*

湯シャン・肌断食5年以上39歳の状態

公開日: : 最終更新日:2018/05/21 肌の記録, 湯シャン・水洗顔・肌断食全般

湯シャン、水洗顔を含む肌断食を実践して5年以上。
とうとう先日、39歳になりました。

後1年で40歳ですが、20代の頃よりもきれいな肌で、シミ、しわもなく快適な素肌を保っています。
たるみの方はごくごく軽症ですが、全身運動などで気を付けていきたいと思っています。

40歳になるのが今から楽しみですが、39歳もじっくりと楽しみながら生きたいと思っています。
そんな39歳になった時点の肌はこんな感じです。


顔の中央。
冬になるとみかんやカボチャを多めに食べて風邪を予防するので黄色くなってしまいました。
この黄色はカロテンの色素。病気ではありません。
肌自体にトラブルはなく、安定した状態を保っています。
毛穴も私にしてはずいぶん目立たなくなったものです。


顔の左頬。
赤ちゃんの頃にかぐってできたシミもずいぶん薄くなったものです。
マフラーを雑に扱ったせいかできてしまったニキビもすぐにひきました。
冬の防寒は肌に触れる部分が多いので、こまめに洗濯して肌にダメージがないよう気をつけましょう。
マスクも洗える綿タイプがいいです。


右の頬。
ニキビや赤み等の肌荒れもなく、滑らかさを保っています。

遺伝さえもクリアしてしまった湯シャンと肌断食

私の家系はキメが粗く、ニキビができやすい家系です。
美肌とは程遠い家系ですが、湯シャンや肌断食を続けて、肌へのダメージを抑えているとこんなに改善しました。

元々キメが細かい家系の人には及ばなくても、自分としたらずいぶんとキメが改善してきたものだと思っています。
遺伝的要素もあり肌荒れしやすい肌(もともと強くない肌)なので、湯シャンや肌断食以外にも、防寒具に気をつけたり、手で顔を触らないなど、引き続き気を付けていきます。

遺伝の要素もクリアしてしまう湯シャン・肌断食。
私にとっては一生続けたい美容法であります。
手間いらずで経済的なところも続けられる要素であります。

米ぬかの粉末を適度に使っています

ちなみに最近、とれるNo.1の頻度が増えています。
朝はまったく使わず水洗顔だけなのですが、夜に使うとサッパリします。
とはいえ、頻繁に使うとクセになるので最低でも1日はあけております。

とれるNo.1は米ぬかと麦ぬかでできている粉末なので、わりと安心して使えます。
肌に影響を及ぼさずに、テカリをとってくれるのは助かります。

つっぱったりカサつかないのも助かります。
肌の常在菌環境にも影響しにくいので安心。

なお、最近、運動不足。
飲食も多い年末なのでむくみがち。
むくみとたるみは、最も年齢を感じさせる要素なので気を付けていきたいと思います。



関連記事

水洗顔実践者のための顔剃り・シェービング法

水洗顔を実践していて気になるものの1つはシェービングの方法。 男性の方など、毎日にようにひげ剃

記事を読む

肌荒れしやすい人はお泊り注意!

会社でも、友人宅でも、旅行先でも、肌荒れしやすい人がお泊りする時は気をつける点があります。 大

記事を読む

汚肌改善までを振り返る

私はこれまで汚肌遺伝子に再々絶望してきました。 小さい頃に母親の顔を見て、ああ、汚いなあと思ったこ

記事を読む

口周りの肌荒れ(赤み)には

2014年10月末口周りがまた荒れてしまいました。 振り返れば冷却美容に甘えすぎていた様子。

記事を読む

水洗顔と湯シャンは併用がいい理由

吹き出物やニキビは皮膚の弱い場所から出てきます。 顔、背中、胸など皮膚の柔らかい部分に出やすい

記事を読む

肌断食と湯シャン5年半の経過報告

肌断食と湯シャンを始めて5年半がたちました。 朝晩ともにぬるま湯だけで洗顔。 湯だけで洗髪。

記事を読む

湯シャンと肌断食6年経過時点

湯シャンと肌断食6年が経過しました。 ここまで長く続けられた美容法はこれまでにありません。 何も

記事を読む

角質培養:頬ずりで皮剥け

21日、22日とお泊まりに出かけてきました。 お泊りで彼氏と頬ずりをしてしまい、右の頬がこすれ

記事を読む

肌断食経過:見た目は変わりませんが・・・

本日の肌断食経過報告です。 肌の見た目はほとんど変わらないのですが、 手触りが段々と滑らかになっ

記事を読む

no image

長湯による肌トラブル注意!

水洗顔や肌断食はじめに見舞われる角栓。 そして湯シャンのフケ対策。 湯船に浸かってふやかして

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑