*

湯シャン失敗例

公開日: : 湯シャン(湯だけの洗髪)

湯シャンをしていても、トリートメントやリンスは使っている。
湯シャンをしていても、ヘアスプレーやワックス、ジェルはやめられない。
こんな人が時々いらっしゃいます。

このような中途半端な状態で湯シャンを行うと、肌や頭皮、もちろん髪にもなかなか結果が出てきません。
それどころか最悪の場合、頭皮の常在菌のバランスが崩れ、頭皮に炎症などの異常が現れることがあります。

トリートメントやスタイリング剤がやめられないという方は、湯シャンはせず、まだ低刺激性のシャンプーでとどまっておいた方がよいでしょう(それでもダメージが皆無というものはないのですが)。
湯シャンするにしても、2~3日に1回はシャンプーを薄めて使う程度に留まった方が無難です。

また、湯シャンに入る前に、シャンプーに限らず、トリートメントや整髪料などのヘアケア剤を多く使ってこられた方ほど髪や頭皮がいたんでおり、湯シャン初期に苦戦される傾向にあります。

ヘアケア剤で常在菌環境が整っていない、ほぼ無菌に近い頭皮にイキナリ湯シャンは危険です。
このような場合は、1日おき、2日おきに慣れたら、3日おきなどと、徐々に湯シャンに入っていく方が無難。
頭皮の様子を見ながら、日数を調整していくとよいでしょう。

また、湯シャンの際には、洗髪直前のブラッシング、綿手袋の使用、頭皮をガリガリ掻かず揉むように洗うなど、丁寧に行う必要があります。
ハッキリ言って、湯シャン初期は通常のシャンプーより手間がかかります。

どうしてもスタイリング剤が手放せない、スタイリング剤を使っている時だけきれいな髪でもよいという場合は、無理に湯シャンせず、シャンプーを低刺激性のものに替える、シャンプーを薄めて使う、シャンプーを2~3日おきにする(頭皮の状態を見て適切な日数を)など工夫されるとよいかと思います。

why
それはヘアケア剤の使いすぎでございます。
湯シャンの中途半端な実践でも思うような結果にはなりませんのでご注意ください。



関連記事

頭皮が荒れている場合のフケ対策

シャンプーをするとシャンプー液の成分が髪をコーティングし、滑りをよくするからフケが髪に留まりにくくな

記事を読む

無シャンではなく湯シャンを

頭皮や髪には余分な成分を使わない方がいい。 シャンプーやリンスなどの界面活性剤で頭皮や肌荒れを起こ

記事を読む

湯シャンで臭い、茶色い汚れ

湯シャンで臭い、茶色い汚れ(酸化した皮脂)というのは湯シャン初期に発生しやすいものであります。

記事を読む

湯シャンのベタつき対策(とれる編)

湯シャンの補助に、とれるNo.1を使うと髪のベタつきが大分おさまります。 とれるNo.1のスプ

記事を読む

no image

髪のベタつきにとれるNo.1または小麦粉シャンプー

暑い日や湿気の多い日は、湯シャンを長期間続けている人でもベタつきが気になることがあるようです。

記事を読む

ヘアケア剤が肌荒れの原因に

肌荒れの原因として意外と知られていないのが、シャンプー、リンス、トリートメント。 そして、ムースや

記事を読む

湯シャンを適度に取り入れる場合は

11月中頃から、頭皮用シャンプーとボディソープのモニターになっています。 この度クマさん先生が

記事を読む

no image

クレイ・ガスールは肌にやさしい?!

私が化粧品を使っていて、肌荒れに悩んでいた頃、クレイにお世話になったことがあります。 クレイパ

記事を読む

湯シャンで髪が増えた(69歳)

母(69歳)は、今年の6月で湯シャン3年が経過しました。 もちろん水洗顔も行っています。 湯

記事を読む

湯シャン1年半以上の頭皮と髪

湯シャンを1年半以上続けております。 1ヶ月前にシャンプーを使っていた頃の髪、カラーをしていた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

湯シャンと肌断食6年経過時点

湯シャンと肌断食6年が経過しました。 ここまで長く続けられた美容法は

湯シャン実践者の白髪染め

湯シャンを実践されている方の中には白髪が気になるという方もいらっしゃる

湯シャンの温度と頻度

湯シャンの温度と頻度は、季節や髪・頭皮の状態によって異なります。

レモンやキュウリのパックは肌にいい?

レモンのパックやきゅうりのパックが一昔前に流行ったことがあります。

思春期ニキビと大人ニキビのちがい

思春期ニキビと大人ニキビの違いなんて表題をつけましたが、基本的な原因は

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑