*

肌荒れを改善するには便秘対策も

公開日: : 最終更新日:2018/01/24 ニキビ対策, 美肌の秘訣

ニキビや乾燥などの肌荒れを予防改善するには、腸を整えることが必須であります。

特に、宿便がたまっていたり、便秘をしていると、そのストレスで肌の防御力が低下するだけでなく、毒素が肌に出てしまいます。
体の不調は肌の不調となって出てしまうのです。

そうです。便秘を解消することは美肌を保つことにつながるのです。

今日は、手軽にできる便秘対策をお伝えします。

便秘の解消には食物繊維が必須

まずは、食物繊維を十分に取って下さい。
ゴボウのきんぴら、キャベツ、かぼちゃなどの野菜、納豆、サツマイモなどが食物繊維が豊富です。

みかんやバナナ、リンゴなどの果物もよいでしょう。
みかんは中の薄皮の表面についている白いのも一緒に食べることで腸をきれいにしてくれます。
ただし、みかんやバナナなどは食べ過ぎると体を冷やしてしまうので気を付けましょう。

寒い時期は、かぼちゃや鍋の野菜など温野菜も体が温まっていいですね。

大切なのは1つのものを食べすぎるのではなく、バランスよくいろんなものを食べるのが便秘解消の早道です。

なお、納豆は発酵食品で美肌の元と言われており、みそ汁と並ぶ肌に嬉しい食べ物です。

水分を十分に取る

それと、水分を十分に取って下さい。
喉がかわいたら我慢をせず、飲み物を飲みましょう。
できれば温かい飲み物がおススメです。
また、白湯は余計なものが入っていないので素早く水分補給ができます。
(お茶もよいのですが、飲みすぎると利尿作用で多く水分が排出されるため)

便秘を解消する運動

散歩でもいい、踏み台昇降などの室内でできる運動でもいい。
1日のうちに運動する時間を設けるとよいでしょう。

また、ダンベルを持って体を左右にひねる運動は、腸を刺激してくれるので便秘に効果的です。

なお、便秘対策は、運動だけとか、食べ物だけとか何か1つの対策だけを行うのでなく、組み合わせて行うことで効果を発揮してくれます。

運動で腸の働きを活発にすることと、食事や水分で便を滑りやすくすることが大切です。
いくら腸が活発でも水分がないカラカラ便であれば単なるオナラになってしまったり、逆にいくら水分を含んだ滑りやすい便であっても腸が活発でなければ出にくいのです。

また、ダイエットで少ししか食べない人がいますが、これも宿便が溜まりやすくなりますのでご注意ください。


あなたのお腹きれいですか?
いくら痩せていても宿便が溜まっていたら肌はボロボロ。
美肌を保つにはある程度の食事量と運動量が必要です。



関連記事

no image

汗をかく時期の肌荒れ注意報

大分暑くなってきましたね。 6月(初夏)ももう終わり。 もうすぐ夏真っ盛りの7月に入ります。

記事を読む

皮膚にカビが?!マラセチア(でんぷう菌)の異常繁殖

皮膚カビといわれるマラセチアの異常繁殖。 実は、多くの人がボディケアのしすぎやスキンケアのしすぎで

記事を読む

風邪を予防することは肌の乾燥も防ぐ

今年の冬は、風邪をひきません。 しかし職場の人は、多くがひいています。 なので、咳、くし

記事を読む

no image

洗い流さないトリートメントに注意!

このところ、「洗い流さないトリートメント ニキビ」で検索をかけてこられる方がいらっしゃいます。

記事を読む

no image

栄養ドリンク、美肌ドリンクを飲むくらいなら

先日、友人宅のおばちゃんから、オロナミンCを12本頂きました。 オロナミンCとかデカビタとか栄

記事を読む

顔のピーリング:効果と注意点

グリコール酸などのケミカルピーリングがニキビによいと言われています。 筆者もグリコール酸のピー

記事を読む

ニキビ殺菌が合う人と合わない人

ニキビ殺菌で有名なプロアクティブ。 しかしプロアクティブで改善する人と改善しない人がいらっしゃ

記事を読む

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、たるみ』の秘密」のたるみの項に、

記事を読む

混合肌にダブル洗顔はNG

かつて美容業界では、肌質を乾燥肌、混合肌、脂性肌と3つのタイプに分けていました。 そして3つの

記事を読む

体温が高いのに手足だけ冷える末端冷え性

体温が高いのになぜか手足だけ冷たい。 私は体温が、36.5~37.0度と体温は高い方。 なの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑