*

多血症も赤ら顔の原因に

公開日: : 最終更新日:2017/06/06 肌の記録, 赤ら顔・くすみ

暑くなり、汗をかく時期になると、水分が不足気味になってきます。
水分が不足すると、血液が濃くなります。

こういった原因が重なり、多血症(血中の赤血球が多い状態)となる人もいらっしゃいます。
顔が部分的に赤い場合は肌へのダメージが主な原因ですが、顔が全体的(もしくは広範囲)に赤い場合は多血症や古血(血の滞り)にも注意
多血症となると赤ら顔の原因になりますので水分はしっかりとってくださいね。

古血の場合はさらに深刻で顔が赤黒くなります。
水分補給に加え、十分な運動も不可欠です。

なお、水分といってもお茶やコーヒーなど利尿作用があるものは返ってマイナスになることがあります。
ミネラルウォーターや浄水などの水がおススメですが、電解質も一緒に補給してくれるスポーツドリンクを適量とってもよいですね。

さてさて久しぶりの肌の経過写真です。
ピルをやめて2週間がたちました。
生理周期でいうと一番肌がきれいな時期です。

ピルをやめて2週間の肌


まずは正面。
少しふっくらしていますが、明るい肌色で滑らかです。
安静にしているせいか赤ら顔でもなくちょうどいい感じです。


左頬。
久しぶりに自分の顔を鏡でしっかり見てみると、ほとんどと言っていいほどシミが消えています。
このシミは約1センチほどあり、私が赤ちゃんの時にかぐってできた傷のシミなので薄くはなってももう治らないと思っていました。
うっすらと名残らしきものはありますが、よ~く近づいてみないと全く分かりません。
肌へのダメージがなくなるとシミは消えると言われていますが、本当だと実感しました。


こちらが右の頬です。
相変わらず安定しています。

そんなこんなでピルをやめて2週間たち、肌が少しずつ自分の肌に戻ろうとしているのを感じます。
ピルを飲むとホルモンバランスが一定に保たれ、皮脂も一定になるので管理は楽なのですが、何分にも肌に変化がないのは面白味がありません。
しっとりとした時期もあれば、サラッとした時期もある。
こんな自然な感じがないとなんだか寂しいし、飽きてしまいます。
あと、赤ら顔のときがあるのも気になっていました。

多血症は赤ら顔の原因に

ピルの服用と関係ないかもしれませんが、赤血球、ヘモグロビン、ヘマトクリットが規定値を少し超え、ピルをやめました。
いわゆる軽度の多血症ですが、ピルを飲んでいると生理が軽くなり出血量も少なくなるのでそれも関係していたかもしれません。
(逆に貧血気味の人にはいいそうです)

私はもともと貧血とは縁がなく、どちらかというと上記の数値が高い方でした。
ただし規定値を超えることはありませんでした。
その数値がピルを服用するようになってから徐々に上がり、規定値を超えてしまいました、

婦人科の先生から止められたわけではないのですが、多血症は赤ら顔の原因ともなります。
私は明るい肌色を維持したいので軽症のうちにやめておこうと思いました。

私のように多血気味の人は、肌へのダメージがなくても赤ら顔になりやすいので水分補給は重要です。
特に夏がきて汗をかく時期になると水分が不足気味になるので気をつけたいところです。

また、健康な血の方は時々献血などで血を抜いてもらうのもよいかと思います。
社会貢献もでき、血液検査の結果も自宅に郵送してくれるので一石二鳥です。

なお、女性は月に一度古い血を排出できるので助かりますね。
でも生理頼みではなく、食事や運動、水分補給など生活には気をつけたいところです。
長時間同じ姿勢の作業も血流が滞る原因なので、適度に体を動かしたいものです。
余分な血が溜まったらそれだけ生理がしんどいものになるのですから。



関連記事

冷却美容を実践していると

最近は冷却美容にハマり状態。 夜は暇さえあれば保冷剤で冷却。 それが冷却美容を始めてから、ど

記事を読む

頬のたるみ経過と顔のセルライト

7月ももうしっかり下旬。 湯シャン、水洗顔、肌断食を実践して1年と10ヶ月になります。 そして表

記事を読む

春の乾燥肌対策

皆さま、お元気ですか? 前回の更新からちょっと時間がたっちゃいました。 春ですね!4月ですね

記事を読む

シミを消す近道は?

湯シャンと肌断食を始めると、ニキビや赤みなどの肌荒れは短期間で改善されやすい傾向にあります。

記事を読む

鼻の毛穴の状態(いちご鼻改善)

今日は鼻の毛穴の状態を撮ってみました。 化粧品を使っている頃は、本当に黒いボチボチがいっぱいで

記事を読む

お風呂に入らなかった翌日の肌

昨日は火傷をしてしまったので、お風呂はお休み。 火傷をしていると温かい湯がかかると痛いから、夜

記事を読む

肌断食3年半経過:現在の肌の状態

久しぶりにゆっくりの朝。 余裕があったので顔の肌の写真を撮ってみました。 肌断食も3年半。

記事を読む

ストレスや不眠の肌荒れ対策

肌荒れの対策には、休養、栄養、運動が必要。 しかし、現代のストレス社会では、交感神経と副交感神

記事を読む

接触性皮膚炎:手で触ると肌荒れ

接触性皮膚炎や酒さは、手で触っただけで荒れてしまう場合があります。 手に刺激物がついているのも

記事を読む

湯シャンと肌断食5年経過しました

2012年の10月に湯シャンと肌断食を開始して5年が経ちました。 始めた頃は髪や肌に変化が見ら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シミを消す近道は?

湯シャンと肌断食を始めると、ニキビや赤みなどの肌荒れは短期間で改善され

肌が乾燥しやすい季節どう乗り越える?

11月ももう下旬。 街を歩くともうコートの人もいらっしゃいます。

白髪染め後のシャンプーどうする?

35歳を過ぎると白髪がチラホラ出てくる人が増えてきます。 なので、白

ストレスや不眠の肌荒れ対策

肌荒れの対策には、休養、栄養、運動が必要。 しかし、現代のストレ

湯シャンと肌断食6年経過時点

湯シャンと肌断食6年が経過しました。 ここまで長く続けられた美容法は

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑