*

のぼせ、うっ血、顔が赤黒い

公開日: : 肌の赤み

顔の赤みは、スキンケアのしすぎが原因の場合が多い。
しかし、体質によって、顔に赤みがさすケースもよく見られます。

・首から上が赤黒くうっ血していませんか?
・首を絞められて顔が赤くなったような状態になることはありませんか?
・ちょっと動くと顔が赤くなりませんか?
・お風呂上りに、顔が赤くなりなかなかひかないということはありませんか?
・横になって休むと顔色が明るくなりませんか?

上記のような症状が出ている場合、のぼせ、うっ血体質の可能性が高い。

のぼせ、うっ血体質の原因

・ストレス、自律神経失調症
・末端冷え性(手足が冷える)
・姿勢が悪い
・1日中パソコンに向かって行う仕事
・運動不足
・ホルモンバランスの乱れ

特にデスクワークの方で、1日中じっと机に座って作業をする方にありがち。
それも仕事熱心で集中しやすい方は要注意!
頭に血が上りやすいので、適度に休憩しましょう。

のぼせ、うっ血体質の改善

・休憩を適度に取る(できれば2時間おき)
・ずっと同じ姿勢はNG。時にはストレッチを
・手足が冷える人は、下半身を温める
・運動を十分に行う
・猫背に注意!
・適度にストレス解消を行う
・長風呂は向かない→ぬるめの湯で10分程度
・肩こり、頭痛等の症状があれば首から肩にかけて温める
・食べ物、飲み物は温かいものを

重要なのは、頭に血が集中しないよう、全身の血のめぐりをよくすることです。
明るい顔色でいるためにも、体質の方、気を付けてみてくださいね!



関連記事

美肌になりたいなら肌を触らないことが大切

私は、肌をこすらない、触らないを徹底しております。 水洗顔は水圧の弱いシャワーを使い、手で顔に

記事を読む

no image

ニキビや湿疹など肌荒れしやすい人はエステに注意!

私がまだ会社に入って間もない頃、エステに通っていた頃がありました。 どうしてもニキビを治したい

記事を読む

no image

冷却美容の注意点

冷却美容は毛穴を引き締める、炎症を抑えるなどの効果があります。 →冷却美容に関して詳しいことはこの

記事を読む

赤ら顔、ほてり(ホットフラッシュ)の原因と対策

のぼせ・ほてりは昨今ではホットフラッシュとも呼ばれ、多くの人が赤ら顔に悩まされています。 また

記事を読む

顔ダニって何?ニキビ菌?

ねえねえ、顔ダニって知ってる? 今日の昼の番組でやっていたのだけど、顔ダニって誰の肌にもいるみ

記事を読む

入浴後、顔に赤みが出る

湯船の温かいお湯につかって温もると顔が赤くなるのは自然です。 血行がよくなって顔が赤くなります。

記事を読む

軽いやけどに湿潤療法

昨日、餃子を蒸していたら、蒸気で軽い火傷しちゃいました。 症状は軽く、ちょっと赤いくらいだった

記事を読む

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われがちですが、実は冬に肌がカサつく

記事を読む

汗は肌荒れの原因?

暑いですね。 道を歩いていたら、顔に汗がダラダラ。 汗が出たら顔に痒みやピリピリ感が。 こんな

記事を読む

接触性皮膚炎:手で触ると肌荒れ

接触性皮膚炎や酒さは、手で触っただけで荒れてしまう場合があります。 手に刺激物がついているのも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日焼け?のぼせ?夏に顔が赤黒くなる原因と対策

毎日、暑い日が続きますね。 太陽がカンカン。紫外線もガンガン。

肌断食実践者の紫外線対策

肌荒れを改善したり、美肌を保とうと思えば、基本的に日焼け止めはNG。

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑