*

ニキビ殺菌が合う人と合わない人

公開日: : ニキビ対策

ニキビ殺菌で有名なプロアクティブ。

しかしプロアクティブで改善する人と改善しない人がいらっしゃいます。

その差は何でしょうか。

プロアクティブで肌が改善する人は、原因がアクネ菌の異常繁殖(正確には常在菌比率の乱れ)であることが考えられます。

アクネ菌は常在菌の一種

ニキビで有名なアクネ菌、悪者と思うなかれ。
通常は、誰の肌にも適量いる常在菌です。

この常在菌が、なぜニキビの原因になるかというと、常在菌環境(バランス)の乱れ。
洗浄剤や基礎化粧品をゴッテリ使う生活をしていると常在菌環境が乱れます。
特定の菌が多くなり、一部の菌が不足してしまう現象が起きると、ニキビやマラセチア、脂漏性皮膚炎の原因になります。
※下図ご参照下さい。

それならば、比率が多くなった特定の菌も殺菌してしまおうというのがニキビ殺菌の手法。
続けていると肌が無菌状態もしくはそれに近い状態になります。

肌が無菌状態と言うことは、ニキビや脂漏性湿疹は一時的に治まりますが、肌を守ってくれる常在菌がいないということになります。
もちろん、この状態だと、肌はそのままでは防御力の弱い肌であります。
なので、プロアクティブなどのニキビ殺菌製品を使い続ける必要があります。

しかし、プロアクティブ等のニキビ殺菌商品を使い続けていて肌が改善したけど、スキンケア代がもったいない、肌に自然なケアをしたいという方もちらほらいらっしゃいます。

このような方が、肌断食を始められる場合は、湯シャンの場合と同様に少しずつ入っていかれるとよいでしょう。
プロアクティブを1日おき、2日おき・・・などと慣らしていくのです。
もちろん、そのまま肌断食に入るという方法もあるのですが、無菌状態の肌でイキナリ入るとリバウンドがキビシイという現象が起きます。
この現象は、しばしば「肌断食挫折」という結果につながりやすいので、無理をされないことを推奨します。

プロアクティブでニキビが改善しない人

一方プロアクティブでニキビが改善しない人もいらっしゃいます。
原因が、アクネ菌の異常繁殖でなかったり、アクネ菌の異常繁殖以外に原因があると、単純なニキビ殺菌では改善が難しい。
多くの場合は、肌に刺激となるものが触れていて、それによって肌が過剰反応していることが考えられます。
プツッとしたニキビでなく、平たくて赤みと痒みがある場合などは、接触性皮膚炎(かぶれ)の可能性があります。
この場合だと、ニキビ殺菌が逆に刺激となり逆効果となる場合もあります。

このような過剰反応しやすい肌(弱い肌)であり、なおかつ常在菌環境の乱れが生じている場合は、比較的やさしいスキンケアに替え、徐々に肌断食に入っていくとよいでしょう。
やさしいスキンケア例はプチ肌断食をご参照下さい

また、シャンプーの泡水や残留した髪にも弱いので、湯シャンも一緒に実践した方が改善しやすい傾向にあります。

sirousei



関連記事

皮膚にカビが?!マラセチア(でんぷう菌)の異常繁殖

皮膚カビといわれるマラセチアの異常繁殖。 実は、多くの人がボディケアのしすぎやスキンケアのしすぎで

記事を読む

ニキビケアは洗顔以外にも重要なことが

すでにできてしまったニキビは、まず悪化させないことが大切です。 ニキビが大きくなるとその付近の

記事を読む

大人ニキビ・ストレスニキビは深呼吸で軽減

季節の変わり目やストレスなどで自律神経が乱れてしまうことがあります。 自律神経が乱れると、体調にも

記事を読む

no image

ニキビや湿疹など肌荒れしやすい人はエステに注意!

私がまだ会社に入って間もない頃、エステに通っていた頃がありました。 どうしてもニキビを治したい

記事を読む

no image

肌荒れは肌断食だけでは改善しない

時々、肌断食をしてみたものの効果が見られない、水洗顔をしたけれど肌荒れが改善しないという人がおられま

記事を読む

ニキビの位置から分かる対処法

同じ所に繰り返しニキビができる。 そんな経験ありませんか? 実は同じ所にニキビができるのは、

記事を読む

低用量ピルでニキビや肌荒れは改善する?

理由あって2週間前からピルを服用しております。 そうです。あの低用量ピルです。 避妊効果のあ

記事を読む

no image

つぶしてしまったニキビの湿潤療法

先日、湿潤療法というものを紹介しました。 湿潤療法は傷を潤わせて、早くきれいに治すというもの。

記事を読む

口元のニキビは胃腸に注意!

胃腸の弱い方、ストレスで胃腸に響きやすい方は口元にニキビができやすい傾向にあります。 また、現

記事を読む

ビタミンC粉末をカプセルで

最近、読者さんからいい事を教えていただきました。 それは、ビタミンC粉末をカプセルにして持ち歩

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑