*

混合肌にダブル洗顔はNG

公開日: : ニキビ対策, 肌荒れ

かつて美容業界では、肌質を乾燥肌、混合肌、脂性肌と3つのタイプに分けていました。

そして3つのタイプの中でも多いと言われている混合肌。
混合肌はTゾーンはテカるけど頬は乾燥していたり、ベタつく反面水分が不足し乾燥がちなど、脂性と乾燥を持ち合わせた肌といわれています。

そこで美容業界が考えたケア方法は、洗顔をしっかりした上で保湿もしっかり行うこと。
ダブル洗顔でメイクや汚れをきっちり落し、化粧水をし、その上から乳液やクリームでフタをするという方法でした。

多くの人が化粧品の宣伝により、ニキビ肌だろうが、テカリ肌だろうが、ダブル洗顔の後に化粧水、乳液orクリームというケアに勤しみました。

しかしそんな方法で多くの混合肌は改善できたでしょうか?

答えはNoです。

多少ごまかすことはできても根本的な改善には至らなかったのです。
だから現在も混合肌と呼ばれる人が多い。

混合肌が多いと言われる原因として以下の事が考えられます。

洗顔料やクレンジングで皮脂腺が肥大化

皮脂を取ろうとして洗浄力の高い洗顔料などで頻繁に顔を洗うと皮脂腺が肥大化します。
皮脂腺が肥大化すると、余計に皮脂を分泌するようになります。

巷では朝晩ダブル洗顔が勧められていますが、洗いすぎると肌に必要な成分も洗い落とし、テカリや乾燥の原因となります。
テカるけどカサつく混合肌と言われる現象は、まさにダブル洗顔で起こりやすい現象といえます。

また、混合肌だけでなく、ニキビ肌や脂性肌も皮脂の取りすぎは悪化の原因となりますのでご注意下さい。

すでに皮脂腺が肥大化してテカリやすい人は、テカったらその都度水洗顔(ぬるま湯洗顔)で乗り切りましょう。
テカったままだと心地よくありませんし、酸化のもとなので、ぬるま湯だけで適度に落とした方がよいでしょう。

化粧品の使いすぎで肌をいため肌のバリア機能の低下

宇津木先生の書籍にも書いてありますが、スキンケアを念入りにしている人ほど肌はボロボロ。
スキンケアのしすぎは肌表面のバリア(角質層)を破壊します。

破壊された肌表面(角質層)をマイクロスコープでみるとキメがなくなっていたり皮むけが目立ちます。
アレルギー肌、アトピー肌にも近いような状態です。

こんな肌にスキンケアをするとさらに追い打ちをかけます。
角質のめくれ上がった部分から水分が蒸発したり、肌へのダメージが直に届きます。
痒みや赤み、ピリピリ感、湿疹などの肌トラブルが生じます。

化粧品はちょっとたしなむ程度ならまだいいのですが、念入りにスキンケア行っている人は要注意!

マイクロスコープで自分の肌を見てキメがなかったら日頃のケアを見直しましょう。

なお、カサつきや皮むけがひどい場合は、化粧品を中止し、ワセリンで角質をつなげておきましょう。
ワセリンで角質をつなげておくことにより、仮の肌表面バリアをつくります。

過剰なスキンケアで常在菌環境が乱れている

私たちの肌を守ってくれる常在菌は、化粧品や洗浄剤などの界面活性剤がとても苦手です。
化粧品や洗浄剤などの界面活性剤を使いすぎると、私たちの肌を守る常在菌環境が狂います。

常在菌環境が狂うと、皮脂の過多や皮脂の酸化などにより、ニキビや湿疹、赤み、くすみ、テカリなどの肌トラブルを起こしやすくなります。

美肌の第一歩は常在菌環境を整えること。
そのためにも過剰なスキンケアは避けたいものです。


洗顔料をたっぷりつけてダブル洗顔は、混合肌だけでなく乾燥肌や脂性肌にもNG。
余計にテカったりかさついたりする原因となります。



関連記事

肌断食愛好家、メイクをして出かける

昨日は面接試験に行ってきました。 企業の面接でなく、秘書検定準1級の面接です。 →実はこの記事の

記事を読む

大人ニキビ・ストレスニキビは深呼吸で軽減

季節の変わり目やストレスなどで自律神経が乱れてしまうことがあります。 自律神経が乱れると、体調にも

記事を読む

春の乾燥肌対策

皆さま、お元気ですか? 前回の更新からちょっと時間がたっちゃいました。 春ですね!4月ですね

記事を読む

こんなにある!納豆の美肌効果

2ヶ月くらい前から晩ご飯に納豆を食べています。 週に4~5日は食べています。 食べる時は大体

記事を読む

口周りのニキビ・乾燥の原因

口の周りが乾燥する方が結構いらっしゃいます。 また、口周りにニキビが出る場合もあります。 私

記事を読む

no image

気がついたらワセリンがいらない唇に

非接触生活では肌が乾燥して粉吹したり皮むけしたりする場合は、何かで間接接触があるとされています。

記事を読む

肌荒れ、赤みが治らない原因は顔を触るクセ

肌荒れや赤みの大きな原因のひとつは「顔を触る」ことであります。 せっかく湯シャンや肌断食で肌へ

記事を読む

no image

瘀血による肌荒れに注意!

皆さまは「瘀血」というものをご存知でしょうか? 瘀血とは汚れた血。体内にとどってしまってドロド

記事を読む

no image

角質を取りすぎると肌の防御力が低下する

市場には、角質クリアゲルなど角質ケアアイテムが多く出回っています。 しかしこれらのアイテムで角

記事を読む

ニキビと顔の湿疹:原因とケア

ニキビだと思っていたら顔の湿疹だったというケースがあります。 そしてニキビと湿疹が混合している場合

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

体脂肪率が顔のたるみにも影響

痩せていても気になる体脂肪率。 体脂肪率が上がると、体型だけでなく、

乾燥の季節でも40代でも肌がスベスベな理由

真冬・・・乾燥の季節なのに、肌はしっとりうるおっています。 かといっ

40歳:湯シャンと肌断食6年以上

40歳になりました。この時点で湯シャンと肌断食6年以上。 6年

シミを消す近道は?

湯シャンと肌断食を始めると、ニキビや赤みなどの肌荒れは短期間で改善され

肌が乾燥しやすい季節どう乗り越える?

11月ももう下旬。 街を歩くともうコートの人もいらっしゃいます。

→もっと見る


  • もち肌イブ(エコ肌ぴあ)
    1978年生まれ。大阪市在住。
    湯シャン、水洗顔、肌断食実践中。
    泡や化粧品を使わない生活をしています。


PAGE TOP ↑