*

美肌に必要なビタミンCはどれくらい?

公開日: : 最終更新日:2018/01/24 美肌の秘訣

乾燥肌対策の1つとして、ビタミンCは使い方によれば大きな効果を発揮してくれます。

しかし、多くのビタミンC製品には服用量や回数を具体的に書いていないため、効果が出ないという人も多い様子。
書かれていても無難ゾーン、誰にでも影響がない服用量が書かれています。

しかし、ビタミンCの必要量は人や環境によって大きく異なり、具体的な数字を出すことは難しいのです。

また、薬事法の関係上、1日○mg、○回などと表示してしまえば、違反になってしまいます。
※こういう表記はお薬にしかできません。

ただ、言えることは、ビタミンCの必要摂取量は人によって違い、それぞれが適切な量を摂取する必要があるという事です。

それは、少なすぎてもいけませんし、多すぎてもいけません。

バランスの良い食事だけで事足りる人もいれば、そうでない人もいらっしゃいます。
しかし現在のストレス社会では、後者の方が多いことと推測します。

ストレス耐性には個人差がある

ビタミンC粉末などでビタミンCを数時間おきに補うのは、ストレスによって生じる活性酸素を分解するためであります。
また、一度にたくさん摂ってもビタミンCは余分な分は尿として排出されるためです。

しかし、こんなもの補わなくても、人体はストレスで生じる活性酸素くらい分解できるから大丈夫という意見もあります。
確かに人体は、活性酸素を分解する機能が備わっています。

ただ、ストレス耐性や活性酸素の分解には個人差があります。
そしてストレスの多い環境か、そうでないかによっても違ってきます。

だから人によって適切な摂取量が違い、日によって適切な摂取量が違います

ビタミンCの摂取で口周りの乾燥が改善した例

筆者は、平日、ビタミンCを5回くらいに分けて摂取しています。
(3時間くらいあけています)
粉末をオブラートで包んだものを朝晩の2回。
日中の3回はカプセルです。

休日はストレスもグンと減りますので、ビタミンC粉末の摂取3回のみになります。

こんなので効果があるのかと疑われる方もいらっしゃると思います。
また、こんなの意味がない、バランスの良い食事で事足りるという専門家もいらっしゃいます。

しかし、私の体験談になりますが、ビタミンC粉末の摂取を小分けに行うようになって、口周りの乾燥や湿疹が改善しました。
冬だろうと口の周りに粉を吹くこともなくなりました。

なので、多かれ少なかれ影響はしているものと考えます。

ただ、これはあくまで筆者の例。
筆者はこれくらいがちょうどよかったということで、他の人は異なります。
筆者と同じような人もいれば、そうでない人もいらっしゃいます。

大切なのは、自分の体や環境に合う量を摂ることであり、摂りすぎることではありません。

摂りすぎても多少超えた分は、尿として排出されるので問題はありませんが、必要量を著しく超えてしまうと、下痢・吐き気などの不調を伴い、返ってビタミンCがマイナスになってしまいます。

ビタミンC不足以外に乾燥の原因があることも

繰り返しますが、上記はあくまで筆者の例であります。
口周りの乾燥や湿疹が、ストレスによるビタミンC不足にあったという事であります。

しかし、肌の乾燥の原因も人それぞれ
ビタミンC不足以外にもこんな原因があります。

・化粧品の使いすぎ
・化粧品が合わない
・化粧品を使う生活から肌断食に入ったばかり
・洗顔のしすぎもしくは洗顔料の使いすぎ
・シャンプーやリンスのすすぎ湯で肌をいためた
・タンパク質不足、無理なダイエット

肌がカサつくと思ったら、ひとつひとつ原因を見直してみるとよいでしょう。
軽度の場合は、ワセリンを薄くつけるだけで改善します。

私が使っているビタミンC粉末と、カプセルに詰める道具。
ビタミンC粉末のパッケージ、最近デザインが変わったようです。

 



関連記事

肌荒れを改善するには便秘対策も

ニキビや乾燥などの肌荒れを予防改善するには、腸を整えることが必須であります。 特に、宿便がたま

記事を読む

no image

栄養ドリンク、美肌ドリンクを飲むくらいなら

先日、友人宅のおばちゃんから、オロナミンCを12本頂きました。 オロナミンCとかデカビタとか栄

記事を読む

ぐっすり眠って肌を改善しよう

肌荒れ改善もアンチエイジングも、睡眠は避けては通れません。 今日は、睡眠が肌に及ぼす影響と、不眠症

記事を読む

no image

長湯による肌トラブル注意!

水洗顔や肌断食はじめに見舞われる角栓。 そして湯シャンのフケ対策。 湯船に浸かってふやかして

記事を読む

風邪を予防して美肌を保つ

手洗い、うがいもしないのに風邪をひかない私はかぼちゃ好き。 風邪の原因って主に、ストレスと睡眠

記事を読む

就寝時間・睡眠の質によって体調がちがう

昨夜は夜遅く(21時頃)まで窓を開けていました。 夜風が気持ちいいので、薄暗い明かりの下リラックス

記事を読む

no image

運動をすると肌にも変化が

昨日で踏み台昇降も9日目。 毎日30分は踏み台昇降しているので、ズボラな私にしてはよく続いている方

記事を読む

no image

ニキビや湿疹など肌荒れしやすい人はエステに注意!

私がまだ会社に入って間もない頃、エステに通っていた頃がありました。 どうしてもニキビを治したい

記事を読む

冬の乾燥対策

冬の乾燥対策についてもう少し補足したいことがあったので、改めてまた記事にしました。 まず、冬は

記事を読む

美肌に必要なビタミンCの摂取量

ビタミンC粉末の記事を書いて、ビタミンCは1日どれくらい摂取すればいいかという質問がよくありました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

湯シャンと肌断食6年経過時点

湯シャンと肌断食6年が経過しました。 ここまで長く続けられた美容法は

湯シャン実践者の白髪染め

湯シャンを実践されている方の中には白髪が気になるという方もいらっしゃる

湯シャンの温度と頻度

湯シャンの温度と頻度は、季節や髪・頭皮の状態によって異なります。

レモンやキュウリのパックは肌にいい?

レモンのパックやきゅうりのパックが一昔前に流行ったことがあります。

思春期ニキビと大人ニキビのちがい

思春期ニキビと大人ニキビの違いなんて表題をつけましたが、基本的な原因は

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑