*

老け顔の原因と改善

公開日: : 最終更新日:2017/10/03 たるみ、ほうれい線

様々な年齢の身近な人を見てみると老け顔の人とそうでない人といらっしゃいます。

結婚して子育ての悩みなどで大変だから老けるのかと思ったら、既婚者でも若々しい人がいたりします。
逆に独身でもなぜか老け顔の人もいらっしゃいます。

じゃあ、苦労をしているから老け顔なのかっていうと、知り合いの美容師さんは苦労をしているにも関わらず年齢より若く見えます。
この方は苦労をしているのですが、心は前向きで打たれ強いものをお持ちです。

結局、顔って内面的なものや生活習慣が出てしまうのですね。
いつも不満を抱いていて苦しい、苦しいと思いながら生きていれば、眉間にシワが寄り老けて見えるケースもよくみられます。
そして慢性的な運動不足の方や笑顔が少ない人は、顔の筋肉が落ちているのでたるんで見えます。
ブルドッグ顔とか頬が落ちたような顔は、シワどころではなく老けて見えますね。

老け顔の原因

1.しかめっ面のクセがついている
2.夏などまぶしいのを我慢する
3.笑顔が少ない
4.常にストレスにさらされ気力がない
5.運動不足でたるんでいる
6.病気で老けてしまった
7.髪がボサボサ
8.目の下にクマやたるみ

老け顔の改善法

1.真剣な顔やしかめっ面をできるだけしない
真剣な顔やしかめっ面をしたからと言って事態がよくなるわけではありません。

2.眩しいときは日傘やサングラスでカバー
紫外線のダメージも大きいし、眩しくてしかめっ面になるとそのクセがついてしまいます。

3.楽しいことをいっぱいして笑顔でいよう
笑顔が多い人は若々しく見えます。
自分が好きな活動をしていっぱい楽しみましょう。

4.自分に合うストレス対策をしましょう
→詳しくはこちらの記事をご覧ください。

5.適度に運動しましょう
運動不足はたるみの原因。
テレビを見ながらせんべいを食べているような日が多いと老けてしまいます。
散歩や踏み台昇降、スクワットなどもよいでしょう。
適度な運動は細胞の新陳代謝を活性化しますので若々しさを保つのに打ってつけです。
(ただし無理な運動は逆にストレスとなり血中の活性酸素を増やしてしまいます)

6.まずは病気を治しましょう
病気は早期発見・早期治療が望ましい。

7.ツヤのある髪にして整えましょう
シャンプーやトリートメントなどの界面活性剤は使いすぎると髪や頭皮、そして肌をいためてしまいます。
傷んだ髪でボサボサだと老けて見えるので、ヘアケアは控えめにして髪はいつも整えておきましょう。
その日の気分で髪形を変えるのもいいですね。

8.睡眠時間を十分に確保しましょう(できたら1日8時間)
現代人は仕事を持ちながら家事・育児に追われたり、残業・休日出勤などで忙しい。
その中でも無理をせず睡眠時間を十分に確保することでクマや目の下のたるみ対策ができます。
また、十分な睡眠で細胞の新陳代謝を正常化し老けにくくします。

どうしても睡眠時間が取れなくてクマやたるみが出てしまった場合は、目の付近にホットタオルをのせて血行を改善するという方法がありますが、それも時間が取れてこその話。

兼業主婦でも若々しい方は時間にゆとりのある方だったり、活動的な人であります。
(職場にいる若々しい既婚者さんに話を聞いてみると、どちらかの親が子育てをサポートしているようです)
独身でも老けている人は、時間に追われていたり、不安やストレスが多い人のようです。
この際、環境を変えるのも一つの手かもしれませんね。



関連記事

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、顔にもたるみが出てきます。

記事を読む

頬のたるみ経過と顔のセルライト

7月ももうしっかり下旬。 湯シャン、水洗顔、肌断食を実践して1年と10ヶ月になります。 そして表

記事を読む

no image

手作り踏み台で踏み台昇降

これまで分厚い本を積み重ねてから踏み台昇降をしていたのですが、本がずれてきて再々直しながら踏み台昇降

記事を読む

no image

帯状毛穴はたるみによる小じわ

皆さまは帯状毛穴という言葉を聞いたことがありますか? 帯状毛穴とは、線と線でつながった毛穴。

記事を読む

目の下のたるみ・クマ注意報

事務職は、目のクマや目の下のたるみができやすい傾向にあります。 まず、1日の多くをイスに座り、

記事を読む

顔のたるみ・ほうれい線対策

顔のたるみ、ほうれい線対策のストロビクスを始めてとうとう1ヶ月経ちました。 ストロビクスとはス

記事を読む

肌断食でシワは改善する?

湯シャンや肌断食は、肌にダメージとなるものを触れさせないことで肌荒れの改善を図るもの。 では、

記事を読む

顔のシワ別原因と対策

人は年齢を重ねるにつれてシワが少しずつ現れていきます。 現在の40代を見てみると、シワが多い人と少

記事を読む

no image

コマ切れ時間に顔ダンス♪たるみ、ほうれい線対策

表情筋運動は、たるみ、法令線、口角に効果的ですが、手間がかかると3日坊主になる人も多い。 風呂

記事を読む

ストレスや不眠の肌荒れ対策

肌荒れの対策には、休養、栄養、運動が必要。 しかし、現代のストレス社会では、交感神経と副交感神

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑