*

湯洗体で垢・汚れが気になったら

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 湯洗体(湯だけで体を洗う)

湯洗体とは、お湯だけで体を洗うことです。
巷ではタモリ式入浴法などと言われています。

お湯だけで体を洗うのですから、当然、石けんやボディーソープは使いません。
体をぬるま湯で流したり、湯船に浸かったりして体の汚れを落とします。

ただ、体を湯で流して、湯船で温もるというだけでは垢が溜まってしまうことがあります。
太股の付け根や下腹に茶色い垢がつくまでに対処しましょう。

湯洗体の垢対策

1.手ぬぐいで体を拭いながら洗う
2.手で体をなでながら洗う
3.たまには純石けんを使う

なるべく1か2が推奨ですが、慣れないうちや垢が気になる場合は少量の純石けんを泡立てて洗ってもよいでしょう。
小麦粉シャンプー米ぬかなどもよいですね。

ちなみに、私は3年以上、体を洗うのに石けんを使っておりません。
体を湯船の中で手で拭うので垢が気になるということはありません。
垢が気になっても、手やハンカチもしくは手ぬぐいで落とせます

湯船はなるべく10分間浸かるようにしましょう。
浸かるだけでも汚れ落ちがいいです。
ただ、のぼせないように気をつけて下さいね!

sentai
湯洗体にしてから、足のカサつきや痒みもなく快適です。

界面活性剤を使うのは油汚れの時

ただ、料理などで手の油汚れがひどいときがあります。

こういうときは、界面活性剤で油を落とします。
純石けん等で泡立てて洗います。
とれるNo.1の粉末タイプでもよいでしょう。

とれるNo.1の粉末タイプは、食器やコンロ周りのお掃除にも便利なのでキッチンに1つ置いておくと便利です。
アクリルたわしにつけて洗うと汚れ落ちがいいです。
(アクリルたわしは100円均一などで売っています)



米や麦のぬかでできた洗剤。
環境にも手にもやさしい。



関連記事

no image

湯シャン、湯洗体で見落とされがちな入浴

湯シャンや湯洗体をしていて、シャワーで済ます人もたくさんいらっしゃいます。 シャワーでも差し支

記事を読む

no image

お尻もデリケートゾーンも湯だけで洗う

湯洗体ももう1年以上・・・14ヶ月くらいになります。 始めてからずっと、お尻もデリケートゾーン

記事を読む

no image

背中や胸のベタつき・湿疹

今年の夏は汗をかくと背中や胸がベタつき、湿疹が出ることがありました。 完全湯洗体を守ってきたけ

記事を読む

手荒れしない手洗い方法

非接触生活や肌断食など、石けんなどの界面活性剤を肌に使わない生活をされている方が増えてきました。

記事を読む

入浴でアンチエイジング

夏だからといってお風呂をシャワーで済ませていませんか? 実は、湯船に10分浸かると、よいことが

記事を読む

no image

湯だけで体を洗い、ニキビ改善

手間いらずで便利な湯洗体。 湯洗体とは、石けんもボディソープも使わずに体を洗うことです。 私

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

湯シャンと肌断食6年経過時点

湯シャンと肌断食6年が経過しました。 ここまで長く続けられた美容法は

湯シャン実践者の白髪染め

湯シャンを実践されている方の中には白髪が気になるという方もいらっしゃる

湯シャンの温度と頻度

湯シャンの温度と頻度は、季節や髪・頭皮の状態によって異なります。

レモンやキュウリのパックは肌にいい?

レモンのパックやきゅうりのパックが一昔前に流行ったことがあります。

思春期ニキビと大人ニキビのちがい

思春期ニキビと大人ニキビの違いなんて表題をつけましたが、基本的な原因は

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑