*

のぼせ、うっ血、顔が赤黒い

公開日: : 肌の赤み

顔の赤みは、スキンケアのしすぎが原因の場合が多い。
しかし、体質によって、顔に赤みがさすケースもよく見られます。

・首から上が赤黒くうっ血していませんか?
・首を絞められて顔が赤くなったような状態になることはありませんか?
・ちょっと動くと顔が赤くなりませんか?
・お風呂上りに、顔が赤くなりなかなかひかないということはありませんか?
・横になって休むと顔色が明るくなりませんか?

上記のような症状が出ている場合、のぼせ、うっ血体質の可能性が高い。

のぼせ、うっ血体質の原因

・ストレス、自律神経失調症
・末端冷え性(手足が冷える)
・姿勢が悪い
・1日中パソコンに向かって行う仕事
・運動不足
・ホルモンバランスの乱れ

特にデスクワークの方で、1日中じっと机に座って作業をする方にありがち。
それも仕事熱心で集中しやすい方は要注意!
頭に血が上りやすいので、適度に休憩しましょう。

のぼせ、うっ血体質の改善

・休憩を適度に取る(できれば2時間おき)
・ずっと同じ姿勢はNG。時にはストレッチを
・手足が冷える人は、下半身を温める
・運動を十分に行う
・猫背に注意!
・適度にストレス解消を行う
・長風呂は向かない→ぬるめの湯で10分程度
・肩こり、頭痛等の症状があれば首から肩にかけて温める
・食べ物、飲み物は温かいものを

重要なのは、頭に血が集中しないよう、全身の血のめぐりをよくすることです。
明るい顔色でいるためにも、体質の方、気を付けてみてくださいね!



関連記事

ストレスや不眠の肌荒れ対策

肌荒れの対策には、休養、栄養、運動が必要。 しかし、現代のストレス社会では、交感神経と副交感神

記事を読む

冷却美容を実践していると

最近は冷却美容にハマり状態。 夜は暇さえあれば保冷剤で冷却。 それが冷却美容を始めてから、ど

記事を読む

乾燥の季節でも40代でも肌がスベスベな理由

真冬・・・乾燥の季節なのに、肌はしっとりうるおっています。 かといってベタつくわけでもなくサラサラ

記事を読む

ASVCに頼りすぎない

非接触のコースでは、ASVC22もしくはASVC35が使われます。 ※後ろの数字は濃度を表していま

記事を読む

赤ら顔の原因は冷えのぼせ

手足など末端だけ冷えているのに赤ら顔になる「冷えのぼせ」という症状があります。 「冷えのぼせ」

記事を読む

接触性皮膚炎:手で触ると肌荒れ

接触性皮膚炎や酒さは、手で触っただけで荒れてしまう場合があります。 手に刺激物がついているのも

記事を読む

肌荒れしやすい人はティッシュに注意!

昨日はうっかり鼻かみ用のハンカチを忘れて出勤してしまいました。 こういうときのために、カバンの中に

記事を読む

保湿は天然オイルよりもワセリンを

マイルドな洗い心地で、洗浄力が低い洗顔料やクレンジング剤が流行しています。 つまり保湿機能のある洗

記事を読む

湿潤療法で火傷の痛みを抑える

シャツにアイロンをかけていたら、うっかり指を火傷しちゃいました。 痛い!痛いよーーー(>

記事を読む

no image

男性の肌の悩み:ひげ剃りに注意!

男性はいいな~。 化粧しなくてもいいんだから手間いらずだよね。 いつでもどこでも水洗顔できて、さ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

乾燥の季節でも40代でも肌がスベスベな理由

真冬・・・乾燥の季節なのに、肌はしっとりうるおっています。 かといっ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑