*

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

公開日: : 肌荒れ, 肌の赤み, 赤ら顔・くすみ

現在1年の中でもっとも寒い時期。
空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われがちですが、実は冬に肌がカサつくのは、空気の乾燥ではありません。
他に原因があります。

まず、寒さというストレスで肌のバリア機能が低下します。
なので、他の季節よりも肌がカサついたり、赤みが出たりしやすくなります。

次に冷え。
血行が悪くなると、肌もカサつきがちになります。
特に手足は冷えやすく、かかとがカサつき、他の季節は平気でも冬だけひび割れする方もいらっしゃいます。
このような方は、まず手足を温めてあげてください。

さらに、風邪やインフルエンザなどの予防にそのままマスクを使うと肌に負担がかかります。
マスクをするときは、内側にハンカチを忍ばせるとよいでしょう。
ガーゼのものを洗って使うのもよいのですが、目が詰まってない分、不織布マスクよりも菌を通しやすくなります。

寒い季節の赤み・カサつきの対策

・まずは防寒
寒さのストレスを軽減するため、防寒はしっかりしましょう。
ただし、マフラーやコートのボアなどが肌に負担となることがありますので、マフラーは洗ってから使い、なるべく頬に触れないようにしましょう。
また、足が冷えるとひび割れるので、足も温めておきましょう。

・適度な運動
冬は特に体が冷えやすい。
全身運動をして血流をよくしておくことが、カサつきや赤みの予防にもなります。

・カロテンをしっかり摂る
かぼちゃやみかんはカロテンが豊富で風邪やインフルエンザの予防に最適。
ただし食べ過ぎると、顔と手足が黄色くなるので、気になる方は加減してください。
他は毎日の食事をバランスよくとっておけば問題ないでしょう。

・人混みの中ではマスクを
混んでいる電車など人混みの中では、できるだけ不織布マスクをしましょう。
中にハンカチを忍ばせておくと肌を守ることができます。

最後に筆者の肌の状態

運動を始めてもうすぐ2ヶ月。
少~しずつたるみが改善されつつあります。
顔の脂肪は他の部位より落ちにくいのでもう少し時間がかかりそうです。

体脂肪率27%。まだまだ顔のたるみが気になるゾーンです・・・
目標の25%まであと2%。ボチボチに運動を続けます。

肌自体は調子がよいです。
顔を手で触らないのでノーダメージ。
防寒もダウンコートでバッチリ。
カロテンは取りすぎて顔色が黄色です。

厳しい寒さが続く上、街ではインフルエンザが猛威をふるっていますので、皆さまもお気をつけてお過ごしくださいませ。



関連記事

春の乾燥肌対策

皆さま、お元気ですか? 前回の更新からちょっと時間がたっちゃいました。 春ですね!4月ですね

記事を読む

no image

瘀血による肌荒れに注意!

皆さまは「瘀血」というものをご存知でしょうか? 瘀血とは汚れた血。体内にとどってしまってドロド

記事を読む

ASVCに頼りすぎない

非接触のコースでは、ASVC22もしくはASVC35が使われます。 ※後ろの数字は濃度を表していま

記事を読む

no image

ニキビ、湿疹、赤みなど肌荒れしやすい人はカッサプレートに注意!

最近、カッサプレートというものが流行っているようですね。 ローズクォーツや翡翠などの天然石でで

記事を読む

紫外線アレルギーに注意!

紫外線が強くなってきた5月。 この頃から紫外線アレルギーの方がチラホラと出てきます。 紫外線

記事を読む

no image

顔のピリピリ、痒みの原因のひとつ

顔がチクチク、ピリピリ、そして炎症。 炎症からプクッと腫れたり、ニキビまたは湿疹に進化。 そ

記事を読む

肌荒れしやすい人はお泊り注意!

会社でも、友人宅でも、旅行先でも、肌荒れしやすい人がお泊りする時は気をつける点があります。 大

記事を読む

保湿は天然オイルよりもワセリンを

マイルドな洗い心地で、洗浄力が低い洗顔料やクレンジング剤が流行しています。 つまり保湿機能のある洗

記事を読む

肌の乾燥は保湿でOK?

寒い冬。 昨日、今日といよいよ雪が降ってきましたね。 寒い!寒い!寒~い! こう寒いと

記事を読む

夏の肌荒れ注意報

突然ですが、夏は肌荒れの季節です。 それを言ってしまえば、寒い冬も肌荒れの季節じゃないか!

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑