*

混合肌にダブル洗顔はNG

公開日: : ニキビ対策, 肌荒れ

かつて美容業界では、肌質を乾燥肌、混合肌、脂性肌と3つのタイプに分けていました。

そして3つのタイプの中でも多いと言われている混合肌。
混合肌はTゾーンはテカるけど頬は乾燥していたり、ベタつく反面水分が不足し乾燥がちなど、脂性と乾燥を持ち合わせた肌といわれています。

そこで美容業界が考えたケア方法は、洗顔をしっかりした上で保湿もしっかり行うこと。
ダブル洗顔でメイクや汚れをきっちり落し、化粧水をし、その上から乳液やクリームでフタをするという方法でした。

多くの人が化粧品の宣伝により、ニキビ肌だろうが、テカリ肌だろうが、ダブル洗顔の後に化粧水、乳液orクリームというケアに勤しみました。

しかしそんな方法で多くの混合肌は改善できたでしょうか?

答えはNoです。

多少ごまかすことはできても根本的な改善には至らなかったのです。
だから現在も混合肌と呼ばれる人が多い。

混合肌が多いと言われる原因として以下の事が考えられます。

洗顔料やクレンジングで皮脂腺が肥大化

皮脂を取ろうとして洗浄力の高い洗顔料などで頻繁に顔を洗うと皮脂腺が肥大化します。
皮脂腺が肥大化すると、余計に皮脂を分泌するようになります。

巷では朝晩ダブル洗顔が勧められていますが、洗いすぎると肌に必要な成分も洗い落とし、テカリや乾燥の原因となります。
テカるけどカサつく混合肌と言われる現象は、まさにダブル洗顔で起こりやすい現象といえます。

また、混合肌だけでなく、ニキビ肌や脂性肌も皮脂の取りすぎは悪化の原因となりますのでご注意下さい。

すでに皮脂腺が肥大化してテカリやすい人は、テカったらその都度水洗顔(ぬるま湯洗顔)で乗り切りましょう。
テカったままだと心地よくありませんし、酸化のもとなので、ぬるま湯だけで適度に落とした方がよいでしょう。

化粧品の使いすぎで肌をいため肌のバリア機能の低下

宇津木先生の書籍にも書いてありますが、スキンケアを念入りにしている人ほど肌はボロボロ。
スキンケアのしすぎは肌表面のバリア(角質層)を破壊します。

破壊された肌表面(角質層)をマイクロスコープでみるとキメがなくなっていたり皮むけが目立ちます。
アレルギー肌、アトピー肌にも近いような状態です。

こんな肌にスキンケアをするとさらに追い打ちをかけます。
角質のめくれ上がった部分から水分が蒸発したり、肌へのダメージが直に届きます。
痒みや赤み、ピリピリ感、湿疹などの肌トラブルが生じます。

化粧品はちょっとたしなむ程度ならまだいいのですが、念入りにスキンケア行っている人は要注意!

マイクロスコープで自分の肌を見てキメがなかったら日頃のケアを見直しましょう。

なお、カサつきや皮むけがひどい場合は、化粧品を中止し、ワセリンで角質をつなげておきましょう。
ワセリンで角質をつなげておくことにより、仮の肌表面バリアをつくります。

過剰なスキンケアで常在菌環境が乱れている

私たちの肌を守ってくれる常在菌は、化粧品や洗浄剤などの界面活性剤がとても苦手です。
化粧品や洗浄剤などの界面活性剤を使いすぎると、私たちの肌を守る常在菌環境が狂います。

常在菌環境が狂うと、皮脂の過多や皮脂の酸化などにより、ニキビや湿疹、赤み、くすみ、テカリなどの肌トラブルを起こしやすくなります。

美肌の第一歩は常在菌環境を整えること。
そのためにも過剰なスキンケアは避けたいものです。


洗顔料をたっぷりつけてダブル洗顔は、混合肌だけでなく乾燥肌や脂性肌にもNG。
余計にテカったりかさついたりする原因となります。



関連記事

顔ダニって何?ニキビ菌?

ねえねえ、顔ダニって知ってる? 今日の昼の番組でやっていたのだけど、顔ダニって誰の肌にもいるみ

記事を読む

何もつけない美肌術

10月10日、非接触皮膚科学で有名な牛田先生が、「何もつけない美肌術」という本を出されました。

記事を読む

no image

冷えのぼせ体質は足元を温めよう

う~寒い!寒い! 自宅で作業をしていても、足元が冷えます。 は!寒いと思った時点でストレ

記事を読む

きれいになりたいなら

きれいになりたい! 肌荒れを改善したい! 多くの方がそう思いながら生活しています。 しかし

記事を読む

no image

つぶしてしまったニキビの湿潤療法

先日、湿潤療法というものを紹介しました。 湿潤療法は傷を潤わせて、早くきれいに治すというもの。

記事を読む

ストレスや不眠の肌荒れ対策

肌荒れの対策には、休養、栄養、運動が必要。 しかし、現代のストレス社会では、交感神経と副交感神

記事を読む

肌荒れの部位別原因と対処法

肌荒れというものは、よく同じ箇所に同じような症状ができることがあります。 例えばニキビ。 こ

記事を読む

顔を触ると肌に赤みが出る

肌断食に限らず、どんな美容法であっても、顔を手で触るクセがあると肌が荒れやすい。 なので、どんな美

記事を読む

肌が乾燥しやすい季節どう乗り越える?

11月ももう下旬。 街を歩くともうコートの人もいらっしゃいます。 寒い季節になると、空気の乾

記事を読む

no image

ニキビや湿疹など肌荒れしやすい人はエステに注意!

私がまだ会社に入って間もない頃、エステに通っていた頃がありました。 どうしてもニキビを治したい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

顔の痒み・ピリピリ感の対策

顔に痒みやピリピリ感があるということは、肌がいたんでいるということです

肌が黄色くなる柑皮症のメリット・デメリット

みかんやかぼちゃなどβカロテン(オレンジ色の色素)豊富な食べ物をたくさ

寒い季節は赤み・カサつきに注意!

現在1年の中でもっとも寒い時期。 空気の乾燥が乾燥肌の原因と思われが

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

乾燥の季節でも40代でも肌がスベスベな理由

真冬・・・乾燥の季節なのに、肌はしっとりうるおっています。 かといっ

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑