*

皮脂を抑えたい!皮脂腺が肥大化する原因

公開日: : 最終更新日:2017/03/06 ニキビ対策

ニキビやテカリ肌の原因の1つは、皮脂腺の肥大化だということはよく知られていることです。
そして皮脂腺が肥大化する原因は、洗顔料やクレンジング等での洗いすぎということが徐々に広まってきました。

皮脂は取れば取るほど、肌は皮脂が必要だと判断してより皮脂を分泌するようになります。

本人は皮脂を抑えたいと思って洗顔料などを使っているのに、皮肉なことに肌自体が皮脂が必要だと判断してどんどん分泌します。
ダブル洗顔など「皮脂をどんどん分泌してくれ」と言っているようなものです。

このような皮脂のメカニズムが徐々に広まり、水洗顔を取り入れる人が増えてきています。

しかし、皮脂腺が肥大化する原因は、洗顔のしすぎ以外にもあったのです。

皮脂腺が肥大化する原因

・不規則な生活、睡眠不足、心労、疲労などのストレス
不規則な生活や心労・疲労などでストレスが重なっていくと、抗ストレスホルモンのコルチゾールが過剰に分泌されるようになります。

コルチゾールはストレスに対抗してくれるホルモンなので一定量必要なのですが、多くなりすぎると男性ホルモンも多く分泌されるようになります。

その影響により皮脂の分泌が活発となり、皮脂腺も肥大化していきます。

このようなホルモンバランスの乱れによるニキビやテカリ肌は、生活習慣を改めたり、ストレスの解消、十分な休息なども必要な対策となります。
まずは心身を落ち着けることが大切なのです。

仕事の関係上、対策が難しい場合、女性であれば低用量ピルを使ってホルモンを一定に保つという手もあります。

しかし低用量ピルで治るニキビというのは、心労や疲労、不規則な生活などによるホルモンバランスの乱れが原因なので、ピルで治った場合もその後の生活習慣、心労、疲労などには気をつけましょう。

精神的に安定しにくい方、不安症の方などは適度に気分転換をするよう心がけましょう。
ついつい無理をしがちな人も十分な休息を取ってくださいね。

写真は私が20代の時のニキビ。
無茶なスキンケアとホルモンバランスの乱れで悪化。
もう少し早く知っていれば・・・

・季節的影響 夏に皮脂腺が活性化
夏など汗をかく時期になると汗腺が活発化してきます。
それに伴い、皮脂腺も活発化。

汗をかく時期、夏にテカりやすい原因というのは汗腺もあったのです。

しかしこの原因は、洗い流せば済む原因。
メイクをされている方は無漂白ペーパーでそっと押さえて取るとよいでしょう。
※普通のティッシュは抗菌加工されているため。

日ごろから規則正しい生活を心がけ、肌にダメージを与えるようなことをしていないのであれば、季節的要因の皮脂で荒れることはありません。

・肉食中心 甘いものの取りすぎ
日頃から野菜や果物をあまりとらず肉食中心の人、甘いものが好きな人、揚げ物が好きな人は皮脂腺が肥大化しやすい傾向にあります。

しかしお肉や甘いもの、揚げ物を取るなということではありません。

お肉は肌に必要な成分も含まれていますし、揚げ物も野菜の揚げ物だと野菜の栄養の吸収をよくしてくれます。
甘いものは頭の働きをよくしてくれます。

大切なのは適切な量とバランスです。
タンパク質がいい、ビタミンがいいなどと巷では言われていますが、それぞれの栄養素は互いに影響しあって効果をなしています。
野菜や果物も取り入れて、いろいろなものを適量取るとよいでしょう。



関連記事

顔ダニって何?ニキビ菌?

ねえねえ、顔ダニって知ってる? 今日の昼の番組でやっていたのだけど、顔ダニって誰の肌にもいるみ

記事を読む

ホルモンバランス?生理前のニキビ

生理前にニキビが増える。 生理が来たらニキビがひいた。 逆に生理中にニキビができた。 こん

記事を読む

no image

肌断食・水洗顔に年齢は関係ない

最近、肌断食や水洗顔は10代でもできるの? という質問を頂きました。 肌断食や水洗顔は10代

記事を読む

ニキビがあるとモテない?

あるSNSを見ていると、ニキビはモテない要素の第1位とか、半数以上の男性がニキビのある女性を嫌うなど

記事を読む

ビタミンC粉末をカプセルで

最近、読者さんからいい事を教えていただきました。 それは、ビタミンC粉末をカプセルにして持ち歩

記事を読む

皮膚にカビが?!マラセチア(でんぷう菌)の異常繁殖

皮膚カビといわれるマラセチアの異常繁殖。 実は、多くの人がボディケアのしすぎやスキンケアのしすぎで

記事を読む

ニキビの位置から分かる対処法

同じ所に繰り返しニキビができる。 そんな経験ありませんか? 実は同じ所にニキビができるのは、

記事を読む

大人ニキビ・ストレスニキビは深呼吸で軽減

季節の変わり目やストレスなどで自律神経が乱れてしまうことがあります。 自律神経が乱れると、体調にも

記事を読む

no image

ASVCの真価を知り習慣化する

非接触からASVCを中途半端に使い、効果をあまり実感できない場合もあります。 御多分にもれず、

記事を読む

混合肌にダブル洗顔はNG

かつて美容業界では、肌質を乾燥肌、混合肌、脂性肌と3つのタイプに分けていました。 そして3つの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

湯シャンと肌断食6年経過時点

湯シャンと肌断食6年が経過しました。 ここまで長く続けられた美容法は

湯シャン実践者の白髪染め

湯シャンを実践されている方の中には白髪が気になるという方もいらっしゃる

湯シャンの温度と頻度

湯シャンの温度と頻度は、季節や髪・頭皮の状態によって異なります。

レモンやキュウリのパックは肌にいい?

レモンのパックやきゅうりのパックが一昔前に流行ったことがあります。

思春期ニキビと大人ニキビのちがい

思春期ニキビと大人ニキビの違いなんて表題をつけましたが、基本的な原因は

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑