*

湯シャンにリンスはNG

公開日: : 湯シャン(湯だけの洗髪)

ネットを見ていると、肌断食や水洗顔はしているけど湯シャンはしていない人が多い。
また、湯シャンを知っていても挫折してしまった、いいのは分かっているのだけど慣れないという人が結構いらっしゃいます。

湯シャンは慣れたらとても楽で快適ですが、そこまでいくのに最短でも4~6ヶ月はかかります。
それまでは、ベタつき対策、臭い対策が大変。

洗髪前のブラッシング、髪を小束に分けて拭う(綿手袋もしくは手ぬぐいなどで)、頭皮を蒸らす、洗髪後はなるべく早く乾かすなどの対策が欠かせません。

また、シャンプーやリンスによる感触もなく、ありのままの髪(傷んだ髪)があらわになります。
手やブラシに白い粉がつくこともあるでしょう。

多くの人が、イキナリ湯シャンに入り、無理をして中途半端に続け挫折しています。

「シャンプーのすすぎ湯やシャンプーが残留した髪が肌にダメージとなること」に気付いただけでも素晴らしいことなのですが、せっかく頭皮や肌の環境を見直す機会ができたのに、もったいないです。

湯シャンは無理をしない

何事も準備段階が必要です。

挫折するくらいなら、湯シャン初期は無理をして続けないことです。

最初は1日おきからでもよいのです。
シャンプー液を使う量を減らしたり、薄めたり、すすぎをしつこくすることでも大分違います。

小麦粉シャンプーや米ぬか、ガスールなどの補助を使うのもよいですね。

肌や頭皮の改善は、完全湯シャンより遅れますが、挫折するくらいなら回り道した方がマシです。

リンスやトリートメントはシャンプー以上のダメージ

ただ、リンスやトリートメントをお使いの方には申し訳ないのですが、リンスやトリートメントはシャンプー以上のダメージなので、1日でも早くやめられた方が髪や頭皮、肌のためでもあります。

もし、湯シャンをしていてもリンスやトリートメントを使っているのであれば、湯シャンの意味はありません。

どうしても感触がほしい場合は、極力脱脂力の弱いシャンプーを使い、ワセリンを少量パサつく箇所につけておくとよいでしょう。

傷んだ髪は元には戻りませんので、新しく生えてくる髪に期待しましょう。

湯シャン状態で、新しく生え替わるときれいなツヤのある髪になります。

最後に、湯シャンは夏に始めると挫折しやすいので、夏は湯シャン準備段階程度にとどめる方が無難です。
湯シャンに慣れている方は、季節問わずずっと湯シャンでOKです。



関連記事

no image

ワセリンで髪のパサつきをケア

リンス、トリートメントをお使いの方が、湯シャンに入るとパサつきやゴワつきに見舞われることがあります。

記事を読む

no image

リンス・トリートメントは肌荒れ・頭皮荒れの元

リンスやトリートメント、スプレー、整髪料など、髪につけるもので肌荒れを起こす場合があります。

記事を読む

湯シャンで髪質は改善する?

湯シャンを1年続けている方には、髪質がよくなった!と喜ばれる方と髪が傷んだままだと嘆く方がいらっしゃ

記事を読む

獣毛ブラシの汚れもアクリルたわしで

湯シャンは肌荒れの改善や頭皮荒れの改善に効果的。 そしてその湯シャンに付き物なのが獣毛ブラシ。

記事を読む

湯シャンで臭い場合

湯シャンを始めたばかりの場合、髪や頭皮が濡れたままだと臭うことがあります。 それは、頭皮の常在

記事を読む

ヘアケア剤が肌荒れの原因に

肌荒れの原因として意外と知られていないのが、シャンプー、リンス、トリートメント。 そして、ムースや

記事を読む

湯シャンで抜け毛が増える?

湯シャン4ヶ月~6ヶ月くらいの時。 肌荒れが落ち着いてきたり(水洗顔・肌断食と併用の場合)、フケや

記事を読む

湯シャンで臭い、茶色い汚れ

湯シャンで臭い、茶色い汚れ(酸化した皮脂)というのは湯シャン初期に発生しやすいものであります。

記事を読む

no image

湯シャン:頭を掻くとフケだらけに

このブログやエコ肌をお読みの方、湯シャン愛好家の方はすでにお気づきだと思いますが、頭をボリボリ掻くと

記事を読む

no image

湯シャンをはじめて髪がきしむのは

湯シャンを始めて、しばらくは髪がきしむ方が多いようですね。 きしみはこれまで使っていたシャンプーや

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑