*

肌荒れ、赤みが治らない原因は顔を触るクセ

公開日: : 最終更新日:2017/11/12 肌荒れ, 肌の赤み

肌荒れや赤みの大きな原因のひとつは「顔を触る」ことであります。

せっかく湯シャンや肌断食で肌へのダメージを抑えていても、自らの手で肌をいためてしまえば台無しです。

しかし、多くの人が「肌を触らない」という項目で苦戦。
私もそのうちの1人でした。
これでは肌荒れや赤みは改善しません。

こういった肌を触るクセ、特にひっかいたり、皮を剥いだりするクセを皮膚むしり病と呼ばれることもあるようです。

顔を触る理由

まずは、肌を触る理由から見てみよう。

・痒み、ピリピリ感が気になる
・イライラ、退屈、不安感等の精神不安定
・ストレス
・自分の肌が気になる

1番目の痒み、ピリピリ感が気になって触る場合は、肌がまだいたんでいる状態。
この状態で最初からまったく触らないというのは難しい。
痒みやピリピリ感が出たら、水洗顔で抑える、薄くワセリンをつけて凌ぐ等の対処法が有効です。
暖かい季節は、冷却美容も有効ですが、冷やしすぎると返って赤みが増すこともあるのでお気をつけ下さい。

問題なのは、2番目以降の項目。
この場合、すでにクセ(皮膚むしり病)になっている場合がよくあります。

一度触り始めると、しつこく触るので、肌のその部分が炎症を起こしてしまいます。
肌の赤みが発展して、こすったり、ニキビをつぶしたり、角栓を無理矢理取ったりすると、さらに悪化。
最悪、シミとして残る場合もあります。

顔を触るクセをなおすには

顔を触るクセですが、このクセを治すには「肌から意識をそらす」ことが大切になってきます。

このまま自分の肌荒れは治らないのではないか?とか、ニキビは治らないのではないか?といった不安も、顔を触るクセの元となることがあります。

また、イライラや退屈等のストレスからくる場合も多いので、「楽しいこと」や「夢中になれること」を探しましょう。

少しずつでも、楽しいことや夢中になれることで、時間を満たしていけば、肌への意識が他にうつり、肌を触るクセなくなっていきます。

肌荒れ、赤みの改善には「顔を触らないこと」は必須なので、顔を触るクセはしっかり治しましょう。
ニキビや湿疹だけでなく、シミ、シワの予防にもつながります。



関連記事

no image

肌のカサつき対策はワセリンだけではない

手荒れや肌のカサカサは、ワセリンをつけて角質をつなげて凌ぐのが鉄則。 なぜなら、ワセリンは、肌

記事を読む

冬の肌荒れ対策

冬は大体に肌荒れしやすい時期であります。 かさつき、ブツ、赤みなど。 中でも肌の乾燥は、空気の乾

記事を読む

きれいになりたいなら

きれいになりたい! 肌荒れを改善したい! 多くの方がそう思いながら生活しています。 しかし

記事を読む

ASVCに頼りすぎない

非接触のコースでは、ASVC22もしくはASVC35が使われます。 ※後ろの数字は濃度を表していま

記事を読む

no image

肌荒れは肌断食だけでは改善しない

時々、肌断食をしてみたものの効果が見られない、水洗顔をしたけれど肌荒れが改善しないという人がおられま

記事を読む

レモンやキュウリのパックは肌にいい?

レモンのパックやきゅうりのパックが一昔前に流行ったことがあります。 天然のものだから大丈夫と思われ

記事を読む

ストレスの影響と肌荒れ

肌荒れの大きな原因はスキンケアのしすぎですが、それと同じくらい肌にダメージを与えるものがあります。

記事を読む

出張や旅行先での肌荒れに注意!

このところ、東京に出張していました。 出張ではもちろん、ホテルに泊まりです。 しかも上司と同

記事を読む

no image

ニキビ、湿疹、赤みなど肌荒れしやすい人はカッサプレートに注意!

最近、カッサプレートというものが流行っているようですね。 ローズクォーツや翡翠などの天然石でで

記事を読む

アロエ水、ヘチマ水は効果ある?

ニキビや赤みで悩んでいる方や、なかなか炎症が取れない方がまず検討するのがアロエ水やヘチマ水。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

肌断食が成功しないケース

「お金をかけて手入れすれば、いつまでも美しく若々しくいられる」 そん

日焼け?のぼせ?夏に顔が赤黒くなる原因と対策

毎日、暑い日が続きますね。 太陽がカンカン。紫外線もガンガン。

肌断食実践者の紫外線対策

肌荒れを改善したり、美肌を保とうと思えば、基本的に日焼け止めはNG。

赤身の肉で肌にハリと潤いを

非接触皮膚科学のメールマガジン「第563号 年のせい?『シミ、しわ、た

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑