*

湯シャンと肌断食もうすぐ6年

公開日: : 肌の記録

湯シャンと肌断食、今年の10月が来たら6年になります。
さらに今から4ヶ月後には40歳になります。
現時点での肌の調子ですが、ニキビや赤みなどの肌荒れもなく、いつもと同じ感じです。

湯シャンと肌断食ではっきりと効果が感じられるのは、やはり始めてから6ヶ月~1年くらいですね。
逆に言えば、1年以内に変化が感じられないのは、まだ何らかの肌へのダメージが続いている可能性があるのかもしれません。

肌へのダメージがなくなると、まず、赤みがひいていきます。
さらに時間が経つとシミが徐々に周りから薄くなっていきます。

肌の環境(常在菌環境や皮脂など)が整ってくれば、ニキビができにくい肌になっていきます。
さらに、日頃から肌へのダメージをおさえたり、バランスの良い食事と十分な休息で肌の防御力を落とさないように気を付けると肌荒れしにくい肌に育っていきます。

また、定期的な運動をすると、肌はたるみにくくなります。
新陳代謝を促したり筋肉を維持してくれるので、運動はたるみ・しわ対策には不可欠な要素です。

現在の肌の状態


正面です。
赤みやニキビ等はありません。
キメも整っています。
運動不足による頬やあごのたるみに注意です。


右の頬です。
特に何ら異常ありません。


左の頬です。
あれから特に変化ありません。

このように、前回の肌の状態から何ら変化はなく、快適な状態を保っています。
湯シャンと肌断食は快適で手間いらずなのですが、いったん肌が改善すると、何もやることがありません。
スキンケアを楽しみたい人にはさびしい美容法かもしれませんね。

しかし、スキンケアの時間が省ける分、ヘアスタイルやおしゃれに注力することができます。

後4ヶ月で40歳を迎えますが、保湿などのスキンケアをしようとは思っていません。
肌がいったん整うと、人工的な保湿は不要になります。
肌自身が適度にうるおってくれますから。
現在、ワセリンも唇にしか使っていません。

角栓はどうやって乗り越えたか

ちなみに湯シャンと肌断食で快適な素肌になるまでは、角栓や口のまわりのブツに悩まされた頃があります。
角栓は思うほどひどくなかったので肌が大分整うまで放置していました。

しかし、中には角栓が凄まじくひどい人がいます。
そのまま肌が改善するまで耐えられる人ならよいのですが、挫折してしまうくらいなら落としてしまってもよいかと思います。
湯船でふやかして、いったんタオルドライしてやさしくこすると簡単に角栓が取れます

上記の方法でも取れにくい場合は、クレイか米ぬかなどで落としてしまってもよいかと思います。
ただし、肌がまだ弱ったままで角栓を落としすぎると、肌の防御力が低下しますのでほどほどにしておきましょう。

なお、口のまわりのブツは、疲労やストレスなども関係していますので、ビタミン豊富な野菜や果物で乗り切るとよいでしょう。
私はカボチャで対応しています。
食べ物でも間に合わない場合は、適度にビタミンCサプリを使うなど臨機応変に対応するとよいでしょう。



関連記事

肌断食3年経過

湯シャン、水洗顔、肌断食を実践して3年。 慣れてしまえば、とても快適で経済的です。 こんな私

記事を読む

肌断食と顔ツボを実践してみたら

肌断食と言っても、スキンケアをしていないだけ。 水洗顔と言っても、石けんや洗顔フォームを使っていな

記事を読む

肌断食3年半経過:現在の肌の状態

久しぶりにゆっくりの朝。 余裕があったので顔の肌の写真を撮ってみました。 肌断食も3年半。

記事を読む

汚肌改善までを振り返る

私はこれまで汚肌遺伝子に再々絶望してきました。 小さい頃に母親の顔を見て、ああ、汚いなあと思ったこ

記事を読む

肌断食でビニール肌を改善するには

下の写真は、最近マイクロスコープで撮った私の頬です。 以前は、キメのないツルツルのビニール肌だ

記事を読む

肌断食と湯シャン5年半の経過報告

肌断食と湯シャンを始めて5年半がたちました。 朝晩ともにぬるま湯だけで洗顔。 湯だけで洗髪。

記事を読む

宇津木式で顔の赤みを改善

このところ日常、水洗顔時ともに「触らない」「こすらない」を徹底中。 その甲斐あってか、汗が出て

記事を読む

角質培養:頬ずりで皮剥け

21日、22日とお泊まりに出かけてきました。 お泊りで彼氏と頬ずりをしてしまい、右の頬がこすれ

記事を読む

額のシワが目立たなくなりました

最近、シワについて質問を受けました。 正直、私、ニキビや炎症のほうがひどかったので、 シワ等

記事を読む

口周りの肌荒れ、肌断食だけで改善しない時

16日付近の肌の調子はこんな感じです。 口周りの荒れ、パッと見た感じではわからないのですが、触

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑