*

アロエ水、ヘチマ水は効果ある?

公開日: : 最終更新日:2016/10/01 肌断食, 肌の赤み

ニキビや赤みで悩んでいる方や、なかなか炎症が取れない方がまず検討するのがアロエ水やヘチマ水。

アロエやヘチマは、抗炎症、保湿で有名な成分であります。

そして、市場に出回っているアロエ水やヘチマ水は、他の化粧水に比べて成分数も少なく肌への負担も少ない。
アロエ水やヘチマ水を使って肌がピリピリしたとか、赤みが出たとか言う人は少ないのではないでしょうか。

ただ、これが炎症に効くかというとそうでもありません。
市場に出回っているアロエ水やヘチマ水の有効成分は微々たるもの。
使っても使わなくても、ほとんど変化がない方が多いでしょう。

アロエ水やヘチマ水は、大抵が95%くらい水。
毒にも薬にもならないもの

冷やして使えば一旦顔の炎症がひきますが、時間が経つと元通りの方が多いのではないでしょうか?

アロエ水やヘチマ水が使われる理由

それでもアロエ水やヘチマ水が使われる理由は以下の通りです。

・洗顔後何かつけなければいけないという思い込み
・何かつけていれば安心
・顔に冷たいものをつけてサッパリしたい(主に夏)
・しっとりとした感触(他の化粧品ほどではありませんが)
・使わないよりはいいかなという考え

しかし肌表面に水をつけても、何ら効果はなく、返って乾燥するだけです。

アロエやヘチマを使う以前の問題

そもそも、炎症や赤みを沈めたいなら、アロエやヘチマを使う以前に気をつけるべき点があります。

・洗顔フォームや石けん等でゴシゴシ顔を洗わない
・日常的に顔を触らない
・シャンプー液をできる限り控える
・ヘアケア剤を使う場合は髪が顔にかからないようにする
(もちろん使わないに越したことはない)
・できるだけ肌への負担をなくす
・お風呂の洗剤を使わない(アクリルたわしで洗う)

どんなに熱心にアロエ水やヘチマ水でスキンケアをしようが、肌にダメージとなるものを使っていたり、ゴシゴシ肌をこするようでは、炎症は改善しません

それよりも、まずは、肌に負担となるスキンケア製品やスキンケア方法を見直すべきだと私は考えます。

多くの人が、余計な成分が入った化粧品やヘアケア剤を使いすぎ、クレンジングや洗顔料でゴシゴシ顔を洗い、肌をいためています。
そして多くの人が、肌の調子が気になり、手で顔を触って自爆しています。

アロエを育てているなら手作りできます

上記まで市販のアロエ水やヘチマ水について述べてきました。
さて、アロエを観葉植物として育てている方もいらっしゃると思います。

アロエを育てていると、アロエの手作り化粧水(もしくはゲル)ができます。

材料は、精製水、アロエ1本、グリセリンだけ。

アロエは、トゲを取り、皮をむき、中身を出してミキサーなどで刻みます。
(愛情込めてアロエを育てている人には辛いかも)

精製水を適量容器に取り、その中にグリセリンを好みの量を入れます。
(グリセリンを多めに入れるとゲル状になります)
さらに、その中に刻んだアロエを入れるだけ。

シンプルかつ、肌へのダメージはほぼノーダメージですが、肌には何も残らない方がよいので、できるだけ洗い流されることをお勧めします。

※日持ちがしないので、少なめに作り冷蔵庫で保管。
なるべく早く使い切って下さい。

なお、筆者がニキビやてかりがひどい頃、高濃度のアロエゲルを作って使っていた頃があります。
顔がサッパリとしてテカりが和らぎました。
ただ、炎症が和らいだかというとそうでもありません。
(使用直後は炎症がひきますが、時間が経つと元通りでした)
自作するので、市販のものにありがちなベタつきもなく使い心地はよかったです。

万人に効果があるとは言いませんが、湯シャン、水洗顔をしているけど感触がほしい!という人に適しています。
また、肌の弱い人は様子を見ながら使って下さいね。



関連記事

のぼせ、うっ血、顔が赤黒い

顔の赤みは、スキンケアのしすぎが原因の場合が多い。 しかし、体質によって、顔に赤みがさすケースもよ

記事を読む

顔ダニって何?ニキビ菌?

ねえねえ、顔ダニって知ってる? 今日の昼の番組でやっていたのだけど、顔ダニって誰の肌にもいるみ

記事を読む

肌水分量を増やすのは乳液やクリーム

宇津木先生の本「宇津木式スキンケア事典 化粧品をやめると、肌はよみがえる」を読んでいると、日頃気づか

記事を読む

肌断食でビニール肌を改善するには

下の写真は、最近マイクロスコープで撮った私の頬です。 以前は、キメのないツルツルのビニール肌だ

記事を読む

no image

宇津木式で肌がボロボロ

昨日、「宇津木式で肌がボロボロ」と検索をかけて来られた人がおられました。 また、検索ワードを見ると

記事を読む

no image

エステで毛穴吸引の思い出

私が社会人になって3年くらいたった頃、エステで吸引してもらったことがあります。 はっきり言って

記事を読む

no image

酒さ?!

私は「非接触皮膚科学」のメルマガを読むのが大好きです。 最近の号である第382号 原因不明?『

記事を読む

保湿は天然オイルよりもワセリンを

マイルドな洗い心地で、洗浄力が低い洗顔料やクレンジング剤が流行しています。 つまり保湿機能のある洗

記事を読む

湯シャン、水洗顔、肌断食を続けて1年と1ヶ月・・・

湯シャン(湯だけの洗髪)、肌断食(基礎化粧品を使わない)、水洗顔(水だけで洗顔)を始めてから1年と1

記事を読む

宇津木式で顔の赤みを改善

このところ日常、水洗顔時ともに「触らない」「こすらない」を徹底中。 その甲斐あってか、汗が出て

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

肌が乾燥しやすい季節どう乗り越える?

11月ももう下旬。 街を歩くともうコートの人もいらっしゃいます。

白髪染め後のシャンプーどうする?

35歳を過ぎると白髪がチラホラ出てくる人が増えてきます。 なので、白

ストレスや不眠の肌荒れ対策

肌荒れの対策には、休養、栄養、運動が必要。 しかし、現代のストレ

湯シャンと肌断食6年経過時点

湯シャンと肌断食6年が経過しました。 ここまで長く続けられた美容法は

湯シャン実践者の白髪染め

湯シャンを実践されている方の中には白髪が気になるという方もいらっしゃる

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑