*

湯シャン失敗例

公開日: : 湯シャン(湯だけの洗髪)

湯シャンをしていても、トリートメントやリンスは使っている。
湯シャンをしていても、ヘアスプレーやワックス、ジェルはやめられない。
こんな人が時々いらっしゃいます。

このような中途半端な状態で湯シャンを行うと、肌や頭皮、もちろん髪にもなかなか結果が出てきません。
それどころか最悪の場合、頭皮の常在菌のバランスが崩れ、頭皮に炎症などの異常が現れることがあります。

トリートメントやスタイリング剤がやめられないという方は、湯シャンはせず、まだ低刺激性のシャンプーでとどまっておいた方がよいでしょう(それでもダメージが皆無というものはないのですが)。
湯シャンするにしても、2~3日に1回はシャンプーを薄めて使う程度に留まった方が無難です。

また、湯シャンに入る前に、シャンプーに限らず、トリートメントや整髪料などのヘアケア剤を多く使ってこられた方ほど髪や頭皮がいたんでおり、湯シャン初期に苦戦される傾向にあります。

ヘアケア剤で常在菌環境が整っていない、ほぼ無菌に近い頭皮にイキナリ湯シャンは危険です。
このような場合は、1日おき、2日おきに慣れたら、3日おきなどと、徐々に湯シャンに入っていく方が無難。
頭皮の様子を見ながら、日数を調整していくとよいでしょう。

また、湯シャンの際には、洗髪直前のブラッシング、綿手袋の使用、頭皮をガリガリ掻かず揉むように洗うなど、丁寧に行う必要があります。
ハッキリ言って、湯シャン初期は通常のシャンプーより手間がかかります。

どうしてもスタイリング剤が手放せない、スタイリング剤を使っている時だけきれいな髪でもよいという場合は、無理に湯シャンせず、シャンプーを低刺激性のものに替える、シャンプーを薄めて使う、シャンプーを2~3日おきにする(頭皮の状態を見て適切な日数を)など工夫されるとよいかと思います。

why
それはヘアケア剤の使いすぎでございます。
湯シャンの中途半端な実践でも思うような結果にはなりませんのでご注意ください。



関連記事

ヘアケア剤が肌荒れの原因に

肌荒れの原因として意外と知られていないのが、シャンプー、リンス、トリートメント。 そして、ムースや

記事を読む

no image

湯シャン挫折防止のためのまとめ

せっかく湯シャンをはじめたのに3ヶ月で挫折。 そんな経験ありませんか? 今日は、湯シャンのコ

記事を読む

湯シャンから髪質が改善するまで

最近、湯シャンに切り替えて、肌がよくなってきたとの報告をよく頂きます。 湯シャンに切り替えてか

記事を読む

no image

湯シャン:頭を掻くとフケだらけに

このブログやエコ肌をお読みの方、湯シャン愛好家の方はすでにお気づきだと思いますが、頭をボリボリ掻くと

記事を読む

湯シャンで抜け毛が増えたら

湯シャンを3~4ヶ月続けてから、あきらめてしまう人がおられます。 多くは、ベタつきだったり、臭いだ

記事を読む

no image

クレイ・ガスールは肌にやさしい?!

私が化粧品を使っていて、肌荒れに悩んでいた頃、クレイにお世話になったことがあります。 クレイパ

記事を読む

湯シャンでくせ毛改善事例

湯シャン・水洗顔・肌断食を始めてから1年近くたつ母。 その変化は髪にも現れています。 湯シャ

記事を読む

湯シャンで髪質は改善する?

湯シャンを1年続けている方には、髪質がよくなった!と喜ばれる方と髪が傷んだままだと嘆く方がいらっしゃ

記事を読む

湯シャンで頭皮が臭い意外な原因

湯シャンを始めたものの頭皮が臭い。 湯シャンをしている友人の頭皮が臭い。 そんなケースでよく

記事を読む

無シャンではなく湯シャンを

頭皮や髪には余分な成分を使わない方がいい。 シャンプーやリンスなどの界面活性剤で頭皮や肌荒れを起こ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

40歳:湯シャンと肌断食6年以上

40歳になりました。この時点で湯シャンと肌断食6年以上。 6年

シミを消す近道は?

湯シャンと肌断食を始めると、ニキビや赤みなどの肌荒れは短期間で改善され

肌が乾燥しやすい季節どう乗り越える?

11月ももう下旬。 街を歩くともうコートの人もいらっしゃいます。

白髪染め後のシャンプーどうする?

35歳を過ぎると白髪がチラホラ出てくる人が増えてきます。 なので、白

ストレスや不眠の肌荒れ対策

肌荒れの対策には、休養、栄養、運動が必要。 しかし、現代のストレ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑