*

ニキビや湿疹など肌荒れしやすい人はエステに注意!

公開日: : 最終更新日:2016/09/15 ニキビ対策, 肌荒れ, 肌の赤み, 美肌の秘訣

私がまだ会社に入って間もない頃、エステに通っていた頃がありました。

どうしてもニキビを治したい。
そう思う一心で高いお金を出して通ったものです。

しかし、良くなったかと言えば、そうではありませんでした。
逆に悪化してニキビが増え炎症やくすみも出てきました。

エステの人は、いったん全部出してよくなると仰っていたので続けましたが一向によくならず、やめました。

何年かたって「何もつけない皮膚科学」に出会い、今までのケアが、間違っていたことに気づきました。

皮膚は悪化してよくなることなんてありません。

「何もつけない皮膚科学」のメルマガ第366号の真ん中辺りで、はっきりと「皮膚に好転反応はありません。」と書かれています。

目に見えて悪くなっているのなら、これまでのケアを見直す必要があるということです。

振り返ってみれば、毛穴吸引、オイルクレンジング、マッサージ、スポンジでこする、ごってりとクリームや美容液を塗る
・・・肌に負担となることばかり。
あの頃の私は、さんざん皮膚を傷つけていたのです。
(エステのお店によっては、スポンジでこすらず、お客さん自身で顔を洗ってもらうところもあります)

肌に異常がある人、肌が弱い人、ニキビや湿疹、炎症が起きやすい人はエステは向きません。
接触性皮膚炎や酒さの人は尚更です。



関連記事

no image

つぶしてしまったニキビの湿潤療法

先日、湿潤療法というものを紹介しました。 湿潤療法は傷を潤わせて、早くきれいに治すというもの。

記事を読む

宇津木式で顔の赤みを改善

このところ日常、水洗顔時ともに「触らない」「こすらない」を徹底中。 その甲斐あってか、汗が出て

記事を読む

ストレスや不眠の肌荒れ対策

肌荒れの対策には、休養、栄養、運動が必要。 しかし、現代のストレス社会では、交感神経と副交感神

記事を読む

肌荒れ、赤みが治らない原因は顔を触るクセ

肌荒れや赤みの大きな原因のひとつは「顔を触る」ことであります。 せっかく湯シャンや肌断食で肌へ

記事を読む

トレチノイン・ハイドロキノン失敗談

湯シャン・水洗顔・肌断食を始める2年位前に、トレチノインとハイドロキノンというものを試したことがあり

記事を読む

肌断食愛好家、メイクをして出かける

昨日は面接試験に行ってきました。 企業の面接でなく、秘書検定準1級の面接です。 →実はこの記事の

記事を読む

ニキビと間違えそうな症状:蕁麻疹

蕁麻疹が出てよくニキビと間違われるケースがあります。 蕁麻疹の原因は食べ物、ストレス、寒暖など様々

記事を読む

no image

肌荒れは肌断食だけでは改善しない

時々、肌断食をしてみたものの効果が見られない、水洗顔をしたけれど肌荒れが改善しないという人がおられま

記事を読む

no image

ニキビ、湿疹、赤みなど肌荒れしやすい人はカッサプレートに注意!

最近、カッサプレートというものが流行っているようですね。 ローズクォーツや翡翠などの天然石でで

記事を読む

入浴後、顔に赤みが出る

湯船の温かいお湯につかって温もると顔が赤くなるのは自然です。 血行がよくなって顔が赤くなります。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

乾燥の季節でも40代でも肌がスベスベな理由

真冬・・・乾燥の季節なのに、肌はしっとりうるおっています。 かといっ

40歳:湯シャンと肌断食6年以上

40歳になりました。この時点で湯シャンと肌断食6年以上。 6年

シミを消す近道は?

湯シャンと肌断食を始めると、ニキビや赤みなどの肌荒れは短期間で改善され

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑