*

肌断食の乾燥肌対策はなぜワセリン?

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 肌荒れ

エコ肌でも、もち肌でも、乾燥して粉が吹いている場合や皮剥けしている場合は、ワセリンをお勧めしております。

ワセリンは、肌に最も影響しない鉱物油。
石油からできているからって敬遠するひともいますが、その石油もれっきとした自然のものです。

なぜワセリンなの?

エコ肌やもち肌でよくある質問の1つが、ワセリンに関する質問。
馬油やホホバオイルなど肌に良いとされるオイルがあるのになぜワセリンなのですか?

ワセリンをお勧めする理由は3つあります。

・肌に影響しない
・膜を作って肌を保護する機能にすぐれている
・酸化しにくい

ワセリンは、言うまでもなく、肌に影響しません。
乾燥して、角質が剥けている状態をうまくつなぎとめてくれます。
乾燥して粉を吹いている状態や皮剥けしている状態をごまかしてくれます。

さらに、ワセリンは他のどのオイルよりも、膜を作って肌を保護する機能に優れています。
この点を利用して、ワセリンを薄く塗って肌を保護した上からメイクを施すという方法もあるのです。
特に肌荒れしやすい人、化粧負けしやすい人がどうしてもメイクせざるを得ない状況になったとき役に立ちます。
※サウンドスタイルのファンデーションは、すでにワセリンが含まれているので、そのままつけましょう。

最後の酸化しにくいという点。
最近のワセリンはとても質がよく、酸化しにくい。
他のオイルだと、時間がたてば酸化して細胞を傷つけてしまうのですが、ワセリンは1日やそこらでは酸化しません。
※ただし、塗った部位を触らない等の配慮が必要です。

ワセリンの使い方

1.乾燥した部位に使う場合:
ワセリンを使う時は、できるだけ薄く塗りましょう。
使う部位は気になる部分だけにとどめましょう。
なお、容器式よりも、チューブ式の方が、直接手を使わない分、劣化しにくいので、なるべくならチューブ式を選びましょう。
乾燥が軽度であれば、夜はなるべくつけないで寝ましょう。
(肌のうるおい機能を活性化させるため)

2.化粧下地に使う場合:
顔全体に、薄く伸ばしましょう。
使いすぎるとベタつきや、粉のノリにムラが生じる元です。

3.髪に使う場合:
実は髪のパサつきにも使えます。
髪のパサつきが気になる部位に、少量つけてみてください。
湯シャン初期でリンスやトリートメントが恋しい人にも便利です。


ちなみに筆者は、現在、唇にグロスとして使っています。

乾燥肌を改善する

肌断食の乾燥対策は、「ワセリンで角質をつなぐ」というのが基本ですが、根本の原因を断つ必要があります。

・冬に乾燥が生じる場合:
冷えを改善しましょう。
寒いというストレスを我慢しないように。
靴下もお忘れなく。

・ストレスが多い環境下または年中乾燥している場合:
ビタミンC摂取を心がけてみてください。
2~3時間おきに、ビタミンC粉末を服用するだけでも随分違ってきます。
→詳しくはこちらをご参照ください。

また、化粧品や洗浄剤を頻繁に使ってきた方は、肌の機能が落ちているのでカサつきがち。
使うアイテムを徐々に減らし、少しずつでも肌を整えていきましょう。



関連記事

非接触とASVCで肌荒れ(ニキビ等)から復活!

今週の水曜日は、かなり慌ただしい1日で、会社に泊まり込みとなりました。 グッタリと疲れ、翌日の

記事を読む

肌の乾燥は保湿でOK?

寒い冬。 昨日、今日といよいよ雪が降ってきましたね。 寒い!寒い!寒~い! こう寒いと

記事を読む

no image

洗い流さないトリートメントに注意!

このところ、「洗い流さないトリートメント ニキビ」で検索をかけてこられる方がいらっしゃいます。

記事を読む

口周りのニキビ・乾燥の原因

口の周りが乾燥する方が結構いらっしゃいます。 また、口周りにニキビが出る場合もあります。 私

記事を読む

no image

意外と知られていない顔を触らないことの重要性

先日、また仲良しグループで集まりました。 グループの中で、美容の話になりました。 私はベ

記事を読む

夏の肌荒れ注意報

突然ですが、夏は肌荒れの季節です。 それを言ってしまえば、寒い冬も肌荒れの季節じゃないか!

記事を読む

口周りの肌荒れ、肌断食だけで改善しない時

16日付近の肌の調子はこんな感じです。 口周りの荒れ、パッと見た感じではわからないのですが、触

記事を読む

春の乾燥肌対策

皆さま、お元気ですか? 前回の更新からちょっと時間がたっちゃいました。 春ですね!4月ですね

記事を読む

no image

冬の乾燥肌対策:カサついたらワセリン

冬の乾燥肌対策は、寒さによるストレスを防ぐために温かくして過ごすことが大切です。 なぜなら寒いとい

記事を読む

冬の肌荒れ対策

冬は大体に肌荒れしやすい時期であります。 かさつき、ブツ、赤みなど。 中でも肌の乾燥は、空気の乾

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

肌断食が成功しないケース

「お金をかけて手入れすれば、いつまでも美しく若々しくいられる」 そん

日焼け?のぼせ?夏に顔が赤黒くなる原因と対策

毎日、暑い日が続きますね。 太陽がカンカン。紫外線もガンガン。

肌断食実践者の紫外線対策

肌荒れを改善したり、美肌を保とうと思えば、基本的に日焼け止めはNG。

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑