*

手作り化粧水は効果あり?!

公開日: : 最終更新日:2018/05/23 肌断食, 肌荒れ

時々、手作り化粧水について質問がきます。

「界面活性剤の入っていない化粧水を作ってみたのですがいかがなものでしょうか?」
「精製水とグリセリンで作ってみたのですが・・・」
「精製水とビタミンC誘導体だけで作った化粧水を使っているのですが・・・」

確かに化粧水は、使わないに越したことに越したことはありません。
特に乾燥肌の方、皮剥け、粉吹きが気になる方は、カサつきを促進する可能性があります。
でも、絶対に使ってはいけないワケではありません。

手作り化粧水でも乾燥を促すことがある

宇津木氏の本をお読みの方はすでにご存知かと思いますが、もう一度説明します。
顔に水分をつけたままにしておくのは、蒸発を促します。
もともとある角質層の水分も一緒に蒸発してしまいます。

通常の体質の方ならまだマシな方でしょう。
これが、のぼせ体質、顔に熱がこもって赤ら顔の体質の方であれば、余計に蒸発が加速してしまいます。

化粧水で乾燥を改善しようと思っても逆効果になるって辛いですよね。

化粧水はデメリットだけではない

上記では、化粧水のデメリットを解説しました。
しかし、化粧水が絶対ダメという訳ではありません。
肌断食生活に慣れるまで使用するというのも1つの手です。

また、感触を楽しんだり、気持ちの上でハッピーになれるなら化粧水は一役貢献しているといえるでしょう。

冒頭で挙げたような手作り化粧水であれば、肌が健康な時であれば楽しんでも大丈夫です。
肌にダメージとなるものが入っていないので、つけすぎによる水分の蒸発さえ気をつければ、さほど問題ありません。

効果的な乾燥肌対策は?

化粧水がダメならクリームは大丈夫ですか?という声が聞こえてきそうなので、肌に負担のかからない乾燥肌対策候補を挙げておきます。

・白色ワセリンをうすくつける。
・使用後に洗い流すASVCを使う。
・ビタミンC服用でストレス対策。
・極端な菜食やダイエットを避け、たんぱく質、適度な油分を取る。

ワセリンは肌に最も影響のない鉱物油なので、安心してお使いください。
ベタつきが気にならないように薄くつけるのがコツです。
チューブ式だと、直接手で取らないので劣化を防げます。

ASVCは、非接触のコースに入ると使用可能です。
肌荒れ、ニキビ、乾燥、赤みなどの肌トラブルが気になる方は検討されるとよいでしょう。
→非接触のコースはこちら

日頃からストレスの多い方、ストレスを受けやすい体質の方はビタミンC粉末の大量摂取で改善する場合があります。
私の場合は、ストレスによる血中の活性酸素の増加だったようで、ビタミンC粉末を服用すると、口周りの粉吹きや湿疹が改善しました。
→ビタミンCの大量摂取についてはこちらをご参照下さい。

菜食や無理なダイエットも乾燥肌の一因。
油分やたんぱく質も肌に必要なので、食事はバランスよく取りましょう。

肌がカサついた部分にクリームをつける人が多いのですが、あくまで感触を良くする程度。
肌のバリア機能を壊して逆にクリームがないと耐えられない肌になってしまうので、使いすぎにはご注意下さい。
また、肌につけるものでは根本的な改善にはなりませんので、食事、ストレス対策、そして肌に負担となるものには十分お気をつけ下さい。

特に寒い時期は、寒さのストレスから肌が乾燥しやすいので、しっかりと防寒しておくことも大切です。



関連記事

肌断食でビニール肌を改善するには

下の写真は、最近マイクロスコープで撮った私の頬です。 以前は、キメのないツルツルのビニール肌だ

記事を読む

何もつけない美肌術

10月10日、非接触皮膚科学で有名な牛田先生が、「何もつけない美肌術」という本を出されました。

記事を読む

no image

肌水分計の数値に振り回されない

化粧品の展示会に行くと、よく美容部員さんがいてお客様の肌水分を測定している光景を見かけます。

記事を読む

水洗顔で毛穴の黒ずみをケア

洗顔料やクレンジングオイルは洗浄力が強すぎて、必要以上に皮脂を取ってしまいます。 必要以上に皮

記事を読む

アロエ水、ヘチマ水は効果ある?

ニキビや赤みで悩んでいる方や、なかなか炎症が取れない方がまず検討するのがアロエ水やヘチマ水。

記事を読む

no image

水洗顔と肌断食どれくらいでよくなる?

水洗顔や肌断食で肌を改善する場合、大体どれくらいの期間でよくなるかという質問がよくあります。

記事を読む

no image

ニキビ、湿疹、赤みなど肌荒れしやすい人はカッサプレートに注意!

最近、カッサプレートというものが流行っているようですね。 ローズクォーツや翡翠などの天然石でで

記事を読む

no image

洗い流さないトリートメントに注意!

このところ、「洗い流さないトリートメント ニキビ」で検索をかけてこられる方がいらっしゃいます。

記事を読む

肌荒れ、赤みが治らない原因は顔を触るクセ

肌荒れや赤みの大きな原因のひとつは「顔を触る」ことであります。 せっかく湯シャンや肌断食で肌へ

記事を読む

冬は乾燥の季節?

冬は空気が乾燥するから肌も乾燥すると多くの人が思い込んでいます。 しかし非接触によると、冬の空

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑