*

体脂肪率が顔のたるみにも影響

公開日: : たるみ、ほうれい線, 健康

痩せていても気になる体脂肪率。
体脂肪率が上がると、体型だけでなく、顔にもたるみが出てきます。

下腹がぽよんとしてたり、太股がぷよぷよの人は要注意!
放置しておくと顔の筋肉までたるみとなって姿を現わします。

だから筆者はほぼ毎日運動。
運動なくして若々しいハリのある肌は保てません
いくら肌がきれいになっても顔にたるみがあれば老けて見えます

現在、約3週間、踏み台昇降30分と腹筋20回、スロースクワットを続けていますが、経過は以下の通りです。

低体重は特に気をつけて!

【筆者の現状】
身長:169.5センチ
体重:54.5キロ
BMI:19
体脂肪率:28.3% ※適正値20~25%くらい
内臓脂肪:2/10
基礎代謝:1,200kcal
体年齢:33歳(実年齢40歳)

最高血圧:114
最低血圧:84
脈圧(最高血圧と最低血圧の差):30 ※適正値40~50くらい

最悪の時は体脂肪率が30%くらいになって慌てたものです。
運動もサボりがちで、見るからに頬にもたるみが出ていました。

低体重は特に異変に気づきにくく、定期的に体脂肪率を測る必要があるようです。
もちろんその他の人も定期的に測定しましょう。

運動を取り入れてからは、お腹が少し引っ込み、顔のたるみも少し改善しました。


見苦しいものを見せてすみません。
体脂肪率28%のお腹です。
まだ腰骨より少し出ていますが、改善できた方です。
もちろんダイエット続けます。

体脂肪率による体型・顔のたるみの目安は・・・

さて顔のたるみも気になりますが、お腹のたるみ・体型も気になるところですよね。
筆者の経験では、28%を超えると下腹が気になり始めます

体脂肪率別体型・顔のたるみ(めやす):
20~22% スリム ←私が48~50kgの時(35歳時点)
23~25% 健康的・顔のたるみセーフゾーン
26~29% 普通~ややぽっちゃり・顔のたるみ少し気になるゾーン
30~32% ぽっちゃり・顔のたるみ気をつけようゾーン
33~34% 小太り
35%~  肥満
※20%未満になると生理が止まるなどの異常が出ることがあります(筆者の経験より)。
※あくまで筆者や友人、家族の体験に基づいてのデータなので目安として頂ければ幸いです。

脂肪が多いということは、その分、筋肉などが少ないということです。

筋肉が少ないと、基礎代謝も低く太りやすい・顔もお腹もたるみやすくなります

筋肉をつくるには、運動とタンパク質。
十分に筋肉があると、体型も引きしまって見えますし、顔のたるみも改善していきます。

顔のたるみは余分な脂肪。
顔もブヨブヨの肉ではなく引きしまった筋肉が必要です。

また、顔のたるみは、睡眠不足や水分の取りすぎなどによるむくみにも気をつけたいところです。



関連記事

頬のたるみ経過と顔のセルライト

7月ももうしっかり下旬。 湯シャン、水洗顔、肌断食を実践して1年と10ヶ月になります。 そして表

記事を読む

赤ら顔、ほてり(ホットフラッシュ)の原因と対策

のぼせ・ほてりは昨今ではホットフラッシュとも呼ばれ、多くの人が赤ら顔に悩まされています。 また

記事を読む

no image

生理でわかる古血チェック

美肌には体調の管理も重要です。 体調の不良もストレスとなり、肌のバリア機能を低下させてしまいま

記事を読む

口元のたるみ、ガムで手軽に対策

年齢を重ねると口元にたるみが出てきます。 多くの人は30代半ば頃から気になり始めます。 50代に

記事を読む

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさん食べると肌が黄色くなります。

記事を読む

肌断食でシワは改善できる?

肌断食をされている方で、時々シワでお悩みの方がいらっしゃいます。 スキンケアをやめればシワは改

記事を読む

ブルドッグ顔、あなたは大丈夫?

たるみが元となって発症するブルドッグ顔。 ブルドッグ顔とは、ブルドッグのように、下にぶるんとたるん

記事を読む

毛穴のたるみ、どうケアする?

年齢を重ねるごとに毛穴が目立ち始め、その毛穴がたるんでくる人が多い。 毛穴のたるみが進行すると

記事を読む

no image

コマ切れ時間に顔ダンス♪たるみ、ほうれい線対策

表情筋運動は、たるみ、法令線、口角に効果的ですが、手間がかかると3日坊主になる人も多い。 風呂

記事を読む

口唇ヘルペス・口角炎体験談

体調を崩したり、睡眠不足になるとよく口唇ヘルペスや口角炎が出てきます。 今年は口角炎も出ないし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑