*

唇のカサつきはワセリンを

公開日: : 最終更新日:2018/01/24 肌荒れ

湯シャン、水洗顔、肌断食で肌が改善した。
でも、唇のカサつきがなかなか改善しない。
もしくは、唇のカサつきが頻発する。

こんな方もいらっしゃると思います。
私も肌が改善した今でも、唇がカサつくことがあります。

唇のカサつきの主な原因とは?

・唇をよくなめる
・唇をよくかむ
・リップクリームや口紅のダメージ
・体調が思わしくない
・睡眠不足、疲労
・のどの渇き

唇が乾燥したからと言って、なめても逆効果
水分が蒸発して余計に乾燥してしまいます。
唇をなめる癖、かむ癖がある人はなおしましょう。

リップクリームや口紅も唇のカサつきの原因となります。
リップクリームはワセリンを使い、口紅を使う場合はワセリンで保護した上から使いましょう。
※原料・成分がワセリンのみのものをお使いください。

体調も重要です。
食べ過ぎ、または逆に無理なダイエットなどで、胃腸を壊してしまった場合も唇に異常が出やすい。
また、睡眠不足や疲労でもビタミンB群が不足して唇の粘膜に影響が及ぶことがあります。

次に、のどの渇き。
のどが渇くという事は、水分不足。
水分が不足してしまうと、唇も乾燥してしまいます。
また、血液の濃度も濃くなり、健康にもよろしくないので、のどが渇いたら我慢せず、できるだけ早く水分を補給しましょう。
長い外出の際は、ミネラルウォーターなど持っておくとよいですね。

唇のカサつきは放置してもいい?

唇のカサつきは、上記の原因が解消されれば大体改善します。
しかし、カサカサのままでいることは見た目にもよくないし、快適ではありません。
そこで、またワセリンの出番。

カサついた唇にはワセリンを塗っておきましょう。
早く改善します。
手もちのワセリンでもいいし、最近はリップタイプのワセリンも出ているようです。
手を使わずに、唇にワセリンをつけたいとき、リップタイプは重宝します。
外出先やオフィスの化粧室でさっとひと塗り。
通勤前のさっとひと塗り。便利です。



関連記事

肌の乾燥は保湿でOK?

寒い冬。 昨日、今日といよいよ雪が降ってきましたね。 寒い!寒い!寒~い! こう寒いと

記事を読む

肌に痒みやピリピリ感があるときは無理をしない

口周りの荒れ、大分ひいてきました。 ザラザラも大分滑らかになってきた感じです。 見た

記事を読む

美肌になりたいなら肌を触らないことが大切

私は、肌をこすらない、触らないを徹底しております。 水洗顔は水圧の弱いシャワーを使い、手で顔に

記事を読む

no image

馬油、ホホバ油、肌荒れの心配は?

よく髪に馬油やホホバ油をお使いの方がいらっしゃいます。 湯シャンや水洗顔愛好家の方の中にもお使いの

記事を読む

寒さ・冷えで多発する顎ニキビ

また、一段と寒くなった今日この頃。 顎ニキビについての相談も増えてきました。 そうです。

記事を読む

非接触とASVCで肌荒れ(ニキビ等)から復活!

今週の水曜日は、かなり慌ただしい1日で、会社に泊まり込みとなりました。 グッタリと疲れ、翌日の

記事を読む

no image

顔のピリピリ、痒みの原因のひとつ

顔がチクチク、ピリピリ、そして炎症。 炎症からプクッと腫れたり、ニキビまたは湿疹に進化。 そ

記事を読む

冬の肌荒れ対策

冬は大体に肌荒れしやすい時期であります。 かさつき、ブツ、赤みなど。 中でも肌の乾燥は、空気の乾

記事を読む

花粉症による肌荒れに注意!

4月に入り、少しずつ暖かくなってきましたね。 桜もチラホラ咲き始めて心地よい季節♪ のはずが

記事を読む

no image

クレイ・ガスールは肌にやさしい?!

私が化粧品を使っていて、肌荒れに悩んでいた頃、クレイにお世話になったことがあります。 クレイパ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

肌の自然治癒力を活かす肌断食

私は以前、肌の自然治癒力を信じることもせず、いろんな化粧品に頼ってきま

湯シャンで髪の毛を増やすことはできる?

湯シャンで髪の毛を増やすことができたという体験談もあれば、いや、湯シャ

肌断食と湯シャン5年半の経過報告

肌断食と湯シャンを始めて5年半がたちました。 朝晩ともにぬるま湯

湯シャンで抜け毛が増えたら

湯シャンを3~4ヶ月続けてから、あきらめてしまう人がおられます。 多

皮膚呼吸はウソ?!

湿潤療法とラップは、傷を早くきれいに治す治療法。 ラップをすると

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑