*

乾燥の季節でも40代でも肌がスベスベな理由

公開日: : 肌荒れ, 肌の赤み

真冬・・・乾燥の季節なのに、肌はしっとりうるおっています。
かといってベタつくわけでもなくサラサラ。

乳液やクリーム、ゲルなどの基礎化粧品も使っていません。
相変わらず湯シャン、水洗顔、肌断食の生活です。

また、筆者は40代ですが、若い頃よりもうるおい、ハリがあります。

なぜでしょうか。
肌のバリア機能(健康な角質層)のおかげです。

では、肌のバリア機能を高めるにはどうすればよいでしょうか?

肌のバリア機能を高める

それは、肌荒れを改善すればよいのです。
赤みやブツ、カサカサなどの肌荒れが出ているということは、肌のバリア機能(角質層)が正常に機能していないということです。

しかし、肌が改善してくると、角質層も整ってきます。
いわゆるキメが整っている状態。
このような健康な角質層があれば、肌を外部の刺激から守ってくれます。

肌の角質層を整える

では、肌の角質層を整えるにはどうすればよいでしょうか?

肌にダメージを与えなければよいのです。

1.まず、顔を手で触るクセをやめましょう。
これ、結構大きいです。

2.洗顔フォームをやめる
そして洗顔フォームをお使いの方は、米ぬか粉末か純石けん(補助)をしっかりと泡立てて洗顔しましょう。
慣れてきたら朝を水洗顔(ぬるま湯だけでの洗顔)にしてみましょう。
さらに慣れてきたら少しずつ補助を減らしていきましょう。

3.基礎化粧品をワセリンにかえる
クリームや乳液、化粧水をお使いの方は、乾燥が気になるときだけワセリンでしのいでみてください。
メイクをされるときは、ワセリンで肌を保護してからメイクしましょう。

4.ヘアケア剤を減らす
シャンプーやトリートメントをお使いの方は、シャンプー液を薄めたり、使用頻度を徐々に減らしていきましょう。
慣れてきたら湯シャンの日を少しずつ増やしていきましょう。
トリートメントは、ワセリンか椿オイルなどで代用するとよいでしょう(できればワセリンを少量)。
洗髪の後は必ず髪を乾かしましょう。冷えると肌にもこたえます。

5.柔軟剤を使わない
柔軟剤も肌にダメージを与えます。
いろいろと肌にやさしいと謳われている柔軟剤や代替品が出ていますが、現時点では肌にダメージとならない柔軟剤は存在しません。

睡眠不足やストレスにも注意!

たくさん書きましたが、できるところから始めるとよいかと思います。
顔を手で触るクセをやめるだけでも肌へのダメージはグンと減ります。

肌へのダメージがなくなるにつれて、肌のバリア機能(角質層)は徐々に回復していきます。
いったん肌が回復すると、肌荒れしにくい肌になりますが、それでも、睡眠不足や疲労、ストレスなどで弱ることもあるので、 肌が改善した後も体調管理と適度なストレス解消法が必要です。

年齢だから、乾燥の季節だからというのも分りますが、今の肌を作っているのは、これまでのスキンケアと食生活。

つまり、季節や年齢問わず、努力次第で今よりもよい肌にすることは可能なのです。



関連記事

no image

酒さ?!

私は「非接触皮膚科学」のメルマガを読むのが大好きです。 最近の号である第382号 原因不明?『

記事を読む

口周りの肌荒れ(赤み)には

2014年10月末口周りがまた荒れてしまいました。 振り返れば冷却美容に甘えすぎていた様子。

記事を読む

no image

クレイ・ガスールは肌にやさしい?!

私が化粧品を使っていて、肌荒れに悩んでいた頃、クレイにお世話になったことがあります。 クレイパ

記事を読む

トレチノイン・ハイドロキノン失敗談

湯シャン・水洗顔・肌断食を始める2年位前に、トレチノインとハイドロキノンというものを試したことがあり

記事を読む

宇津木式で顔の赤みを改善

このところ日常、水洗顔時ともに「触らない」「こすらない」を徹底中。 その甲斐あってか、汗が出て

記事を読む

アロエ水、ヘチマ水は効果ある?

ニキビや赤みで悩んでいる方や、なかなか炎症が取れない方がまず検討するのがアロエ水やヘチマ水。

記事を読む

何もつけない美肌術

10月10日、非接触皮膚科学で有名な牛田先生が、「何もつけない美肌術」という本を出されました。

記事を読む

空気の乾燥で肌は乾燥する?

寒い時期になると、よくこんな質問が来ます。 「これから寒くなり、空気が乾燥していきますが肌の乾

記事を読む

顔を触ると肌に赤みが出る

肌断食に限らず、どんな美容法であっても、顔を手で触るクセがあると肌が荒れやすい。 なので、どんな美

記事を読む

ASVCに頼りすぎない

非接触のコースでは、ASVC22もしくはASVC35が使われます。 ※後ろの数字は濃度を表していま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日焼け?のぼせ?夏に顔が赤黒くなる原因と対策

毎日、暑い日が続きますね。 太陽がカンカン。紫外線もガンガン。

肌断食実践者の紫外線対策

肌荒れを改善したり、美肌を保とうと思えば、基本的に日焼け止めはNG。

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑