*

乾燥肌の原因はストレスと念入りなスキンケア

公開日: : 最終更新日:2017/03/06 美肌の秘訣

一般的に、冬は空気が乾燥するから、肌のためには加湿器が必要とされています。

しかし、本当に、冬は加湿器が必要なのでしょうか?

先日の記事でも述べましたが、空気の乾燥は肌の乾燥とは関係ないと非接触ではいわれています

しかし、その一方で多くの専門家が、冬は空気が乾燥するから、肌も乾燥しやすいと言っています。

さらに、多くの専門家が、冬は空気が乾燥するから、クリームなどで保湿しましょうと言っています。

どちらが正しいとかそういうのではないのですが、私はこれまで肌断食で過ごしてきて「空気の乾燥は肌の乾燥には関係ない」というのが実感であります。

今まで私は加湿器など使ったことはなく、エアコンで乾燥した部屋で過ごしていますが、肌が乾燥するといった感じはありません。

静電気の問題も、衣類のほとんどが綿素材なので静電気で悩むということがありません。

ストレス対策で肌の乾燥を改善

冬に肌が乾燥する原因は寒さのストレスという非接触からの情報を受けて、私は防寒対策を強化しました。

そして、もう一つのストレス対策としてビタミンCを数時間おきに取ることを習慣づけました。

結果、冬でも肌が乾燥するという事態がなくなりました。

肌断食を実践されていて、ワセリンもつけている、加湿器もつけているのに肌が乾燥するという方は、いちど防寒は十分か、そして日頃のストレスケアを見直してみるとよいでしょう。

また、血行をよくするためにも、入浴はきちんと行いましょう。
入浴は必要ないという先生もいらっしゃいますが、肌と体質は密接な関係がありますので体質改善にも気をつけていきましょう。

念入りなスキンケアも肌の乾燥の原因

念入りにスキンケアをされている方ほど、表面の角質層はボロボロになっています。

保湿クリームや保湿ゲルなどをつけているうちは表面の角質層に基材がとどまっているので乾燥を感じませんが、いざ洗い流してみるとカサカサ。

保湿クリームやゲルは肌表面にとどまってくれるので感触をよくしてくれますが、同時に肌のバリア機能(肌表面の角質層)にダメージを与えてしまいます。

念入りにスキンケアをしている肌は化粧品に頼りっきりで、肌自らうるおう力はありません。

このようなケースは保湿をワセリンに替えること、洗顔料やクレンジングを控えることで徐々に改善していきます。



関連記事

no image

長湯による肌トラブル注意!

水洗顔や肌断食はじめに見舞われる角栓。 そして湯シャンのフケ対策。 湯船に浸かってふやかして

記事を読む

風邪を予防することは肌の乾燥も防ぐ

今年の冬は、風邪をひきません。 しかし職場の人は、多くがひいています。 なので、咳、くし

記事を読む

美肌に必要なビタミンCはどれくらい?

乾燥肌対策の1つとして、ビタミンCは使い方によれば大きな効果を発揮してくれます。 しかし、多く

記事を読む

no image

運動をすると肌にも変化が

昨日で踏み台昇降も9日目。 毎日30分は踏み台昇降しているので、ズボラな私にしてはよく続いている方

記事を読む

皮膚呼吸はウソ?!

湿潤療法とラップは、傷を早くきれいに治す治療法。 ラップをすると傷を乾燥から守るため、密閉して

記事を読む

顔だけ赤黒い、顔だけ汗

顔だけ赤黒い人が時々いらっしゃいます。 私も以前は顔だけ赤黒い状態でした。 そして顔だけ異常

記事を読む

no image

ニキビ、湿疹、赤みなど肌荒れしやすい人はカッサプレートに注意!

最近、カッサプレートというものが流行っているようですね。 ローズクォーツや翡翠などの天然石でで

記事を読む

no image

洗濯洗剤はトップクリアリキッド派?純石けん派

宇津木先生の「化粧品を使わず美肌になる!」を読んでいると洗濯石鹸のところも出てきます。 宇津木

記事を読む

冬の乾燥対策

冬の乾燥対策についてもう少し補足したいことがあったので、改めてまた記事にしました。 まず、冬は

記事を読む

体温が高いのに手足だけ冷える末端冷え性

体温が高いのになぜか手足だけ冷たい。 私は体温が、36.5~37.0度と体温は高い方。 なの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑