*

風邪を予防することは肌の乾燥も防ぐ

公開日: : 最終更新日:2018/01/24 美肌の秘訣

今年の冬は、風邪をひきません。

しかし職場の人は、多くがひいています。

なので、咳、くしゃみ、風邪のウィルス浴び放題。
おまけに風邪ひいた人の食べ残しまで処理したのですが、風邪をひかず。
風邪をひいている人と同じ空間にいると風邪をひきやすいのですが、今年は何ら風邪の気配なし。
私だけ風邪ひいていないのも何だか不気味です。

う~ん、なんで私、こんなに風邪ひきにくいのだろう。

あ!そうか!理由はコレか。

風邪をひきにくい理由

1.ビタミンC大量摂取
ビタミンCは、風邪の予防にも最適。
活性酸素の除去→乾燥肌だけでなく、風邪もひきにくくなります。
※ビタミンCの大量摂取はこちらをご覧下さい。

2.カロテンを毎日摂っている
みかんやかぼちゃ等に含まれるβカロテンが風邪をブロック。
βカロテンを多めに取ると、肌が黄色っぽくなりますが、ビタミンAが足りなくなるとβカロテンがビタミンAに変身して強い抗酸化作用を発揮します。
※私は1日2~3個くらいみかんを食べています。
※かぼちゃの煮物もおすすめです。
※みかんは体を冷やす作用があるので、すでに風邪をひいてしまった場合は控えましょう。

3.寒い思いをしない
寒さによるストレスも肌に響くため、私はいつも寒くないようにして過ごしています。
適度に暖房を入れ、外出時はしっかり防寒着を。
エアコンの風が乾燥肌の元とおっしゃる方もいますが、寒さによるストレスの方がよっぽど乾燥肌の元です。
寒さ予防は、乾燥などの肌対策はもちろん、風邪の予防・改善にもなります。

4.睡眠をしっかりと
やはり基本は睡眠ですね。
睡眠が足りていないと、体力も抵抗力も低下。
肌の再生が遅れるだけでなく、風邪もひきにくくなっちゃいます。

5.栄養をバランスよく
1と2をしっかり取ったからと言ってすぐに効果が出るとも限りません。
まずはバランスのよい食事を心がけましょう。

風邪をひきにくい生活は乾燥肌予防にも

うむ。
肌が乾燥しないと言うことは、風邪もひきにくいということだな(オイオイ)。
肌がかさついているということは、風邪もよびやすい状態
気をつけて下さいね!

体調管理=肌にも異常が出にくい。
この冬、うるおい肌でいるためにも、しっかり体調管理を行いましょう。

なお、すでに風邪をひいてしまった場合は、なるべくゆっくり休んでなおして下さい。
咳など無理矢理薬で止めたりしない方が、悪いものがよく出て行きます。
風邪は日頃のデトックス期間です。



甘くて美味しいお買い得みかん。
うちのようにみかんを大量に食べる家族にはウレシイ。



関連記事

no image

洗濯洗剤はトップクリアリキッド派?純石けん派

宇津木先生の「化粧品を使わず美肌になる!」を読んでいると洗濯石鹸のところも出てきます。 宇津木

記事を読む

美肌に必要なビタミンCの摂取量

ビタミンC粉末の記事を書いて、ビタミンCは1日どれくらい摂取すればいいかという質問がよくありました。

記事を読む

no image

運動をすると肌にも変化が

昨日で踏み台昇降も9日目。 毎日30分は踏み台昇降しているので、ズボラな私にしてはよく続いている方

記事を読む

no image

ニキビや湿疹など肌荒れしやすい人はエステに注意!

私がまだ会社に入って間もない頃、エステに通っていた頃がありました。 どうしてもニキビを治したい

記事を読む

肌断食でビニール肌を改善するには

下の写真は、最近マイクロスコープで撮った私の頬です。 以前は、キメのないツルツルのビニール肌だ

記事を読む

no image

長湯による肌トラブル注意!

水洗顔や肌断食はじめに見舞われる角栓。 そして湯シャンのフケ対策。 湯船に浸かってふやかして

記事を読む

体温が高いのに手足だけ冷える末端冷え性

体温が高いのになぜか手足だけ冷たい。 私は体温が、36.5~37.0度と体温は高い方。 なの

記事を読む

風邪を予防して美肌を保つ

手洗い、うがいもしないのに風邪をひかない私はかぼちゃ好き。 風邪の原因って主に、ストレスと睡眠

記事を読む

no image

栄養ドリンク、美肌ドリンクを飲むくらいなら

先日、友人宅のおばちゃんから、オロナミンCを12本頂きました。 オロナミンCとかデカビタとか栄

記事を読む

美肌に必要なビタミンCはどれくらい?

乾燥肌対策の1つとして、ビタミンCは使い方によれば大きな効果を発揮してくれます。 しかし、多く

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

乾燥の季節でも40代でも肌がスベスベな理由

真冬・・・乾燥の季節なのに、肌はしっとりうるおっています。 かといっ

40歳:湯シャンと肌断食6年以上

40歳になりました。この時点で湯シャンと肌断食6年以上。 6年

シミを消す近道は?

湯シャンと肌断食を始めると、ニキビや赤みなどの肌荒れは短期間で改善され

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑