流をよくしておくことが、カサつきや赤みの予防にもなります。

・カロテンをしっかり摂る
かぼちゃやみかんはカロテンが豊富で風邪やインフルエンザの予防に最適。
ただし食べ過ぎると、顔と手足が黄色くなるので、気になる方は加減してください。
他は毎日の食事をバランスよくとっておけば問題ないでしょう。

・人混みの中ではマスクを
混んでいる電車など人混みの中では、できるだけ不織布マスクをしましょう。
中にハンカチを忍ばせておくと肌を守ることができます。

最後に筆者の肌の状態

運動を始めてもうすぐ2ヶ月。
少~しずつたるみが改善されつつあります。
顔の脂肪は他の部位より落ちにくいのでもう少し時間がかかりそうです。

体脂肪率27%。まだまだ顔のたるみが気になるゾーンです・・・
目標の25%まであと2%。ボチボチに運動を続けます。

肌自体は調子がよいです。
顔を手で触らないのでノーダメージ。
防寒もダウンコートでバッチリ。
カロテンは取りすぎて顔色が黄色です。

厳しい寒さが続く上、街ではインフルエンザが猛威をふるっていますので、皆さまもお気をつけてお過ごしくださいませ。



関連記事

毛穴の黒ずみ:改善が止まったら

肌断食初期は、角栓やベタつきもしくはカサつきに悩まされやすい時期です。 しかし4~6ヶ月くらいにな

記事を読む

アロエ水、ヘチマ水は効果ある?

ニキビや赤みで悩んでいる方や、なかなか炎症が取れない方がまず検討するのがアロエ水やヘチマ水。

記事を読む

口周りのニキビ・乾燥の原因

口の周りが乾燥する方が結構いらっしゃいます。 また、口周りにニキビが出る場合もあります。 私

記事を読む

no image

クレイ・ガスールは肌にやさしい?!

私が化粧品を使っていて、肌荒れに悩んでいた頃、クレイにお世話になったことがあります。 クレイパ

記事を読む

宇津木式で顔の赤みを改善

このところ日常、水洗顔時ともに「触らない」「こすらない」を徹底中。 その甲斐あってか、汗が出て

記事を読む

手作り化粧水は効果あり?!

時々、手作り化粧水について質問がきます。 「界面活性剤の入っていない化粧水を作ってみたのですが

記事を読む

混合肌にダブル洗顔はNG

かつて美容業界では、肌質を乾燥肌、混合肌、脂性肌と3つのタイプに分けていました。 そして3つの

記事を読む

肌荒れしやすい人はティッシュに注意!

昨日はうっかり鼻かみ用のハンカチを忘れて出勤してしまいました。 こういうときのために、カバンの中に

記事を読む

肌荒れしやすい人はお泊り注意!

会社でも、友人宅でも、旅行先でも、肌荒れしやすい人がお泊りする時は気をつける点があります。 大

記事を読む

no image

肌のカサつき対策はワセリンだけではない

手荒れや肌のカサカサは、ワセリンをつけて角質をつなげて凌ぐのが鉄則。 なぜなら、ワセリンは、肌

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

肌断食と湯シャン7年経過の報告

2019年10月、肌断食と湯シャンを始めて7年経過しました。 現在の

毛穴の黒ずみ、もしかして埋没毛?

肌の悩みで多くを占めるのが毛穴の黒ずみです。 毛穴の黒ずみは肌へのダ

肌断食が成功しないケース

「お金をかけて手入れすれば、いつまでも美しく若々しくいられる」 そん

日焼け?のぼせ?夏に顔が赤黒くなる原因と対策

毎日、暑い日が続きますね。 太陽がカンカン。紫外線もガンガン。

肌断食実践者の紫外線対策

肌荒れを改善したり、美肌を保とうと思えば、基本的に日焼け止めはNG。

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑