*

ニキビの位置から分かる対処法

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 ニキビ対策

同じ所に繰り返しニキビができる。
そんな経験ありませんか?

実は同じ所にニキビができるのは、理由があるのです。

主な原因は、ニキビができる部位に肌にダメージとなるものが触れているということです。

顔の部位別直接的要因

・ひたいにニキビができる
シャンプーやリンスの成分が髪の生え際に残っていたり、シャンプーやトリートメントの成分が残留している前髪がひたいにかかることでダメージとなります。
こういうこともあるために、エコ肌・もち肌では、肌荒れの改善に湯シャンも実践しているのです。

・こめかみにニキビができる
ひたいの原因と被りますが、シャンプーやリンス、トリートメント等を使っている髪がこめかみに触れるとダメージとなり、ニキビや炎症が現れやすくなります。
こめかみは薄い皮膚なので、ニキビ等のトラブルが現れやすいのでご注意下さい。

・鼻、鼻周りにニキビができる
最近はイチゴ鼻対策などといい、鼻の毛穴ケアグッズやクレンジングが販売されています。
鼻に貼って剥がすタイプも、こすって角質を落とすタイプも肌にダメージとなるので、控えましょう。

鼻はニキビよりも黒ずみや毛穴が目立つなどの悩みが多いかと思います。
毛穴グッズは使った直後はきれいになりますが、時間が経つと元通りですし、何より肌の改善が遅れてしまうので控えましょう。

・頬にニキビができる
頬杖をついていませんか?
また、肌の調子が気になって頬を触っていませんか?
肌荒れ対策の基本は、「顔を触らない」ことです。

また、メイクや化粧品が合わない等の原因もありますのでお気をつけ下さい。

・口周りにニキビができる
食事をするときは、口の周りに食べ物がつかないよう気をつけましょう。
肉や魚のかぶりつきはNG。フォークとナイフを使ったり、箸でこいで食べましょう。

また、ストレスの多い環境下では、ニキビに限らず口の周りにトラブルが現れやすいので、湯シャンや水洗顔をしても改善しない場合は、ビタミンCの摂取を検討してもよいでしょう。
→ビタミンCの摂取についてはこちらをご覧下さい。

さらに、冬の時期、マスクで荒れてしまうことがありますので、マスクをつけるときは、ガーゼのマスクを洗って使うか、マスクの内側にガーゼを忍ばせるなどの工夫をされるとよいでしょう。

・顎にニキビができる
冬はマフラー、夏は過度な紫外線対策でニキビなどの肌荒れが起きやすい。
マフラーは柔軟剤を使わないようにし、新品は洗ってから使いましょう。
日常的な紫外線対策は、日傘と陰歩きで十分です。

また、顎を触ったり、頬杖なども、肌にダメージとなります。
掻かない、触らない、触れさせないを徹底しましょう。

ニキビが気になって触ったり、掻いたりすると悪化し、いつまでも治りません

ストレスや胃腸の不調は間接的要因

え?ストレスや胃腸の不調、睡眠不足などが出てこなかったって?
ホルモンバランスはどうしたって?

もちろん、これらも肌の調子に影響を及ぼします。

これらによって肌の防御力が低下して、ちょっと何かが触れただけでも荒れやすくなるのですが、顔の特定の部分ではなく、何かが触れた部分にできやすくなります。

ストレスや胃腸の不調、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れが生じている場合は、肌の管理がしにくくなるので、なるべく早く休息を取り、体調を整えるように心がけましょう。



関連記事

皮脂を抑えたい!皮脂腺が肥大化する原因

ニキビやテカリ肌の原因の1つは、皮脂腺の肥大化だということはよく知られていることです。 そして皮脂

記事を読む

口元のニキビは胃腸に注意!

胃腸の弱い方、ストレスで胃腸に響きやすい方は口元にニキビができやすい傾向にあります。 また、現

記事を読む

肌荒れを改善するには便秘対策も

ニキビや乾燥などの肌荒れを予防改善するには、腸を整えることが必須であります。 特に、宿便がたま

記事を読む

no image

肌断食・水洗顔に年齢は関係ない

最近、肌断食や水洗顔は10代でもできるの? という質問を頂きました。 肌断食や水洗顔は10代

記事を読む

no image

酒さ?!

私は「非接触皮膚科学」のメルマガを読むのが大好きです。 最近の号である第382号 原因不明?『

記事を読む

美肌になりたいなら肌を触らないことが大切

私は、肌をこすらない、触らないを徹底しております。 水洗顔は水圧の弱いシャワーを使い、手で顔に

記事を読む

大人ニキビ・ストレスニキビは深呼吸で軽減

季節の変わり目やストレスなどで自律神経が乱れてしまうことがあります。 自律神経が乱れると、体調にも

記事を読む

no image

馬油、ホホバ油、肌荒れの心配は?

よく髪に馬油やホホバ油をお使いの方がいらっしゃいます。 湯シャンや水洗顔愛好家の方の中にもお使いの

記事を読む

低用量ピルでニキビや肌荒れは改善する?

理由あって2週間前からピルを服用しております。 そうです。あの低用量ピルです。 避妊効果のあ

記事を読む

ビタミンC粉末をカプセルで

最近、読者さんからいい事を教えていただきました。 それは、ビタミンC粉末をカプセルにして持ち歩

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑