*

肌断食と湯シャン5年半の経過報告

肌断食と湯シャンを始めて5年半がたちました。

朝晩ともにぬるま湯だけで洗顔。
湯だけで洗髪。
体も湯だけで洗っていますが、何ら不便はありません。
かえって手足がカサつかず助かっています。

肌断食と湯シャンのねらいは、「肌にダメージを与えないこと」と「常在菌など肌の環境を保つ」ことにあります。

思えば、肌断食に興味を持ち始めたのが30歳頃。
当時の私は化粧品は使わない方がいいと分かっていながら、なかなか勇気がわきませんでした。
また、ハイドロキノンやトレチノインをやってみたり、角質クリアゲルをやってみたり、エステに行ってみたり、肌をさんざんに痛めつけていました。

その時の肌がこちらです。

ものの見事に典型的な汚肌です。
恥ずかしいので小さく載せました(*ノωノ)
全体的に赤みやニキビに見舞われ、口周りは皮剥けやらブツブツやらできていました。
う~む、貴重な青春時代を棒に振ったものです。

そして肌断食を始めたのが、私が33歳の時です。

湯シャン1ヶ月、肌断食1週間の時点です。
肌荒れは改善したのですが、毛穴ケアのしすぎでたるんでしまった肌がまだ改善していませんでした。
その後、半年でたるみ毛穴も改善しました。

肌断食5年半経過時点

そして、現在の肌はこちらです。

肌荒れもなく、快適に過ごしております。
毛穴も目立たなくなりました。
運動や顔ツボなども取り入れ、目の下や頬のたるみも改善しました。
顔のたるみって改善しにくいし、再発もしやすいけど、まったく打つ手がないってわけではないようです。
現在、39歳ですが、33歳時点より顔のたるみが少ないです。


右の頬。目立つほどではありませんが、ほんのり赤みがあるので気をつけたいです。
睡眠不足とか、ホント注意ですね。
あと、口元の影(たるみ)もう少し改善したいです。


左の頬。赤ちゃんの時にかぐってできたシミも大分薄くなりました。
こちらも少し赤みが出ているので、気をつけたいところ。
唇の血色もよくないので冷房の冷えなどにも気をつけたいです。

肌断食と湯シャンを5年半やってみて

肌断食と湯シャンを5年半やってみての感想ですが、最初は大変でも半年くらい実践すれば大分楽になります。
また、スキンケアを念入りにされていた方ほど、肌がいたんでいて粉吹きやベタつきなどで大変ですが、ワセリンと純石けんを適度に使いながら肌断食に移行していくとスムーズです。

また、肌断食と湯シャンは、ただ実践するだけではなかなか肌に変化が現れません

顔で手を触るクセがある人は早めになおしましょう。
お風呂の洗剤をお使いの方は、米ぬかなどの粉末で洗うとよいでしょう。
柔軟剤(柔軟剤入りの洗剤も含む)も肌に赤みがでる原因となりますので避けましょう。

このように、肌荒れを改善しようと思えば、肌断食だけでなく、様々なことに気を付ける必要があるようです。

なお、肌断食を実践していて角栓まみれになる人もいらっしゃいますが、適度に落とした方が調子がいいと思います(筆者体験より)。



関連記事

湯シャンは子どもも実践できる?

湯シャンは子どもでも実践可能です。 非接触皮膚科学のメルマガをお読みの方はご存知だと思いますが

記事を読む

非接触とASVCで肌荒れ(ニキビ等)から復活!

今週の水曜日は、かなり慌ただしい1日で、会社に泊まり込みとなりました。 グッタリと疲れ、翌日の

記事を読む

湯シャン、水洗顔、肌断食を続けて1年と1ヶ月・・・

湯シャン(湯だけの洗髪)、肌断食(基礎化粧品を使わない)、水洗顔(水だけで洗顔)を始めてから1年と1

記事を読む

湯シャン、水洗顔の経過報告(3年以上)

先日、37歳になりました。 振り返って見ると、湯シャンや水洗顔も3年と2ヶ月。 基礎化粧品も

記事を読む

現在の肌の状態(ASVC使用の非接触生活)

皆さん、こんにちは! また更新が久しぶりになっちゃいました。 非接触フェロー合格から、ほぼ毎

記事を読む

肌断食経過:小さな湿疹触りません。

肌断食の経過を載せるのが、また久しぶりになってしまいました。 見た目はほとんど前回と変わりありませ

記事を読む

マイクロスコープでキメ撮影

今日は久々にマイクロスコープで肌を撮ってみました。 と言ってもそれほど変化はありませんでした。

記事を読む

湯シャンと肌断食6年経過時点

湯シャンと肌断食6年が経過しました。 ここまで長く続けられた美容法はこれまでにありません。 何も

記事を読む

湯シャン、肌断食4年経過時点

湯シャン、水洗顔、肌断食も4年を経過しました。 湯シャンは、湯だけでシャンプーする方法。 水

記事を読む

角質培養:頬ずりで皮剥け

21日、22日とお泊まりに出かけてきました。 お泊りで彼氏と頬ずりをしてしまい、右の頬がこすれ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑