*

夏の肌荒れ注意報

突然ですが、夏は肌荒れの季節です。

それを言ってしまえば、寒い冬も肌荒れの季節じゃないか!
と言われそうなのですが、実は夏の方がほんの少し肌の管理が難しい季節であります。

毎日暑いですよね。

でも外出しないわけにもいきません。

外出すれば、汗をかきます。

夏の肌荒れ 主な原因

汗は、肌がいたんでいると刺激となり、ピリピリ感や痒みが出てきます
ピリピリ感や痒みが出てきたら、触らないわけにはいきませんよね。

ピリピリしたり痒みがあるところに手で触れる。
最悪こする。ニキビをつぶす。

それが肌へのダメージとなって赤みやニキビ、湿疹などの肌荒れを引き起こします。

水洗顔や肌断食に限らず、どの美容法でも成果が出にくい時であります。
この時期に何かの美容法を取り組もうとすれば高確率で挫折します。

夏の肌荒れ対策

こんな汗の季節にオススメなのが、その都度水洗顔
スッピンの人は、汗をかいてピリピリしたり痒みが出てきたら水洗顔して下さい。
その場で水洗顔できない場合は、濡れたタオルを持ち歩き、必要に応じて顔の汗を拭うとよいでしょう。

メイクをされている人は対策しにくいのですが、顔の上からフワフワッとタオルで水気を取るようにするとよいでしょう。
(できれば濡れタオルで顔の汗を拭き、後で化粧直しをされるとよいかと思います)

また、顔汗を抑えようと思えば、首に保冷剤を入れたハンカチを巻くとよいでしょう。
ネックールなども便利です。
ネックールは冷凍庫に保管し出かける前につけるとよいでしょう。

私も、まだ肌が改善していないときは、汗の季節に苦戦しておりました。
夏が来ると肌荒れで赤みだらけの顔でした。

顔を触ってはいけないと分かっているのに、痒みやピリピリ感でうまくいかず。
濡れたハンカチやタオルを持ち歩くようにして凌ぎました。

また、夏だからと言って必要以上に神経質にならないことも大切です。
気にすれば気にするほど顔を触ってしまいますからね。

新しい美容法は秋まで待とう

こういう季節は、肌がデリケートになりやすいので、ヘタに何かを使ったり、新しい美容法を取り入れたりすると悪化してしまう可能性が高いです。

新しい美容法を取り入れるなら秋まで待つとよいでしょう。
秋は湯シャンや水洗顔も比較的挫折しにくい季節であります。



関連記事

マイクロスコープでキメ撮影

今日は久々にマイクロスコープで肌を撮ってみました。 と言ってもそれほど変化はありませんでした。

記事を読む

角質培養、水洗顔のモサ(角栓)対策

昨日の記事でとれるNo.1を紹介しました。 肌荒れしやすい人のお風呂掃除にとても便利なのですが、

記事を読む

塩洗顔は肌にいい?その効果は?

思春期に塩がいいと聞いて行った塩洗顔。 しかし肌がいたんでいる自分にはピリピリ。 後で赤みもぐれ

記事を読む

no image

ワセリンについての誤解

非接触生活では乾燥によって皮むけや粉吹きが起こっている場合、ワセリンで角質をつなげておくという方法が

記事を読む

手作り化粧水は効果あり?!

時々、手作り化粧水について質問がきます。 「界面活性剤の入っていない化粧水を作ってみたのですが

記事を読む

no image

クレイ・ガスールは肌にやさしい?!

私が化粧品を使っていて、肌荒れに悩んでいた頃、クレイにお世話になったことがあります。 クレイパ

記事を読む

低用量ピルでニキビや肌荒れは改善する?

理由あって2週間前からピルを服用しております。 そうです。あの低用量ピルです。 避妊効果のあ

記事を読む

no image

ニキビや湿疹など肌荒れしやすい人はエステに注意!

私がまだ会社に入って間もない頃、エステに通っていた頃がありました。 どうしてもニキビを治したい

記事を読む

no image

肌断食の産毛そり

今日はお風呂で産毛そりをしました。 せっかく新年を迎えるのだからサッパリして過ごしたいので肌もさっ

記事を読む

混合肌にダブル洗顔はNG

かつて美容業界では、肌質を乾燥肌、混合肌、脂性肌と3つのタイプに分けていました。 そして3つの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シミを消す近道は?

湯シャンと肌断食を始めると、ニキビや赤みなどの肌荒れは短期間で改善され

肌が乾燥しやすい季節どう乗り越える?

11月ももう下旬。 街を歩くともうコートの人もいらっしゃいます。

白髪染め後のシャンプーどうする?

35歳を過ぎると白髪がチラホラ出てくる人が増えてきます。 なので、白

ストレスや不眠の肌荒れ対策

肌荒れの対策には、休養、栄養、運動が必要。 しかし、現代のストレ

湯シャンと肌断食6年経過時点

湯シャンと肌断食6年が経過しました。 ここまで長く続けられた美容法は

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑