*

ASVCに頼りすぎない

公開日: : 肌の赤み

非接触のコースでは、ASVC22もしくはASVC35が使われます。
※後ろの数字は濃度を表しています。
また、シミやしわなどの悩みを持ち、非接触生活だけでは改善が難しい場合にも用いられます。

このASVCというもの、日本語にすると、活性保持型高濃度ビタミンCと言います。
高濃度のビタミンCと保湿で有名なグリセリンでできています。

ビタミンC誘導体よりもはるかに高濃度です。
そして活性保持型とありますように、使用時までに劣化してしまうことなく、肌にのせて肌の温度で溶けることで活性化します。
つまり一般のものと違って高濃度、効果が出やすいように工夫されたビタミンCであります。

こんな素晴らしいものなのですが、中にはASVCに頼りすぎていたり、使用方法を間違えたりして効果を十分に出し切れていないケースも見受けられます。

非接触の基本を疎かにしていませんか?

非接触の基本と言えば、湯シャン、水洗顔(正確にはぬるま湯洗顔)、そして基礎化粧品等使わない。
柔軟剤や除菌剤、消臭剤はNG。
洗剤についても指定がありますね。
基本8項目は重要であります。

そして非接触の中でも、とても大切で難しい項目。
手で顔を触らない

上記の基本ができていない中、ASVCを使っても改善は難しいでしょう。
特にシミは、肌をいためるものがなくなればシミの必要がなくなり少しずつ消えていくという性質を持っているため、非接触の基本は重要項目であります。

しわにしてもASVCだけで予防改善できるとは考えにくく、定期的な運動やバランスの取れた食生活が重要になってきます。

ASVCを正しく使っていますか?

ASVCの基本的な使い方と言えば、こんな感じですよね。

1.顔の数か所にASVCをのせる
2.ASVCをのばす
3.シミには重ね付けをする
4.3分後に洗い流す

ですが、ASVCを使う前には必ず、手洗いと水洗顔(正しくはぬるま湯洗顔)を行いましょう。
非接触指定の洗い方(無漂白ペーパーで手を拭いながら流水で洗う)が推奨です。
手についた刺激物を落としてから使わないと、意味がありません

そして3分後には必ず洗い流す必要があります。
常在菌環境のためにもつけっぱなしにはされませんように。

肌が弱っていて3分もたたずにピリピリしてきたときや赤みが出たときは、3分待たずに洗い流しましょう。

結論として

ここまで読まれてASVCさえ使えばきれいになるというわけではないという事がお分かり頂けたと思います。

ASVCを使われるなら、非接触の基本8項目は必ず実践しましょう。
※そうでない場合も、肌荒れしやすい場合は気を付けてみてくださいね。

どんなに優れた薬であっても、使い方やその他の注意点が守られていなければ、効果は発揮してくれません。
逆効果になることもありますので、気を付けたいですね。

市販のお薬や化粧品、サプリメントも同様で、これらはあくまで私たちの体や皮膚が回復するための手助け。
大切なのは、適切なものを、適切な方法で使うという事であります。



関連記事

顔の汗は肌荒れの原因になる?!

暑いですね~。 今年は特にうだるような暑さ。 この季節は、外出すると顔に汗をかくことが多いか

記事を読む

汗は肌荒れの原因?

暑いですね。 道を歩いていたら、顔に汗がダラダラ。 汗が出たら顔に痒みやピリピリ感が。 こんな

記事を読む

no image

顔のピリピリ、痒みの原因のひとつ

顔がチクチク、ピリピリ、そして炎症。 炎症からプクッと腫れたり、ニキビまたは湿疹に進化。 そ

記事を読む

肌荒れ、赤みが治らない原因は顔を触るクセ

肌荒れや赤みの大きな原因のひとつは「顔を触る」ことであります。 せっかく湯シャンや肌断食で肌へ

記事を読む

軽いやけどに湿潤療法

昨日、餃子を蒸していたら、蒸気で軽い火傷しちゃいました。 症状は軽く、ちょっと赤いくらいだった

記事を読む

no image

男性の肌の悩み:ひげ剃りに注意!

男性はいいな~。 化粧しなくてもいいんだから手間いらずだよね。 いつでもどこでも水洗顔できて、さ

記事を読む

宇津木式で顔の赤みを改善

このところ日常、水洗顔時ともに「触らない」「こすらない」を徹底中。 その甲斐あってか、汗が出て

記事を読む

美肌になりたいなら肌を触らないことが大切

私は、肌をこすらない、触らないを徹底しております。 水洗顔は水圧の弱いシャワーを使い、手で顔に

記事を読む

赤ら顔の原因は冷えのぼせ

手足など末端だけ冷えているのに赤ら顔になる「冷えのぼせ」という症状があります。 「冷えのぼせ」

記事を読む

ニキビと顔の湿疹:原因とケア

ニキビだと思っていたら顔の湿疹だったというケースがあります。 そしてニキビと湿疹が混合している場合

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

乾燥の季節でも40代でも肌がスベスベな理由

真冬・・・乾燥の季節なのに、肌はしっとりうるおっています。 かといっ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑