*

きれいになりたいなら

公開日: : 肌荒れ

きれいになりたい!
肌荒れを改善したい!

多くの方がそう思いながら生活しています。
しかし肌の悩みの多いこと。多いこと。

いちばんきれいなはずの思春期はニキビもぐれ。
30代になってニキビが落ち着いてきたら、シミ、しわ。
50代になったらたるみ、ほうれい線。

私も10代から30代初期まではニキビもぐれで、いつもきれいになりたい、肌がきれいな人が羨ましいと思っていました。

スキンケアが肌荒れの原因に

そんな時に出会ったのが肌断食と湯シャン。
まさか念入りにしていたスキンケアが返って肌荒れの原因になっていたとは思ってもみませんでした。

肌がつよい人は普通にスキンケアをしてもきれいなのですが、世の中には私のように肌がつよくない人もいるようです。

体質的にアトピーだったり、ストレスを受けやすい体質だったり、アレルギーだったり。
こんなタイプは肌のバリア機能が弱りやすく、肌荒れを引き起こしやすいことを30歳を超えてから知りました。

肌荒れを改善するためにしたこと

・水洗顔
肌荒れを改善するためにしたことは、まず水洗顔。
ニキビはしっかりと洗顔フォームで洗顔するものだと思っていたのですが、それが返って肌に負担をかけ、肌の角質層(バリア機能)を破壊し、赤みやニキビの原因となっていたようです。
肌の弱い人には洗顔フォームはNGのようです。
使うのであれば、純石けんを泡立てて使うか、米ぬかの粉末(こちらも泡立てます)がよいかと思います。
水洗顔(正確にはぬるま湯での洗顔)に切替えてから赤みが少しずつひいていきました。

・顔を手で触らない
手で顔を触るのも、弱った肌にダメージとなることが分かりました。
しかし肌荒れをしているうちは、汗などでかゆみやピリピリ感が発生するので最初の1年の夏は苦戦しました。
なんとか濡れハンカチ、濡れタオルを携帯して乗り切りました。

・湯シャン
シャンプーのすすぎ湯やリンス・トリートメントも肌にダメージとなることが分かりました。
なので湯シャンに挑戦してみました。丁寧にブラッシングをしたり、手ぬぐいなどで髪を小束に分けてぬぐってベタつきを防止しました。
最初の2ヶ月は濡れているうちはニオイましたが、半年もすると改善しました。
常在菌が肌や頭皮を守ってくれていることがよく分かりました。

・湯と手ぬぐいだけで体を洗う
背中のニキビも改善したかったので、湯と手ぬぐいだけで体を洗ってみました。
当時の私は常在菌のバランスが乱れていたので、一度マラセチアの異常繁殖を起こし、胸の間にシミができました。
しかししばらくすると治りました。
ボディケアを念入りにされている方は徐々に入った方がよいかと思います。

・ビタミンをしっかり取る
湯シャンや肌断食だけでもニキビや赤みが改善していったのですが、口の周りの乾燥がなかなか改善しませんでした。
調べてみるとストレスによる活性酸素の影響もあるとのこと。
しばらくはビタミンCサプリを3時間おきに取ることで対策し口の周りの乾燥を和らげました。
口の周りの乾燥がひいてくると食生活に気をつけ、ビタミン豊富な野菜などをしっかり取るようにすると発生しなくなりました。

・生活習慣を整える
運動不足だと太るだけでなく、顔の筋肉もたるむということが分かりました。
通勤時はなるべく階段を使う、歩くなど工夫し、スロースクワットなど代謝を促す運動を取り入れてみました。
さらに夜中ダラダラとゲームをして睡眠不足になっていたのを改めました。

肌荒れ対策の結果

これだけやると、徐々に肌が健康になっていきました。

女優さんとか、生まれつき肌がきれいな人に比べたら劣ると思いますが、私の生まれ持った肌力の中では、きれいになった方だと思います。

 
※左:実践前  右:実践後

ただ、肌はきれいになったものの、私はズボラなのでトータルで見るとまだきれいになったとは言えません。

髪がボサボサのまま通勤したりすることがあるので、徐々にでも改めて行こうと思います。
髪がボサボサのままだと老けて見えますし、ズボラな生活が丸見え。

きれいになりたい人は髪の毛も整えてお出かけ下さいね!
洗髪の後、乾かして整えておくと寝癖が直しやすいですよ!



関連記事

生理中のお尻かぶれ

先日、地球洗い隊さんに注文した布ナプキンが届きました。 今までの布ナプキンは2つを2年以上敵の

記事を読む

肌が乾燥する原因と対策

大分暖かくなってきましたね。 桜も咲き始め、春を感じております。 ところで春になると肌が乾燥

記事を読む

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです。 肌がいたんでいるというこ

記事を読む

保湿は天然オイルよりもワセリンを

マイルドな洗い心地で、洗浄力が低い洗顔料やクレンジング剤が流行しています。 つまり保湿機能のある洗

記事を読む

花粉症による肌荒れに注意!

4月に入り、少しずつ暖かくなってきましたね。 桜もチラホラ咲き始めて心地よい季節♪ のはずが

記事を読む

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われがちですが、実は冬に肌がカサつく

記事を読む

no image

気がついたらワセリンがいらない唇に

非接触生活では肌が乾燥して粉吹したり皮むけしたりする場合は、何かで間接接触があるとされています。

記事を読む

no image

冷えのぼせ体質は足元を温めよう

う~寒い!寒い! 自宅で作業をしていても、足元が冷えます。 は!寒いと思った時点でストレ

記事を読む

肌荒れしやすい人はティッシュに注意!

昨日はうっかり鼻かみ用のハンカチを忘れて出勤してしまいました。 こういうときのために、カバンの中に

記事を読む

顔ダニって何?ニキビ菌?

ねえねえ、顔ダニって知ってる? 今日の昼の番組でやっていたのだけど、顔ダニって誰の肌にもいるみ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑