*

目の下のたるみの原因と対策

公開日: : たるみ、ほうれい線

頻繁に目を酷使している人は目が疲れるだけでなく、目の下のたるみやしわができやすい傾向にあります。
パソコンに座りっぱなしの事務員さんは、特に要注意!

長時間パソコンに向かって作業をしているとまばたきが減り、目のまわりの筋肉が減ってきます。
筋肉が減ると、脂肪の割合が増えます。
そして、今までは筋肉がささえていたものが、重力によってたるみとなって出てきます。
さらに、まばたきが減ると、目のまわりの血流が悪くなり、老廃物をためやすくなってしまいます。

なので、スマホでゲームやネットサーフィンをよくする人も要注意なのです(あ、私だ)。
慢性化してくると、目の下のたるみは、クマとなり、そしてシワとなり、老け顔の原因となります。

残念ながら、目の下のたるみやしわは、スキンケアでは解決できません

そして肌断食やシンプルケアも、肌荒れの対策にはなれど、たるみだけはそれほど効果を発揮しません。
ただ、やるのとやらないのとでは随分違います。
目のまわりの皮膚にダメージを与えることも、目の下のたるみの原因になるからです。

目の下のたるみを改善するには、顔のツボを押してあげるとよいでしょう。
できれば入浴中に行うと、より血行がよくなり、効果的です。

目の下のたるみに効くツボ

・太陽(たいよう)
コメカミのへこんだところが太陽というツボです。
このツボを刺激することで、目の疲れや頭痛が緩和されます。

・風池(ふうち)
後ろの髪の生え際あたりにあるのが風池。
目の疲れや肩こりなどに効くツボです。

・晴明(せいめい)
目頭のところにあるツボ。
目の疲れだけでなく、鼻水・鼻づまりにも効きます。

 

どれも目の疲れだけでなく、目の下のたるみにも効果的です。

顔のたるみ全般に効くツボ

・巨りょう(こりょう)
顔のたるみ、むくみ全般の解消に適したツボ。
たるみ、ほうれい線が気になるなら、やさしく刺激しておきましょう。

・四白(しはく)
巨りょうより少し上の四白(しはく)も痛むなら合わせてマッサージしておきましょう。
顔に余分な水分や血が昇っていると巨りょうや四白が痛む傾向にあります。
くすみや肌荒れの改善にも一躍貢献してくれるでしょう。

上記の2つのツボは、顔に老廃物がたまって赤黒くなっていたり、むくんでいたりするときに重宝するツボです。

顔のツボを実践するにあたっての注意!

顔ツボは、化粧品を使わない美容法なので、肌断食や湯シャンに取り組んでいる方やシンプルケアを実践している方でも安心して取り組めます。

ただ、実践前には、手を流水と手ぬぐいで洗い流しましょう。

なお、顔ツボだけでなく、定期的な運動を心がけ、顔に余分な脂肪がつくのも防ぎましょう。
筋肉をつくってくれるタンパク質も十分に摂って下さいね!



関連記事

肌断食と顔ツボを実践してみたら

肌断食と言っても、スキンケアをしていないだけ。 水洗顔と言っても、石けんや洗顔フォームを使っていな

記事を読む

no image

体脂肪率、服が原因だった可能性も

昨日で踏み台昇降3日目。 昨日の体脂肪率は24.3%と前日とほぼ変化なしです。 ある程度落ちたら

記事を読む

たるみからくるシワに注意!

40を過ぎてくると、シワ、小じわが気になるという方が増えてきます。 早い人は35歳から、さらに早い

記事を読む

no image

ASVCの真価を知り習慣化する

非接触からASVCを中途半端に使い、効果をあまり実感できない場合もあります。 御多分にもれず、

記事を読む

口元のたるみ、ガムで手軽に対策

年齢を重ねると口元にたるみが出てきます。 多くの人は30代半ば頃から気になり始めます。 50代に

記事を読む

no image

踏み台昇降で体脂肪率低下

最近、家族や恋人と外食をする機会が多く、体脂肪率が上がっていました。 体脂肪率27%をウロウロ

記事を読む

目の下のたるみ・クマ注意報

事務職は、目のクマや目の下のたるみができやすい傾向にあります。 まず、1日の多くをイスに座り、

記事を読む

肌断食でシワは改善する?

湯シャンや肌断食は、肌にダメージとなるものを触れさせないことで肌荒れの改善を図るもの。 では、

記事を読む

頬の毛穴、たるんでいませんか?

年齢を重ねると頬の毛穴で悩む方が増えてきます。 大抵は40代くらいから、そして早い人は30代くらい

記事を読む

目尻のシワ、笑いジワ対策

年齢を重ねてくると目尻にシワが現れてきます。 目尻のシワは笑いジワとも呼ばれ、よく笑う人にでき

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ヘアケア剤が肌荒れの原因に

肌荒れの原因として意外と知られていないのが、シャンプー、リンス、トリー

肌断食実践者の紫外線対策

日焼け止めが肌に負担となり、ダメージを与えることはよく知られています。

肌断食で肌が改善しないのはメイクが原因?

BBクリームやコンシーラなどカバー力のあるメイクが人気を博しています。

肌の自然治癒力を活かす肌断食

私は以前、肌の自然治癒力を信じることもせず、いろんな化粧品に頼ってきま

湯シャンで髪の毛を増やすことはできる?

湯シャンで髪の毛を増やすことができたという体験談もあれば、いや、湯シャ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑