*

スキンケア製品に頼りきりはNG

公開日: : 最終更新日:2018/01/24 肌断食, 肌荒れ

ニキビ、シミ、シワ、カサつき、赤みなど。

多くの人が肌の悩みを抱えています。
そして多くの人が、ワラにもすがる思いで、スキンケア製品を選んでいます。

有効成分は配合されているか?
※配合されていても効くだけ配合されているものは少ない。
口コミはどうか?
価格は?

いろいろと選ぶ基準がそれぞれにあると思います。

スキンケア製品を全く使うなとは言いません。
(ただ、使わないに越したことはありません)

しかし、「この商品さえ使っていれば肌荒れが改善する」などと思い込み、商品に頼りっきりのケアをされている人が多いように思えます。

肌を改善するのは肌自身

肌を改善するのは、「肌」自身です。
そしてあなたのほんの少しの注意です。

スキンケア製品が肌を改善するのではありません。
スキンケア製品は、肌に影響がないように処方されています。
つまり効果がないもの。
スキンケア製品は、感触を楽しむもの。
つけて少しの間だけ見栄えがほんの少し変わるもの。

顔を手で触るクセがあれば改善しない

世の中には、アロエやコラーゲン、ヒアルロン酸などの成分が注目されています。
化粧水、クリーム、クレンジング剤、洗顔料など様々な商品に使われています。
(配合量は微々たる量ですが)

しかし、どんなによい化粧品を使っても、基本が疎かになっていては、肌は改善しません。

その基本とは、まず第一に:
日常的に顔を手で触らないこと

この基本ができていない限りは、どんなスキンケアでも肌荒れの改善は難しいでしょう。
手だけでなく、コートのファーやマフラー、マスク、かぶり物、髪なども顔に触れないように気をつけなくてはなりません。
シャンプーのすすぎ湯やシャンプー等のヘアケア剤を使った髪も顔にかかるとダメージとなります。

肌の調子が気になって、再々肌を触る人がいますが、より炎症を進行させ、肌荒れはいつまでたっても改善しません。
また、手洗いが不十分な状態でスキンケア製品を使うことでこじらせてしまうケースもあります。
スキンケアの際に手で顔を触ってニキビがあれば思わずこすってしまう人もいることでしょう。

炎症に効果があると言われるアロエを使おうがヘチマを使おうが、炎症を起こす元を断たなければ、いつまでも同じ事です。

逆に、基本ができていれば、スキンケア製品がなくとも肌を健康に保てます。
(返って使わない方がいいくらい)

touch



関連記事

no image

肌水分計の数値に振り回されない

化粧品の展示会に行くと、よく美容部員さんがいてお客様の肌水分を測定している光景を見かけます。

記事を読む

花粉症による肌荒れに注意!

4月に入り、少しずつ暖かくなってきましたね。 桜もチラホラ咲き始めて心地よい季節♪ のはずが

記事を読む

no image

オイルが合う人、合わない人

エコ肌生活記の読者様で、オイルを使うと痒みが止まりましたと仰る方がいらっしゃいました。 事実、

記事を読む

no image

肌断食で目の下のしわも治る?

昨日、「肌断食で目の下のしわも治る?」と検索をかけてこられた方がいらっしゃいました。 私の体験

記事を読む

顔のたるみ対策・エイジングケアも

肌荒れの改善だけでなく、顔のたるみ対策やエイジングケアも化粧品を使わない方法で可能です。 これ

記事を読む

肌断食初期のニキビ

肌断食をイキナリ始めて、ニキビが悪化した、乾燥した、肌荒れが悪化したという人もいらっしゃいます。

記事を読む

no image

角質を取りすぎると肌の防御力が低下する

市場には、角質クリアゲルなど角質ケアアイテムが多く出回っています。 しかしこれらのアイテムで角

記事を読む

口周りの肌荒れ、肌断食だけで改善しない時

16日付近の肌の調子はこんな感じです。 口周りの荒れ、パッと見た感じではわからないのですが、触

記事を読む

寒さ・冷えで多発する顎ニキビ

また、一段と寒くなった今日この頃。 顎ニキビについての相談も増えてきました。 そうです。

記事を読む

接触性皮膚炎:手で触ると肌荒れ

接触性皮膚炎や酒さは、手で触っただけで荒れてしまう場合があります。 手に刺激物がついているのも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

肌断食実践者の紫外線対策

肌荒れを改善したり、美肌を保とうと思えば、基本的に日焼け止めはNG。

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑