*

アロエ水、ヘチマ水は効果ある?

公開日: : 最終更新日:2016/10/01 肌断食, 肌の赤み

ニキビや赤みで悩んでいる方や、なかなか炎症が取れない方がまず検討するのがアロエ水やヘチマ水。

アロエやヘチマは、抗炎症、保湿で有名な成分であります。

そして、市場に出回っているアロエ水やヘチマ水は、他の化粧水に比べて成分数も少なく肌への負担も少ない。
アロエ水やヘチマ水を使って肌がピリピリしたとか、赤みが出たとか言う人は少ないのではないでしょうか。

ただ、これが炎症に効くかというとそうでもありません。
市場に出回っているアロエ水やヘチマ水の有効成分は微々たるもの。
使っても使わなくても、ほとんど変化がない方が多いでしょう。

アロエ水やヘチマ水は、大抵が95%くらい水。
毒にも薬にもならないもの

冷やして使えば一旦顔の炎症がひきますが、時間が経つと元通りの方が多いのではないでしょうか?

アロエ水やヘチマ水が使われる理由

それでもアロエ水やヘチマ水が使われる理由は以下の通りです。

・洗顔後何かつけなければいけないという思い込み
・何かつけていれば安心
・顔に冷たいものをつけてサッパリしたい(主に夏)
・しっとりとした感触(他の化粧品ほどではありませんが)
・使わないよりはいいかなという考え

しかし肌表面に水をつけても、何ら効果はなく、返って乾燥するだけです。

アロエやヘチマを使う以前の問題

そもそも、炎症や赤みを沈めたいなら、アロエやヘチマを使う以前に気をつけるべき点があります。

・洗顔フォームや石けん等でゴシゴシ顔を洗わない
・日常的に顔を触らない
・シャンプー液をできる限り控える
・ヘアケア剤を使う場合は髪が顔にかからないようにする
(もちろん使わないに越したことはない)
・できるだけ肌への負担をなくす
・お風呂の洗剤を使わない(アクリルたわしで洗う)

どんなに熱心にアロエ水やヘチマ水でスキンケアをしようが、肌にダメージとなるものを使っていたり、ゴシゴシ肌をこするようでは、炎症は改善しません

それよりも、まずは、肌に負担となるスキンケア製品やスキンケア方法を見直すべきだと私は考えます。

多くの人が、余計な成分が入った化粧品やヘアケア剤を使いすぎ、クレンジングや洗顔料でゴシゴシ顔を洗い、肌をいためています。
そして多くの人が、肌の調子が気になり、手で顔を触って自爆しています。

アロエを育てているなら手作りできます

上記まで市販のアロエ水やヘチマ水について述べてきました。
さて、アロエを観葉植物として育てている方もいらっしゃると思います。

アロエを育てていると、アロエの手作り化粧水(もしくはゲル)ができます。

材料は、精製水、アロエ1本、グリセリンだけ。

アロエは、トゲを取り、皮をむき、中身を出してミキサーなどで刻みます。
(愛情込めてアロエを育てている人には辛いかも)

精製水を適量容器に取り、その中にグリセリンを好みの量を入れます。
(グリセリンを多めに入れるとゲル状になります)
さらに、その中に刻んだアロエを入れるだけ。

シンプルかつ、肌へのダメージはほぼノーダメージですが、肌には何も残らない方がよいので、できるだけ洗い流されることをお勧めします。

※日持ちがしないので、少なめに作り冷蔵庫で保管。
なるべく早く使い切って下さい。

なお、筆者がニキビやてかりがひどい頃、高濃度のアロエゲルを作って使っていた頃があります。
顔がサッパリとしてテカりが和らぎました。
ただ、炎症が和らいだかというとそうでもありません。
(使用直後は炎症がひきますが、時間が経つと元通りでした)
自作するので、市販のものにありがちなベタつきもなく使い心地はよかったです。

万人に効果があるとは言いませんが、湯シャン、水洗顔をしているけど感触がほしい!という人に適しています。
また、肌の弱い人は様子を見ながら使って下さいね。



関連記事

no image

肌断食挫折について考える

私は肌断食生活2年以上しております。 理由は経費がかからないこと、肌荒れしにくいということです

記事を読む

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです。 肌がいたんでいるというこ

記事を読む

顔の汗は肌荒れの原因になる?!

暑いですね~。 今年は特にうだるような暑さ。 この季節は、外出すると顔に汗をかくことが多いか

記事を読む

湯シャン、水洗顔、肌断食を続けて1年と1ヶ月・・・

湯シャン(湯だけの洗髪)、肌断食(基礎化粧品を使わない)、水洗顔(水だけで洗顔)を始めてから1年と1

記事を読む

no image

肌断食 経過の検索結果画面にビックリ!

このブログでは、肌断食の経過を再々報告しています。 正確には肌断食はもちろん、水洗顔と湯シャンも併

記事を読む

ニキビと間違えそうな症状:蕁麻疹

蕁麻疹が出てよくニキビと間違われるケースがあります。 蕁麻疹の原因は食べ物、ストレス、寒暖など様々

記事を読む

口周りの肌荒れ(赤み)には

2014年10月末口周りがまた荒れてしまいました。 振り返れば冷却美容に甘えすぎていた様子。

記事を読む

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われがちですが、実は冬に肌がカサつく

記事を読む

冷却美容を実践していると

最近は冷却美容にハマり状態。 夜は暇さえあれば保冷剤で冷却。 それが冷却美容を始めてから、ど

記事を読む

no image

肌断食で目の下のしわも治る?

昨日、「肌断食で目の下のしわも治る?」と検索をかけてこられた方がいらっしゃいました。 私の体験

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

肌断食実践者の紫外線対策

肌荒れを改善したり、美肌を保とうと思えば、基本的に日焼け止めはNG。

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑