*

水洗顔とスプレー洗顔使い分け

公開日: : 水洗顔(ぬるま湯だけで洗顔)

水洗顔とは、水、もしくはぬるま湯だけで洗顔する方法。

石けんや洗顔フォームによるダメージがないので、弱った肌や元々弱い肌、肌荒れしやすい肌に適しています。

水洗顔は、顔にぬるま湯をパシャパシャあてる方法、水圧の弱いシャワーを顔にあてる方法、洗面器の中で顔を左右に振る方法等があります。

水洗顔は、手で顔をこすらず、ぬるま湯でしっかりと洗顔できるので、肌をいためずに汚れを落としてくれます。
また、朝晩水洗顔することで、皮脂や常在菌の入れ替えが可能です。
※洗顔料は、石けんと違い適度に皮脂を落としてくれます。

スプレー洗顔は、汗や皮脂でベタついた時に

この水洗顔の仲間にスプレー洗顔というものがあります。
スプレー洗顔とは、スプレー容器に水、もしくはミネラルウォーターを入れ、それを顔にシュッとふりかけて、その後タオルや無漂白ペーパーで水気を取る洗顔法です。

スプレー洗顔は手軽なので、外出時や忙しい時など、すぐに水洗顔できないときに役立ちます。

日中、職場や学校でテカってしまった。
でも水道で洗顔するのは恥ずかしいor面倒くさい、時間がないというとき。

外を歩いていて汗だくになり、顔がベタついて不快。
でも近くに水道がないといったとき。
※肌がいたんでいると汗が刺激となって痒みやピリピリ感が出ることがあるので、早めに流すとよいでしょう。

化粧直しで、適度に汗や皮脂を取りたいとき。
無漂白ペーパーとペアで使うと化粧直しがスムーズです。

休憩時間にリフレッシュしたいときや、涼みたいときにもいいですね。

デメリットとしては、小さなカバンでは持ち歩きにくいことでしょうか。
ミニタイプのスプレーがあるといいですね。

スプレー洗顔の注意点

このように用途が多く、手軽なスプレー洗顔ですが、朝晩の洗顔は、皮脂や常在菌を入れ替えるためにも、通常の水洗顔をされることをおすすめします。

スプレー洗顔は補助的に使うとよいでしょう。

なお、スプレー容器は、100円均一やホームセンターなどに置いてあります。
新しいものは、念のため、アクリルたわしなどで洗浄してから使いましょう
水は水道水でもミネラルウォーターでも構いません。
ミネラルウォーターで携帯すると、喉が渇いたときの飲み水にもなって便利です。

ここまでスプレー洗顔についての記事を書いてみたのですが、なるべくならやはり通常の水洗顔がオススメです。



関連記事

皮脂が多くてテカる原因

水洗顔を1年以上続けているのに、テカリが改善しない、角栓まみれという例を結構目にします。 テカ

記事を読む

no image

ぬるま湯洗顔ブツブツ、エコ肌ブツブツ

この最近の検索ワードを見てみると、「ぬるま湯洗顔 ブツブツ」で検索してこられた方と「エコ肌ブツブツ」

記事を読む

泡洗顔と水洗顔、どっちがテカりやすい?

泡洗顔は、スッキリ皮脂を流してくれます。 洗い上がりは、突っ張ったり、かさついたりする方もいらっし

記事を読む

夏の肌荒れ注意報

突然ですが、夏は肌荒れの季節です。 それを言ってしまえば、寒い冬も肌荒れの季節じゃないか!

記事を読む

現在の肌の状態(ASVC使用の非接触生活)

皆さん、こんにちは! また更新が久しぶりになっちゃいました。 非接触フェロー合格から、ほぼ毎

記事を読む

水洗顔を始めたら肌がザラザラに?!

角質クリアゲルなどの角質ケアをしていたり、クレンジング、洗顔料による洗顔をしっかりしていた人は、水洗

記事を読む

no image

エステで毛穴吸引の思い出

私が社会人になって3年くらいたった頃、エステで吸引してもらったことがあります。 はっきり言って

記事を読む

湯シャン、水洗顔、肌断食を続けて1年と1ヶ月・・・

湯シャン(湯だけの洗髪)、肌断食(基礎化粧品を使わない)、水洗顔(水だけで洗顔)を始めてから1年と1

記事を読む

ホントに水洗顔?!あれ?塩洗顔?!

私が実践している水洗顔は、水かぬるま湯だけの洗顔です。 他には何も使いません。 しかし、

記事を読む

顔のピーリング:効果と注意点

グリコール酸などのケミカルピーリングがニキビによいと言われています。 筆者もグリコール酸のピー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑