*

私が化粧品を使わない理由

公開日: : 湯シャン・水洗顔・肌断食全般

湯シャン、水洗顔、肌断食を実践すること2年半以上経過しました。

化粧品や洗浄剤を使わない生活のおかげでずいぶんと節約できました。
おまけに肌は何もつけないので快適♪

ニキビや肌荒れにもなりにくく、助かっております。

私が化粧品を使わない理由はこんなところです。

1.余計なものを肌につけないから肌をいためない。つまり肌荒れ対策。
2.節約になる。
3.これまでの肌断食実践結果で明らかに肌荒れが減った。
4.くすみ、たるみの予防と改善。
5.家族や友人等に肌をほめられる。

化粧品の原価は小売価格の3~6%。
有効成分は1%未満。
ほとんどが水。
もったいないと思うのは私だけかしら。

ただ、化粧品のメリットは、使っている間は感触をよくし、見栄えよくしてくれます。
逆に言うと化粧品をやめたとたんに肌はボロボロのガッサガサ。
使い続けないとある程度きれいな肌を保てないなら、化粧品を使わないで健康な肌を保つ方が経済的です。
いざ貧乏生活になったとき化粧品代が浮くのって助かります。
また、肌荒れしにくいので快適です。

これからも肌断食と湯シャンを続けていきます。

そう言えば、また、肌断食体験者の本、出ましたね。
今回の方は基礎化粧品やファンデーションを10年以上もされていないという方。
肌断食歴はかなり長いです。

山口麻子さんという方で、宇津木先生の元で美容医療に携わってきた方の様子。

プロフィールには年齢は書かれていないのですが、医学部を卒業した年から概算して46歳くらいかしら。
それにしても表紙といい、ブログの写真といい、なかなかキレイです。

この方の体験談本、もくじをサラッと見てみると、興味がそそられる項目が数々。

「手ぬぐい洗顔もNG」とか、まさに「こすらない」徹底の宇津木式。
私も手ぬぐいを使っていませんが、やっぱり手ぬぐいは顔に使わない方が顔の色味が明るい感じです(筆者体験)。

「顔のブツブツ、ゴワゴワは洗顔不足」の項なんて水洗顔初期の角栓や肌のざらつき対策の参考になりそうです。

また、湯シャンの項目も出ていて、肌断食を包括的に実践されているようです。
湯シャンって肌荒れ改善に重要な部分ですものね。

kindle版が出るのを待とうと思うのですが、気が変わったらポチッといくかもしれません。



関連記事

水洗顔と湯シャンは併用がいい理由

吹き出物やニキビは皮膚の弱い場所から出てきます。 顔、背中、胸など皮膚の柔らかい部分に出やすい

記事を読む

no image

長湯による肌トラブル注意!

水洗顔や肌断食はじめに見舞われる角栓。 そして湯シャンのフケ対策。 湯船に浸かってふやかして

記事を読む

一部だけの肌断食は効果あり?

ネットを見て回っていると、肌断食はしていてもお湯で落とせる日焼け止めを使っている方などいらっしゃいま

記事を読む

皮膚にカビが?!マラセチア(でんぷう菌)の異常繁殖

皮膚カビといわれるマラセチアの異常繁殖。 実は、多くの人がボディケアのしすぎやスキンケアのしすぎで

記事を読む

no image

ペットにも湯シャン?湯洗体?

友達の家の犬が皮膚が弱くて、よく掻いて血を出しています。 時々湿疹ができています。痛々しくて可哀想

記事を読む

肌断食3年半経過:現在の肌の状態

久しぶりにゆっくりの朝。 余裕があったので顔の肌の写真を撮ってみました。 肌断食も3年半。

記事を読む

湯シャンは子どもも実践できる?

湯シャンは子どもでも実践可能です。 非接触皮膚科学のメルマガをお読みの方はご存知だと思いますが

記事を読む

顔汗による肌荒れ悪化に注意!

前回のブログの更新から早1ヶ月。 皆さま、いかがお過ごしでしょうか? こちら、あまり変わりな

記事を読む

水洗顔実践者のための顔剃り・シェービング法

水洗顔を実践していて気になるものの1つはシェービングの方法。 男性の方など、毎日にようにひげ剃

記事を読む

肌断食でシミは改善する?

肌断食でシミは改善しますか? という質問を頂くことがあります。 肌断食だけでは、シミの改善は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

乾燥の季節でも40代でも肌がスベスベな理由

真冬・・・乾燥の季節なのに、肌はしっとりうるおっています。 かといっ

40歳:湯シャンと肌断食6年以上

40歳になりました。この時点で湯シャンと肌断食6年以上。 6年

シミを消す近道は?

湯シャンと肌断食を始めると、ニキビや赤みなどの肌荒れは短期間で改善され

肌が乾燥しやすい季節どう乗り越える?

11月ももう下旬。 街を歩くともうコートの人もいらっしゃいます。

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑