*

水洗顔初期:石けんを適度に使う

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 水洗顔(ぬるま湯だけで洗顔)

石けんを適度に使いながら湯シャンや水洗顔を実践している方がいらっしゃいます。

その方は、化粧品や科学にとても詳しい研究者で、様々な成分の性質を熟知しておられます。
石けんの成分にしても科学的な部分から深く掘り下げていらっしゃいます。
石けんに使われている脂肪酸ってこわいもの?

そんな彼女は、ずばり石けんマスター。

石けんを上手に使いながら、肌をいためることなく生活し、美しく健康な肌を保っておられます。

水洗顔初期は無理をしない

水洗顔の初期は、角栓などでギブアップしてしまいがち。

角栓は、不規則な生活習慣や不眠、運動不足でも現れやすい(肌の代謝、つまり細胞の生まれ変わりが不十分のため)。
しかし、多くの場合、化粧品・洗浄剤の使いすぎのリバウンドとして現れやすい。

角栓は皮脂と角質が混ざり合ったもの。

今までに肌を洗いすぎてきた方は、肥大化した皮脂腺で皮脂の分泌が過多になっています。

この状態でいきなり水洗顔に入れば、角栓だらけになっても不思議はありません。
角栓だらけであってもスッピンの人なら適度にぬぐい取れば問題ありませんが、メイクが必要な環境の方は角栓ザラザラの肌では不便です。

その場合、石けんの使い方さえ間違えなければ、肌への負担を最小限に抑えつつ水洗顔初期のリバウンドを抑えてくれます。

短時間・少量であれば問題ない石けん

石けんマスターのオススメの使い方としては、こんな事が挙げられます。

・短時間(1分〜5分以内)に使用すること
・低濃度(量少なめ)で使用すること
・弱アルカリ性の石けんを使用(純石けん)
石けんのススメ2」より

つまり、低い濃度(つまりできるだけ少ない使用量)で、泡立てネットでよく泡立てて洗えば、肌へのダメージも最小限に抑えられます。
おっと!なるべく短時間というのもお忘れなく!

水洗顔初期の大変なときに無理をして水洗顔を続けるよりかは、ある程度石けんを使って無理なく頻度を減らしていく方がストレスも少ない。
中途半端はよくないという意見がある反面、水洗顔・肌断食もシンプルケアから入った方が挫折率が低い感じです。
なお、水洗顔を基本に続けて皮脂が適量になってくると、角栓もできにくくなります。

sekken



関連記事

ホントに水洗顔?!あれ?塩洗顔?!

私が実践している水洗顔は、水かぬるま湯だけの洗顔です。 他には何も使いません。 しかし、

記事を読む

no image

鼻の黒ずみ、毛穴はこすらない水洗顔

宇津木式洗顔などで、こすらない水洗顔を心がけていると、角栓もぐれになりますが、毛穴の黒ずみがひいてい

記事を読む

湯シャン・水洗顔・肌断食1年継続後

今日で湯シャンと水洗顔、湯洗体を続けて1年がたちました。 湯だけの洗髪、水だけの洗顔、基礎化粧品を

記事を読む

皮脂が多くてテカる原因

水洗顔を1年以上続けているのに、テカリが改善しない、角栓まみれという例を結構目にします。 テカ

記事を読む

水洗顔は老化の元?

ある化粧品の広告に「水洗顔は老化の元」などと書かれていました。 水洗顔で残った皮脂が酸化するという

記事を読む

洗顔のタオル、大丈夫?

肌が荒れやすい人、ちょっとの刺激で反応しやすい人にとって水洗顔は最適な洗顔法。 正確には、ぬる

記事を読む

no image

水洗顔初期の角栓対策

水洗顔を始めたばかりの頃は肌のゴワゴワ・ザラザラに悩まされることがよくあります。 また、過剰なスト

記事を読む

肌を拡大してみると角栓(モサ)発見!

最近、知り合いのカメラ、いや、スマホに病みつきです。 だって写真の画質がいいんだもん。 はっ

記事を読む

肌のザラザラ、角栓対策どうする?

水洗顔や角質培養を始めると、肌がザラザラしてくることがあります。 鏡でよく見てみると、白い小さなブ

記事を読む

汗は肌荒れの原因?

暑いですね。 道を歩いていたら、顔に汗がダラダラ。 汗が出たら顔に痒みやピリピリ感が。 こんな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

塩洗顔は肌にいい?その効果は?

思春期に塩がいいと聞いて行った塩洗顔。 しかし肌がいたんでいる自分に

顔の汗は肌荒れの原因になる?!

暑いですね~。 今年は特にうだるような暑さ。 この季節は、外出

ヘアケア剤が肌荒れの原因に

肌荒れの原因として意外と知られていないのが、シャンプー、リンス、トリー

肌断食実践者の紫外線対策

日焼け止めが肌に負担となり、ダメージを与えることはよく知られています。

肌断食で肌が改善しないのはメイクが原因?

BBクリームやコンシーラなどカバー力のあるメイクが人気を博しています。

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑