*

泡洗顔と水洗顔、どっちがテカりやすい?

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 水洗顔(ぬるま湯だけで洗顔)

泡洗顔は、スッキリ皮脂を流してくれます。
洗い上がりは、突っ張ったり、かさついたりする方もいらっしゃいますが、最近の洗顔料には、保湿剤や感触剤が含まれたものも多く、さほどカサつく感じはないかと思います。
それに対して、水洗顔(正確にはぬるま湯洗顔)は、適量の皮脂が残ります。
洗い上がりは、しっとりとした感じ、でも余分な皮脂は十分落としているのでテカりません。

どちらも洗い立てはベタつきませんが、時間がたつとどちらも大抵テカります

泡をたっぷり使い続けている場合、皮脂を取りすぎ、より皮脂が必要だと肌が判断してしまうので、よりテカりやすくなります。
一般的に皮脂腺が肥大化して、その分、皮脂が出やすくなると言われています。

一方、水洗顔の場合、皮脂を取りすぎることがないので、皮脂腺の肥大化は防ぐことができます。
ただ、水洗顔し始めだと、皮脂腺が落ち着いていないので、時間がたつとテカります。
スッピンの方だと、テカったらその都度水洗顔(正確にはぬるま湯洗顔)するとサッパリして肌も快適ですが、メイクをされる方はちょっと不便。
しかし、水洗顔・肌断食をして間もない時期であれば、常在菌環境も整っていないので、こまめにぬるま湯で洗顔した方が酸化防止にもなり、よいでしょう。
汗をかいてベタつく場合にも便利です。

ただ、水洗顔にも角栓ができやすいというデメリットがあります。
湯シャン、肌断食共に実践し続けていると皮脂量がおさまりやすく、角栓ができにくくなるのですが、バッチリメイクをされている場合、そこまでいくのは大変です。

オシャレなメイクをある程度楽しみたいのであれば、洗顔料もしくは純石けんを泡立てて使う方がよいでしょう。
肌表面の感触をよくすることによって、化粧ノリをよくします。
洗い方は、泡立てネットでしっかりと泡立てて、泡のクッションで洗うようにし、手でこすらないよう気をつけましょう。

awasen
こんな感じ↑

ただ、肌が荒れている、弱っている、疲れているといった場合は、水洗顔で肌を休ませてあげるとよいでしょう。

筆者イチオシの洗顔料はコレ。
サッパリとした洗い上がりで、肌へのダメージも最小限に抑えてあります。
(米ぬかと麦ぬかが主成分なので、強くこすらない限りダメージはほとんどないに等しい)
かといってカサつくということもありません。
泡立てネットで泡立てて使えば泡洗顔に、ドロドロにといて使えば泥パックにもなります。
湯シャンの前段階や水洗顔初期のお供、完全肌断食はちょっと・・・という方に向いています。




関連記事

角栓(肌のザラザラ)どこまで放置する?

水洗顔、肌断食の悩みで多いのがやはり角栓。 そう肌のザラザラです。 肌が整っていないうちはど

記事を読む

顔のピーリング:効果と注意点

グリコール酸などのケミカルピーリングがニキビによいと言われています。 筆者もグリコール酸のピー

記事を読む

no image

宇津木式の水洗顔で失敗?!

このブログのアクセス解析を調べてみると、「宇津木式で肌がボロボロ」の記事が最もアクセスされていること

記事を読む

no image

鼻の黒ずみ、毛穴はこすらない水洗顔

宇津木式洗顔などで、こすらない水洗顔を心がけていると、角栓もぐれになりますが、毛穴の黒ずみがひいてい

記事を読む

湯シャン・水洗顔・肌断食1年継続後

今日で湯シャンと水洗顔、湯洗体を続けて1年がたちました。 湯だけの洗髪、水だけの洗顔、基礎化粧品を

記事を読む

夏の肌荒れ注意報

突然ですが、夏は肌荒れの季節です。 それを言ってしまえば、寒い冬も肌荒れの季節じゃないか!

記事を読む

湯シャン、水洗顔、肌断食を続けて1年と1ヶ月・・・

湯シャン(湯だけの洗髪)、肌断食(基礎化粧品を使わない)、水洗顔(水だけで洗顔)を始めてから1年と1

記事を読む

水洗顔の方法

当ブログや肌断食のエコ肌生活記で、水洗顔について書いてきました。 しかし、水洗顔の具体的方法につい

記事を読む

no image

ぬるま湯洗顔ブツブツ、エコ肌ブツブツ

この最近の検索ワードを見てみると、「ぬるま湯洗顔 ブツブツ」で検索してこられた方と「エコ肌ブツブツ」

記事を読む

角質培養、水洗顔のモサ(角栓)対策

昨日の記事でとれるNo.1を紹介しました。 肌荒れしやすい人のお風呂掃除にとても便利なのですが、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

乾燥の季節でも40代でも肌がスベスベな理由

真冬・・・乾燥の季節なのに、肌はしっとりうるおっています。 かといっ

40歳:湯シャンと肌断食6年以上

40歳になりました。この時点で湯シャンと肌断食6年以上。 6年

シミを消す近道は?

湯シャンと肌断食を始めると、ニキビや赤みなどの肌荒れは短期間で改善され

肌が乾燥しやすい季節どう乗り越える?

11月ももう下旬。 街を歩くともうコートの人もいらっしゃいます。

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑