*

肌荒れを改善するには便秘対策も

公開日: : 最終更新日:2018/01/24 ニキビ対策, 美肌の秘訣

ニキビや乾燥などの肌荒れを予防改善するには、腸を整えることが必須であります。

特に、宿便がたまっていたり、便秘をしていると、そのストレスで肌の防御力が低下するだけでなく、毒素が肌に出てしまいます。
体の不調は肌の不調となって出てしまうのです。

そうです。便秘を解消することは美肌を保つことにつながるのです。

今日は、手軽にできる便秘対策をお伝えします。

便秘の解消には食物繊維が必須

まずは、食物繊維を十分に取って下さい。
ゴボウのきんぴら、キャベツ、かぼちゃなどの野菜、納豆、サツマイモなどが食物繊維が豊富です。

みかんやバナナ、リンゴなどの果物もよいでしょう。
みかんは中の薄皮の表面についている白いのも一緒に食べることで腸をきれいにしてくれます。
ただし、みかんやバナナなどは食べ過ぎると体を冷やしてしまうので気を付けましょう。

寒い時期は、かぼちゃや鍋の野菜など温野菜も体が温まっていいですね。

大切なのは1つのものを食べすぎるのではなく、バランスよくいろんなものを食べるのが便秘解消の早道です。

なお、納豆は発酵食品で美肌の元と言われており、みそ汁と並ぶ肌に嬉しい食べ物です。

水分を十分に取る

それと、水分を十分に取って下さい。
喉がかわいたら我慢をせず、飲み物を飲みましょう。
できれば温かい飲み物がおススメです。
また、白湯は余計なものが入っていないので素早く水分補給ができます。
(お茶もよいのですが、飲みすぎると利尿作用で多く水分が排出されるため)

便秘を解消する運動

散歩でもいい、踏み台昇降などの室内でできる運動でもいい。
1日のうちに運動する時間を設けるとよいでしょう。

また、ダンベルを持って体を左右にひねる運動は、腸を刺激してくれるので便秘に効果的です。

なお、便秘対策は、運動だけとか、食べ物だけとか何か1つの対策だけを行うのでなく、組み合わせて行うことで効果を発揮してくれます。

運動で腸の働きを活発にすることと、食事や水分で便を滑りやすくすることが大切です。
いくら腸が活発でも水分がないカラカラ便であれば単なるオナラになってしまったり、逆にいくら水分を含んだ滑りやすい便であっても腸が活発でなければ出にくいのです。

また、ダイエットで少ししか食べない人がいますが、これも宿便が溜まりやすくなりますのでご注意ください。


あなたのお腹きれいですか?
いくら痩せていても宿便が溜まっていたら肌はボロボロ。
美肌を保つにはある程度の食事量と運動量が必要です。



関連記事

no image

汗をかく時期の肌荒れ注意報

大分暑くなってきましたね。 6月(初夏)ももう終わり。 もうすぐ夏真っ盛りの7月に入ります。

記事を読む

no image

運動をすると肌にも変化が

昨日で踏み台昇降も9日目。 毎日30分は踏み台昇降しているので、ズボラな私にしてはよく続いている方

記事を読む

ニキビがあるとモテない?

あるSNSを見ていると、ニキビはモテない要素の第1位とか、半数以上の男性がニキビのある女性を嫌うなど

記事を読む

口元のニキビは胃腸に注意!

胃腸の弱い方、ストレスで胃腸に響きやすい方は口元にニキビができやすい傾向にあります。 また、現

記事を読む

ニキビと顔の湿疹:原因とケア

ニキビだと思っていたら顔の湿疹だったというケースがあります。 そしてニキビと湿疹が混合している場合

記事を読む

冬の乾燥対策

冬の乾燥対策についてもう少し補足したいことがあったので、改めてまた記事にしました。 まず、冬は

記事を読む

皮膚呼吸はウソ?!

湿潤療法とラップは、傷を早くきれいに治す治療法。 ラップをすると傷を乾燥から守るため、密閉して

記事を読む

no image

肌荒れは肌断食だけでは改善しない

時々、肌断食をしてみたものの効果が見られない、水洗顔をしたけれど肌荒れが改善しないという人がおられま

記事を読む

皮膚にカビが?!マラセチア(でんぷう菌)の異常繁殖

皮膚カビといわれるマラセチアの異常繁殖。 実は、多くの人がボディケアのしすぎやスキンケアのしすぎで

記事を読む

ピーリングの効果とデメリット

グリコール酸などのケミカルピーリングがニキビによいと言われています。 筆者もグリコール酸のピー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

肌の自然治癒力を活かす肌断食

私は以前、肌の自然治癒力を信じることもせず、いろんな化粧品に頼ってきま

湯シャンで髪の毛を増やすことはできる?

湯シャンで髪の毛を増やすことができたという体験談もあれば、いや、湯シャ

肌断食と湯シャン5年半の経過報告

肌断食と湯シャンを始めて5年半がたちました。 朝晩ともにぬるま湯

湯シャンで抜け毛が増えたら

湯シャンを3~4ヶ月続けてから、あきらめてしまう人がおられます。 多

皮膚呼吸はウソ?!

湿潤療法とラップは、傷を早くきれいに治す治療法。 ラップをすると

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑