*

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

公開日: : 肌荒れ, 肌の赤み, 赤ら顔・くすみ

現在1年の中でもっとも寒い時期。
空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われがちですが、実は冬に肌がカサつくのは、空気の乾燥ではありません。
他に原因があります。

まず、寒さというストレスで肌のバリア機能が低下します。
なので、他の季節よりも肌がカサついたり、赤みが出たりしやすくなります。

次に冷え。
血行が悪くなると、肌もカサつきがちになります。
特に手足は冷えやすく、かかとがカサつき、他の季節は平気でも冬だけひび割れする方もいらっしゃいます。
このような方は、まず手足を温めてあげてください。

さらに、風邪やインフルエンザなどの予防にそのままマスクを使うと肌に負担がかかります。
マスクをするときは、内側にハンカチを忍ばせるとよいでしょう。
ガーゼのものを洗って使うのもよいのですが、目が詰まってない分、不織布マスクよりも菌を通しやすくなります。

寒い季節の赤み・カサつきの対策

・まずは防寒
寒さのストレスを軽減するため、防寒はしっかりしましょう。
ただし、マフラーやコートのボアなどが肌に負担となることがありますので、マフラーは洗ってから使い、なるべく頬に触れないようにしましょう。
また、足が冷えるとひび割れるので、足も温めておきましょう。

・適度な運動
冬は特に体が冷えやすい。
全身運動をして血流をよくしておくことが、カサつきや赤みの予防にもなります。

・カロテンをしっかり摂る
かぼちゃやみかんはカロテンが豊富で風邪やインフルエンザの予防に最適。
ただし食べ過ぎると、顔と手足が黄色くなるので、気になる方は加減してください。
他は毎日の食事をバランスよくとっておけば問題ないでしょう。

・人混みの中ではマスクを
混んでいる電車など人混みの中では、できるだけ不織布マスクをしましょう。
中にハンカチを忍ばせておくと肌を守ることができます。

最後に筆者の肌の状態

運動を始めてもうすぐ2ヶ月。
少~しずつたるみが改善されつつあります。
顔の脂肪は他の部位より落ちにくいのでもう少し時間がかかりそうです。

体脂肪率27%。まだまだ顔のたるみが気になるゾーンです・・・
目標の25%まであと2%。ボチボチに運動を続けます。

肌自体は調子がよいです。
顔を手で触らないのでノーダメージ。
防寒もダウンコートでバッチリ。
カロテンは取りすぎて顔色が黄色です。

厳しい寒さが続く上、街ではインフルエンザが猛威をふるっていますので、皆さまもお気をつけてお過ごしくださいませ。



関連記事

非接触とASVCで肌荒れ(ニキビ等)から復活!

今週の水曜日は、かなり慌ただしい1日で、会社に泊まり込みとなりました。 グッタリと疲れ、翌日の

記事を読む

肌断食愛好家、メイクをして出かける

昨日は面接試験に行ってきました。 企業の面接でなく、秘書検定準1級の面接です。 →実はこの記事の

記事を読む

顔のたるみ対策・エイジングケアも

肌荒れの改善だけでなく、顔のたるみ対策やエイジングケアも化粧品を使わない方法で可能です。 これ

記事を読む

no image

ワセリンについての誤解

非接触生活では乾燥によって皮むけや粉吹きが起こっている場合、ワセリンで角質をつなげておくという方法が

記事を読む

紫外線アレルギーに注意!

紫外線が強くなってきた5月。 この頃から紫外線アレルギーの方がチラホラと出てきます。 紫外線

記事を読む

ビタミンC粉末をカプセルで

最近、読者さんからいい事を教えていただきました。 それは、ビタミンC粉末をカプセルにして持ち歩

記事を読む

肌断食でビニール肌を改善するには

下の写真は、最近マイクロスコープで撮った私の頬です。 以前は、キメのないツルツルのビニール肌だ

記事を読む

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです。 肌がいたんでいるというこ

記事を読む

no image

冬の乾燥肌対策:カサついたらワセリン

冬の乾燥肌対策は、寒さによるストレスを防ぐために温かくして過ごすことが大切です。 なぜなら寒いとい

記事を読む

no image

肌のカサつき対策はワセリンだけではない

手荒れや肌のカサカサは、ワセリンをつけて角質をつなげて凌ぐのが鉄則。 なぜなら、ワセリンは、肌

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

毛穴の黒ずみ、もしかして埋没毛?

肌の悩みで多くを占めるのが毛穴の黒ずみです。 毛穴の黒ずみは肌へのダ

肌断食が成功しないケース

「お金をかけて手入れすれば、いつまでも美しく若々しくいられる」 そん

日焼け?のぼせ?夏に顔が赤黒くなる原因と対策

毎日、暑い日が続きますね。 太陽がカンカン。紫外線もガンガン。

肌断食実践者の紫外線対策

肌荒れを改善したり、美肌を保とうと思えば、基本的に日焼け止めはNG。

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑