*

紫外線アレルギーに注意!

公開日: : 紫外線対策, 肌荒れ

紫外線が強くなってきた5月。
この頃から紫外線アレルギーの方がチラホラと出てきます。

紫外線アレルギーとは、その名のとおり紫外線で肌が何らかの反応を起こすこと。
赤みや湿疹、かゆみなどの症状が出てきます。
日光湿疹とも呼ばれています。

この紫外線アレルギーは、汗でもかけば傷んだ肌に刺激となりピリピリ感が出てきます。
ただでさえ赤みやかゆみなどでしんどいのに、さらに刺激がかかると不快感が増します。

暖かい気候になるほど紫外線アレルギーの方にとって過ごしにくくなります。

紫外線アレルギーの原因

紫外線アレルギーの直接の原因は紫外線ですが、そうなる前に実は紫外線アレルギーを起こしやすい肌質・体質にしてしまっているものがあります。

1.遺伝的体質
遺伝的に紫外線に弱い体質の方もいらっしゃいます。
また、生まれつき肌のバリア機能(肌表面の防御力・キメ)が弱い人もいらっしゃいます。
そのような方は紫外線のダメージをもろに受けやすいので紫外線対策は万全にしましょう。

2.メイク・基礎化粧品
肌が弱い人にとってメイクや基礎化粧品の使いすぎは肌の防御力をさらに低下させる原因となってしまいます。
もちろん、洗顔料やクレンジング剤なども肌をいため、肌の防御力を低下させる原因となります。

3.日焼け止め
日焼け止めも肌をいためるものの1つです。
海水浴などのレジャーには必要と言われていますが、現在は肌へのダメージがない日焼け止めは販売されていません。

紫外線対策どうすれば?

できる限り日傘や帽子、サングラス、そしてなるべく陰を歩くことを心がけてください。

すでに日光湿疹、紫外線アレルギーを発症している人は、大事を取って綿マスクを洗ってから使うのもアリです。
ただし、暑さで蒸れて汗をかくと肌がピリピリしたり、赤みが出やすいのでその辺は様子を見ながら調整してみてくださいね。

日傘は遮光率が高いものを選び、布地の隙間から日光の光が差し込んでくるものは避けましょう。

また、サングラスで目を守ることも必要です。
白内障や角膜炎など目の病気を防いでくれます。

なお、海水浴や登山など長時間紫外線に当たる場合は、日焼け止めが必要と言われていますが、日焼け止めをつけても完全には紫外線のダメージを防げません。
また、日焼け止めのダメージもあり、肌へのダメージは多大なものとなります。

紫外線アレルギーの方は海水浴や登山など長時間紫外線にあたる活動は避けた方がよいでしょう。

紫外線アレルギーでない人も長時間紫外線にあたる活動をしないに越したことはありません。
なるべく室内で過ごしたり、外出時は長袖パーカー、遮光率の高い日傘などで紫外線を防ぎましょう。

紫外線対策なしはNG


これからの季節、日傘も帽子もなしの外出は、肌にきびしいものとなります。
健康な肌でもきびしく、荒れた肌にはもっときびしいものに違いありません。
肌荒れがある人、肌荒れしやすい人は、紫外線対策は必須です。

ただし、日焼け止めを使えとは言いません。
だって日焼け止めも肌へのダメージが大きいのですから。

大切なのは、肌への負担をかけない紫外線対策です。
しつこいようですが、普段の生活では、紫外線の多い時間帯を避けたり、陰を歩いたり、遮光率の高い日傘、サングラス、長袖パーカーなどで工夫しましょう。

すでに紫外線アレルギーの方は綿マスクもありですが、熱で蒸れて汗をかくと逆に刺激で赤くなりやすいので、様子をみながら対策しましょう。



関連記事

no image

男性の肌の悩み:ひげ剃りに注意!

男性はいいな~。 化粧しなくてもいいんだから手間いらずだよね。 いつでもどこでも水洗顔できて、さ

記事を読む

no image

屋外で働く人の紫外線対策を考える

最近、外での仕事が多い方から、日焼け止めについてお便りを頂きました。 屋内生活がメインの人は日

記事を読む

冬は乾燥の季節?

冬は空気が乾燥するから肌も乾燥すると多くの人が思い込んでいます。 しかし非接触によると、冬の空

記事を読む

no image

瘀血による肌荒れに注意!

皆さまは「瘀血」というものをご存知でしょうか? 瘀血とは汚れた血。体内にとどってしまってドロド

記事を読む

手作り化粧水は効果あり?!

時々、手作り化粧水について質問がきます。 「界面活性剤の入っていない化粧水を作ってみたのですが

記事を読む

夏の肌荒れ注意報

突然ですが、夏は肌荒れの季節です。 それを言ってしまえば、寒い冬も肌荒れの季節じゃないか!

記事を読む

接触性皮膚炎:手で触ると肌荒れ

接触性皮膚炎や酒さは、手で触っただけで荒れてしまう場合があります。 手に刺激物がついているのも

記事を読む

ストレスや不眠の肌荒れ対策

肌荒れの対策には、休養、栄養、運動が必要。 しかし、現代のストレス社会では、交感神経と副交感神

記事を読む

春の乾燥肌対策

皆さま、お元気ですか? 前回の更新からちょっと時間がたっちゃいました。 春ですね!4月ですね

記事を読む

シミ、紫外線以前に気をつけること

段々と日差しが強くなってきていますね。 もう日傘をさして歩く方もいらっしゃるかもしれませんね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑