*

顔汗による肌荒れ悪化に注意!

公開日: : 最終更新日:2017/08/02 湯シャン・水洗顔・肌断食全般

前回のブログの更新から早1ヶ月。
皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

こちら、あまり変わりなく過ごしております。
相変わらず肌断食を続けておりますが、今のところ変化なし。

肌が荒れる気配もなく、安定した日々を送っています。

完全湯シャン。
完全水洗顔。
完全湯洗体。

あと2~3ヶ月で肌断食も5年を迎えます。
肌断食、水洗顔と言えば最初の数ヶ月は角栓などで大変なのですが、遠い昔のように思えます。

現在、肌はサラサラ。
べたつきもせず、カサつきもせず。
角栓もあまりできません。

顔汗による肌荒れ悪化に注意!

しかし暑い夏がやってくると、顔にダラダラと汗が。
まあ、濡れたタオルなどを携帯して拭けばいいのですが、なかなか面倒くさいですね。
でもずっと不快感があるのもなんだし、早めに対策しております。

汗をかく時期がやってくると、なぜか赤みなどの肌荒れで悩む人が増えやすい様子。
私も経験あるのですが、こういった場合は元々肌がいたんでいて、それが汗による刺激で余計にピリピリしやすいようです。
さらに顔がピリピリすると触ってしまうので余計に悪い方向に…

汗をかきやすい時期は、肌荒れを悪化させやすい時期なので気を付けてくださいね。
早めに汗を流したり、濡れタオルで拭いたりして対策しましょう。
制汗剤(デオドラントスプレーなど)は肌をいためる原因になるので、肌荒れしやすい人は控えてくださいね。

一方肌がいたんでいないと汗をかいてもピリピリしません。
(でも早く汗を落としたいですが)
肌荒れが改善していると、かなり楽です。

肌荒れが改善するまで大変かと思いますが、この夏を乗り切りましょう!

しっかり水分を取り、適度にエアコンをつけ、熱中症などには気を付けてくださいね。
暑さや体調不良のストレスも肌に響きます。

 

毎年同じようなことを書いているような気もしますが、とりあえず近況報告でした♪

4年以上も肌断食を続けていると、さすがに肌に変化はありません。
(よって書くことも変化がなくなってきました^^;)

肌断食は手間いらずで経済的なので、やはり助かります。
化粧品を使っても変わらないし、肌が弱い人にはこの方が安定するみたいです。
まあ、今の化粧品は大分進化して肌へのダメージも大分和らげられているようですが…

皆さまも快適な素肌でありますように…



関連記事

湯シャン・肌断食5年以上39歳の状態

湯シャン、水洗顔を含む肌断食を実践して5年以上。 とうとう先日、39歳になりました。 後1年

記事を読む

no image

あごニキビ対策に湯シャンと水洗顔

私が20代から30歳くらいまでのこと。 ひどい顎ニキビに悩まされていました。 ※どれだけひど

記事を読む

広まりつつある「何もつけない」美肌ケア

私のところに、こまめに肌断食の経過や相談を送ってくださる方がいらっしゃいます。 その方が最近読

記事を読む

no image

湯シャン・水洗顔にクレイやガスールはセーフ?!

湯シャンや水洗顔でクレイやガスールを使われる方もいらっしゃいます。 特に湯シャン初期では、クレ

記事を読む

水洗顔実践者のための顔剃り・シェービング法

水洗顔を実践していて気になるものの1つはシェービングの方法。 男性の方など、毎日にようにひげ剃

記事を読む

非接触生活挫折の理由

こんなタイトルで始まりましたが、私が非接触生活をやめたわけではありません。 今日は非接触生活挫折者

記事を読む

キャリアオイルなら大丈夫?

自然派志向の方に人気なキャリアオイル。 天然100%だから安心と思い込んで使っている方もいらっ

記事を読む

湯シャンは子どもも実践できる?

湯シャンは子どもでも実践可能です。 非接触皮膚科学のメルマガをお読みの方はご存知だと思いますが

記事を読む

肌断食に合う、合わないはあるのか

基本的に、肌断食には合う・合わないはありません。 ただ、やり方によっても違いますし、日頃のメイ

記事を読む

私が化粧品を使わない理由

湯シャン、水洗顔、肌断食を実践すること2年半以上経過しました。 化粧品や洗浄剤を使わない生活の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑