*

ニキビや湿疹など肌荒れしやすい人はエステに注意!

公開日: : 最終更新日:2016/09/15 ニキビ対策, 肌荒れ, 肌の赤み, 美肌の秘訣

私がまだ会社に入って間もない頃、エステに通っていた頃がありました。

どうしてもニキビを治したい。
そう思う一心で高いお金を出して通ったものです。

しかし、良くなったかと言えば、そうではありませんでした。
逆に悪化してニキビが増え炎症やくすみも出てきました。

エステの人は、いったん全部出してよくなると仰っていたので続けましたが一向によくならず、やめました。

何年かたって「何もつけない皮膚科学」に出会い、今までのケアが、間違っていたことに気づきました。

皮膚は悪化してよくなることなんてありません。

「何もつけない皮膚科学」のメルマガ第366号の真ん中辺りで、はっきりと「皮膚に好転反応はありません。」と書かれています。

目に見えて悪くなっているのなら、これまでのケアを見直す必要があるということです。

振り返ってみれば、毛穴吸引、オイルクレンジング、マッサージ、スポンジでこする、ごってりとクリームや美容液を塗る
・・・肌に負担となることばかり。
あの頃の私は、さんざん皮膚を傷つけていたのです。
(エステのお店によっては、スポンジでこすらず、お客さん自身で顔を洗ってもらうところもあります)

肌に異常がある人、肌が弱い人、ニキビや湿疹、炎症が起きやすい人はエステは向きません。
接触性皮膚炎や酒さの人は尚更です。



関連記事

ストレスの影響と肌荒れ

肌荒れの大きな原因はスキンケアのしすぎですが、それと同じくらい肌にダメージを与えるものがあります。

記事を読む

no image

顔のピリピリ、痒みの原因のひとつ

顔がチクチク、ピリピリ、そして炎症。 炎症からプクッと腫れたり、ニキビまたは湿疹に進化。 そ

記事を読む

ASVCに頼りすぎない

非接触のコースでは、ASVC22もしくはASVC35が使われます。 ※後ろの数字は濃度を表していま

記事を読む

皮膚呼吸はウソ?!

湿潤療法とラップは、傷を早くきれいに治す治療法。 ラップをすると傷を乾燥から守るため、密閉して

記事を読む

no image

汗をかく時期の肌荒れ注意報

大分暑くなってきましたね。 6月(初夏)ももう終わり。 もうすぐ夏真っ盛りの7月に入ります。

記事を読む

no image

肌のカサつき対策はワセリンだけではない

手荒れや肌のカサカサは、ワセリンをつけて角質をつなげて凌ぐのが鉄則。 なぜなら、ワセリンは、肌

記事を読む

no image

運動をすると肌にも変化が

昨日で踏み台昇降も9日目。 毎日30分は踏み台昇降しているので、ズボラな私にしてはよく続いている方

記事を読む

湿潤療法で火傷の痛みを抑える

シャツにアイロンをかけていたら、うっかり指を火傷しちゃいました。 痛い!痛いよーーー(>

記事を読む

顔のたるみ対策・エイジングケアも

肌荒れの改善だけでなく、顔のたるみ対策やエイジングケアも化粧品を使わない方法で可能です。 これ

記事を読む

肌の乾燥は保湿でOK?

寒い冬。 昨日、今日といよいよ雪が降ってきましたね。 寒い!寒い!寒~い! こう寒いと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

塩洗顔は肌にいい?その効果は?

思春期に塩がいいと聞いて行った塩洗顔。 しかし肌がいたんでいる自分に

顔の汗は肌荒れの原因になる?!

暑いですね~。 今年は特にうだるような暑さ。 この季節は、外出

ヘアケア剤が肌荒れの原因に

肌荒れの原因として意外と知られていないのが、シャンプー、リンス、トリー

肌断食実践者の紫外線対策

日焼け止めが肌に負担となり、ダメージを与えることはよく知られています。

肌断食で肌が改善しないのはメイクが原因?

BBクリームやコンシーラなどカバー力のあるメイクが人気を博しています。

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑