*

肌荒れの部位別原因と対処法

公開日: : 肌荒れ

肌荒れというものは、よく同じ箇所に同じような症状ができることがあります。

例えばニキビ。
こないだアゴにできたかと思えば、またできちゃったという人も多いかと思います。

肌荒れを起こしたその箇所、しきりに触っていませんか?
もしくは無意識に触れていませんか?

肌荒れが気になるからってその部分を触りまくると、余計に悪化します。
また、改善も遅れてしまいます。

さらに中には体の中から改善していく必要がある場合もあります。

では、部位別に肌荒れの原因と対処法を見てみましょう。

1.アゴ~頬
・頬杖をつくクセはありませんか?
思い当たるなら、そのクセからなおしていきましょう。
・襟巻きやスカーフをしていませんか?
襟巻きやスカーフから肌荒れを起こすことがあります。
特に柔軟剤等を使っている場合は要注意!
・口もと同様にストレスやホルモンバランスが関係している事があります。

2.口もと
・口もとの皮膚は薄く乾燥しやすい。
・ホルモンバランスやストレス、胃腸の不調が関係している事も多い。
・食べ過ぎ、飲み過ぎ、下痢、便秘に注意!
・必要のないときは触らないことが大切。
・マスク→口もとだけでなく顔半分が影響しやすい。
ガーゼのマスクを洗って使うか、使い捨ての場合、マスクの内側にガーゼか無漂白キッチンペーパーを忍ばせるなどの工夫が必要。
・口もとの肌荒れはビタミンC粉末の服用で改善することがあります。
特にストレスの多い環境下で有効です。


ビタミンC粉末の1キロタイプ。
ズッシリと重いのですが、たくさん使っても数ヶ月は持つお徳用。
価格も随分お得です。
オブラートやカプセルに入れて服用するとよいでしょう。

3.鼻
・鼻の肌荒れ、特に毛穴の黒ずみ、毛穴の開きで悩む方が多い。
・ピーリングやゴマージュ、毛穴スッキリシートは逆効果。
・角栓を落とさない角質培養で改善しやすいが、無理をしないこと。
・ティッシュで鼻をかまず、無漂白キッチンペーパーか薄いハンカチで鼻をかむとよいでしょう。

4.額
・美容室で髪を染めてもらった後やシャンプー等を使っている場合は、額が荒れやすい。
ひたいにしわがなく、ひたいを出してもよいと思われる方はよくなるまでひたいを出したヘアスタイルにするとよいでしょう。
・よくあるパターンは、洗顔料や石けんを使われる方の洗い残し。
水洗顔をされている方は、この点、荒れにくい。


外出先でも便利なキッチンペーパー。
手ふき、顔ふき、口ふき、鼻かみなどに重宝します。
自宅と職場とに常備しておくと便利です。



関連記事

no image

酒さ?!

私は「非接触皮膚科学」のメルマガを読むのが大好きです。 最近の号である第382号 原因不明?『

記事を読む

肌の乾燥は保湿でOK?

寒い冬。 昨日、今日といよいよ雪が降ってきましたね。 寒い!寒い!寒~い! こう寒いと

記事を読む

こんなにある!納豆の美肌効果

2ヶ月くらい前から晩ご飯に納豆を食べています。 週に4~5日は食べています。 食べる時は大体

記事を読む

白髪染め後のシャンプーどうする?

35歳を過ぎると白髪がチラホラ出てくる人が増えてきます。 なので、白髪染めを月に1回くらいのペース

記事を読む

no image

ニキビ、湿疹、赤みなど肌荒れしやすい人はカッサプレートに注意!

最近、カッサプレートというものが流行っているようですね。 ローズクォーツや翡翠などの天然石でで

記事を読む

no image

気がついたらワセリンがいらない唇に

非接触生活では肌が乾燥して粉吹したり皮むけしたりする場合は、何かで間接接触があるとされています。

記事を読む

花粉症による肌荒れに注意!

4月に入り、少しずつ暖かくなってきましたね。 桜もチラホラ咲き始めて心地よい季節♪ のはずが

記事を読む

no image

ワセリンについての誤解

非接触生活では乾燥によって皮むけや粉吹きが起こっている場合、ワセリンで角質をつなげておくという方法が

記事を読む

no image

肌のカサつき対策はワセリンだけではない

手荒れや肌のカサカサは、ワセリンをつけて角質をつなげて凌ぐのが鉄則。 なぜなら、ワセリンは、肌

記事を読む

no image

オイルが合う人、合わない人

エコ肌生活記の読者様で、オイルを使うと痒みが止まりましたと仰る方がいらっしゃいました。 事実、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

肌断食実践者の紫外線対策

肌荒れを改善したり、美肌を保とうと思えば、基本的に日焼け止めはNG。

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑