*

顔ダニって何?ニキビ菌?

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 ニキビ対策, 肌荒れ, 肌の赤み

ねえねえ、顔ダニって知ってる?

今日の昼の番組でやっていたのだけど、顔ダニって誰の肌にもいるみたいだね。
顔ダニって常在菌なの?

という疑問を母が投げかけてきました。

ああ、懐かしいな。
顔ダニ。別名:デモデックス(Demodex)。

私も若い頃は、顔ダニ除去の石けんを使っていたものです。
(その石けんは、顔ダニ除去といういよりマイルドな洗い心地で気に入っていました)

顔の表面の薄い角質をこさげて顕微鏡で見ると、顔ダニが元気に動いていることがしばしば。
この様子を見ると、ウゲエ気持ち悪いという方も多いでしょう。
中にはニキビダニだのと残念な名前をつける人も。
※顔ダニがニキビの直接的な原因になることはありません。

顔ダニのせいにしない

でも、顔ダニってそんなに悪いものなのでしょうか。

顔ダニは、普段私たちの皮脂腺に住んでいる微生物です。
好物は皮脂で、私たちの皮脂を食べてくれます。

ところが、洗顔料やクレンジングの使いすぎで肌を清潔にしすぎてしまうと大変!
皮脂腺が肥大化して、皮脂の分泌が多くなりすぎてしまいます。

そうなってしまうと顔ダニが増えすぎてしまいます。
顔ダニが増えすぎてしまうと、炎症(赤み)、痒み、湿疹などの症状が出てしまいます。
ニキビかと思っていたら痒みのあるニキビで湿疹だったというケースもあります。

しかし顔ダニが増えて赤みや痒みが出てしまったと言っても、元は人間の界面活性剤の使いすぎ。
人間が適度に清潔にしていれば、こんな事態は起こりません。
いきすぎた清潔、間違ったスキンケアがこんな事態を招くのです。

ケアを改めれば改善できる

とはいえ、顔ダニが増えすぎても慌てる必要はありません。

私たちの肌の細胞はどんどん生まれ変わっていきます。
そして洗いすぎによる皮脂腺の肥大化も、洗いすぎをやめれば正常に戻っていきます。
そうなると顔ダニの数も正常に戻っていきます。

大切なのは顔ダニを除去するのではなく、上手に顔ダニと付き合うことです。

顔ダニを全滅させたからといって肌荒れが改善するワケではありません。
逆に顔に必要な微生物がいないことで皮脂のバランスが崩れてしまいます。

大切なのは、顔ダニが適度な数ほど生息しやすい環境を作ってあげることです。
特別な事は何もいりません。

洗いすぎ、清潔にしすぎを改めればよいのです。

湯シャン、水洗顔、肌断食は、様々な常在菌、顔ダニなどと共存しながらきれいになっていく美容法です。
まずは、シンプルケアからはじめてみるとよいでしょう。



関連記事

きれいになりたいなら

きれいになりたい! 肌荒れを改善したい! 多くの方がそう思いながら生活しています。 しかし

記事を読む

no image

冷却美容の注意点

冷却美容は毛穴を引き締める、炎症を抑えるなどの効果があります。 →冷却美容に関して詳しいことはこの

記事を読む

肌が乾燥しやすい季節どう乗り越える?

11月ももう下旬。 街を歩くともうコートの人もいらっしゃいます。 寒い季節になると、空気の乾

記事を読む

ニキビと間違えそうな症状:蕁麻疹

蕁麻疹が出てよくニキビと間違われるケースがあります。 蕁麻疹の原因は食べ物、ストレス、寒暖など様々

記事を読む

赤ら顔の原因は冷えのぼせ

手足など末端だけ冷えているのに赤ら顔になる「冷えのぼせ」という症状があります。 「冷えのぼせ」

記事を読む

no image

ワセリンについての誤解

非接触生活では乾燥によって皮むけや粉吹きが起こっている場合、ワセリンで角質をつなげておくという方法が

記事を読む

肌が乾燥する原因と対策

大分暖かくなってきましたね。 桜も咲き始め、春を感じております。 ところで春になると肌が乾燥

記事を読む

寒さ・冷えで多発する顎ニキビ

また、一段と寒くなった今日この頃。 顎ニキビについての相談も増えてきました。 そうです。

記事を読む

冬は乾燥の季節?

冬は空気が乾燥するから肌も乾燥すると多くの人が思い込んでいます。 しかし非接触によると、冬の空

記事を読む

のぼせ、うっ血、顔が赤黒い

顔の赤みは、スキンケアのしすぎが原因の場合が多い。 しかし、体質によって、顔に赤みがさすケースもよ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑